• もっと見る
社会福祉法人 緑伸会 活動報告(障害福祉サービス部門)
社会福祉法人緑伸会 障害福祉サービス事業所「ぴあ山鼻」、「ぴあ月寒」、「地域生活支援センターこねくと」、「相談室ぴあ」、「ヘルパーステーションぴあ」、児童自立援助事業「とらい・あんぐる」、「ぴあ・くおーれ」のブログです。日々の活動や事業所からの情報提供など定期的に発信していきたいと思っています。
全国自立援助ホーム協議会 北海道・札幌大会に参加!![2023年11月01日(Wed)]
 先日、10月19日(木)、20日(金)において、全国自立援助ホーム協議会 北海道・札幌大会が札幌市内において開催され、全国各地より自立援助ホーム等の関係者約300名の方々が出席されています。

 当法人でも、自立援助ホーム「とらい・あんぐる」、自立援助ホーム「はむん・ほーむ」、自立援助ホーム・一時保護所「ぴあ・くおーれ」の3施設より、全職員が参加するとともに、「自立援助ホームの多様化する今後の支援の在り方について」をテーマについての講義を受講しています。

 現行、自立援助ホームで行われている援助事例などについて情報交換がなされたり、退所後の子どもたちに対するアフターケアの在り方等について、幅広く議論が行われ、非常に有意義な時間となりました。

 私法人において実践している自立援助事業についても、他の団体様の取り組みと比較して改めて見直すことが出来たと思います。引き続きこの取り組みがより有効となるように職員一同研鑽を深めていきたいと考えております。

 当大会に際して、さまざまな方が当法人の施設を訪れ、貴重な意見交換もさせていただきました。

 この場をお借りして深くお礼申し上げます。

 小貫全国大会.jpg

 登壇し、当法人の取り組みについて紹介する小貫常務理事







 
Posted by 田中耕平 at 17:22 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和5年度 虐待防止委員会の開催について[2023年11月01日(Wed)]
令和5年10月25日(水)11時〜 令和5年度 虐待防止委員会、身体拘束等適正化委員会を開催いたしました。

本委員会は定例では年に2回以上行うこととなっており、法人総合施設長、事務局長、各障がい福祉サービスの管理者、ピアサポーターの方で構成し、協議内容については各事業所で職員が閲覧できるようにすることとしています。

虐待防止委員会では、
@虐待防止委員会の機能と役割の確認
A虐待防止に関する取り組み
➂虐待が発生した場合の対応
C当該年度の虐待及び事故状況の報告

について協議を行いました。虐待防止に関してはチェックリストを活用し、年度末までに全職員にセルフチェックを依頼、その結果に基づき、改めて委員会を開催するものとしました。

また、併せて開催した身体拘束等適正化委員会では、
@身体拘束等適正化委員会の機能と役割の確認、
A身体拘束等に関する指針の内容
➂事業所における身体拘束等の取り扱いについて
➂当該年度の身体拘束等の状況の確認

を行っています。

法人の中で幅広く当課題について協議を行っていく機会にしていきたいと考えております。

Posted by 田中耕平 at 17:11 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和5年度 社会福祉法人緑伸会 第三回 管理者・主任等スキルアップ研修の開催について[2023年11月01日(Wed)]
令和5年9月30日(土)13時〜15時に 札幌市生涯学習センターちえりあ にて、令和5年度 第3回 管理者・主任等スキルアップ研修を開催しました。

今回の研修テーマは「人材育成について」、講師に キャリアコンサルタント 田崎利伸 様をお招きし、私法人のリーダー職以上の職員を対象にご講義を頂いております。
(参加事業所は、法人本部、ぴあ山鼻、ぴあ月寒、ヘルパーステーションぴあ、相談室ぴあ、地域生活支援センターこねくと、とらい・あんぐる、はむん・ほーむ、ぴあ・くおーれ、山の手あすみ保育園、平和あすみ保育園の全事業所)

テーマである「人材育成」は、今後も当法人が力を入れていきたい研修のテーマです。
当講義では、キャリアコンサルタントの目線から、また企業の管理職としてのお立場より、「人材育成のコツ、法人として、個人として何をしていくべきか」についてお話をお聞きし、人材育成について広く学ぶことを目的とさせていただきました。

リーダーシップとはなにか、交流の在り方、リーダーとしての在り方、組織に所属するメンバーの味方、組織論など多岐にわたる非常に有意義な研修時間であったと感じています。

参加したメンバーからも、またお話をお聞きしたい、などの意見があがっています。
法人では引き続き、管理職種についての研修機会も同様に用意していきたいと思っています。

その他.jpg

IMG_3704.jpg

IMG_3703.jpg
Posted by 田中耕平 at 16:13 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和5年度 虐待防止研修の開催について[2023年11月01日(Wed)]
 令和5年9月27日(土)18時から令和5年度第1回虐待防止研修を実施致しました。本研修は年2回予定されているもので、今回は1回目の研修となります。

 講義は、当法人の田中耕平が、当法人の取り組みと併せて、
 
 @札幌市内における虐待の事例についての説明
 A虐待を防止するための当法人としての取り組み
 B虐待を起こさないためにどのようにしていくのか
 C虐待が発生したあとの対応について
 
 の4点をテーマに行われています。

 本研修には、ぴあ山鼻を拠点にハイブリット形式で、その障害福祉サービス5拠点、自立援助部門2拠点にてリモートで配信も行い、約40名の職員が参加しています。

 本年度はもう一回研修を行う機会があります。
 各事業所においても振り返りを行い、引き続き虐待や身体拘束等に関する職員の基礎知識の向上に努めていきたいと考えております。

虐待防止@.JPG 

虐待防止A.JPG
Posted by 田中耕平 at 15:52 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和5年度 第1回 職員研修の開催について[2023年08月26日(Sat)]
 令和5年8月25日(金)、法人の障がい福祉サービス部門・自立援助事業部門において「精神障がいについて」をテーマに職員研修を行いました。

 当研修のテーマは、サービス提供に関わる職員の皆さまに事前にアンケート集計を行い、研修に取り上げてほしいこととして多く希望が寄せられていたことを企画化したものです。

 外部講師として、医療法人社団 五稜会病院 鈴木大輔 様をお招きし、

 @精神障がい者(当事者)の方々へのかかわり方の基本
 A統合失調症について
 B気分障害について
 C実際の関わり方のポイント
 D質疑応答

 の5つの内容を中心にお話いただきました。

 近年、障がい福祉サービスを利用さているご利用者さまの状況は多岐にわたっており、サービスを提供させていただく私たち職員は、日常的にさまざまな情報や知識に触れておく必要があります。

 本研修は、「精神障がい」について学ぶとともに、普段から私たちが行っている支援を見直しすとともに少しでも専門的な知識を身に着けていくことを目的としています。

 講師の鈴木様に貴重なお話をいただき、改めてお礼をお伝えさせていただくとともに。今後も定期的に本研修のような機会を設けていきたいと考えております。
 
 なお、本研修はハイブリット形式での研修を実施し、6拠点より約30名の職員が参加しています。講演内容を録画し、当日参加することが出来なかった職員も後日視聴することが出来る形にさせていただきました。

IMG_3650.jpg

IMG_3649.jpg 
Posted by 田中耕平 at 16:44 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
管理者・主任等スキルアップ研修の開催について(令和5年度 第2回)[2023年08月25日(Fri)]
 去る令和5年7月29日(土)9:00〜12:00 に 札幌市生涯学習センター(ちえりあ)において、法人内部研修を実施しました。
 
 本研修は、事業所管理者および主任・リーダー職を対象に開催したもので、講師に第1回目とおなじくキャリアコンサルタントの横木先生をお招きしております。

 研修のテーマは「組織内コミュニケーション」について学ぶこと。                    
 目的としては、前回研修で学んだ世代別職員に関するコミュニケーションのレビュー、そこでの問題点や悩みを解決してスムーズな組織運営を展開していくために必要なコミュニケーションスキルを身に着けることでした。

 講師の横木先生のご指導のもと、いろいろな視点から組織内の円滑なコミュニケーションについて学び直す機会となりました。

 社会福祉法人 緑伸会では、引き続き法人内部での研修を定期的に開催していきたいと考えております。
    
IMG_3647.JPG
 
NCRZ9876.JPG
                                  
ABXH9824.JPG     
Posted by 田中耕平 at 17:06 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
一般財団法人 篠原欣子記念財団 助成事業完了のお知らせ[2023年06月10日(Sat)]
この度、一般財団法人 篠原欣子記念財団 様のより助成を受けまして、以下の事業を完了致しました。
ここに事業完了のご報告を申し上げますとともに、一般財団法人 篠原欣子記念財団様をはじめ、ご協力を賜りました関係者の皆様に謹んで感謝申し上げます。

対象施設  児童自立援助ホーム・一時保護所「ぴあ・くおーれ」
事業名   「令和4年度 社会的養護施設助成事業」
助成事項  Apple ipad 10.2インチ WI-FIモデル 64GB × 4台
      および付属器具
助成金額  219,001 円
実施・完了日 令和5年 3月17日

【助成内容】 
児童自立援助ホーム「ぴあ・くおーれ」において、入居児童が利用するためのApple Ipad10.2インチおよび付属器具について上記助成事業による配備を行いました。
新しく先進的な機器を導入することにより、入居児童がホーム内で使用するとともに就学補助や余暇活動等において活用する体制が整いました。
入居児童の新たなコミにケーションツールの獲得など、自立に向けた治具としての役割も果たすことが出来ています。

画像1.jpg

画像2.jpg
令和5年度 第1回 キャリアアップ研修の実施について[2023年06月08日(Thu)]
 去る5月27日(土)9:00〜12:00に札幌市生涯学習センター「ちえりあ」にて、法人内部研修として「管理者・主任スキルアップアップ研修」を開催いたしました。                                                 

 講師には、札幌五稜会病院にて精神科専門看護師としてご活躍されている鈴木大輔様をお招きし、職場、処遇現場での「感情のコントロール」や「メンタルヘルスケアの実際」について、ご講義いただいております。

 現在、法人内におけるメンタルヘルスケアは、決して無視できない課題となっており、法人全体
でメンタルヘルスへの知識を共有し、実行していくことが重要になってきておりました。
 メンタルヘルスケア対策は法人における社会的責任の1つであり、活気ある職場環境を保つために必要不可欠なコンテンツの一つになると思っています。
 また、「感情(怒り)」に関する処理の方法を同時に学ぶことで、職員間のトラブルやハラスメントの回避、心の健康にもつながることへの理解を深めていきました。

 当法人の実施事業所の管理者、主任等の職員を含め、幅広い参加で行った研修となりました。

 新型コロナウィルスの感染対策について5類移行後、はじめての研修会となりましたが、今後も基本的な感染対策を実施しながら、職員同士で学び合う機会を設けていきたいと考えております。

 ご講義いただきました鈴木先生にも、この場を借りて心より御礼申し上げます。

 社会福祉法人 緑伸会 事務局

IMG_3497.jpg

IMG_3500.jpg

IMG_3501.jpg


Posted by 田中耕平 at 14:35 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和5年度 法人入職式・入職時研修実施について[2023年04月07日(Fri)]
 去る令和5年4月1日(土)、社会福祉法人 緑伸会の入職式がとりおこなわれました、
今年度は、保育事業、障がい福祉サービ事業、児童自立援助事業の3事業にまたがり、新たに7名の新卒者が職員として加わることになりました。

 入職式に併せて、法人より、法人の概要や目的、私たちが目指すべきところ、職員として期待されることなどについての説明が、理事長、常務理事より、それぞれ行われたほか、

 辞令交付後には、新卒採用の職員の方々に、入職2年目の職員も加わり、入職時研も実施されました。
 講師に キャリアコンサルタント の 冨田恵美子 様をお招きし、働くことに関する基本的な考え方やマナー、留意するべきところ、配慮するべきことなどについてご講義をいただき、グループワークによるディスカッションを行っています。

 当法人が設立され、事業開始を開始してから4期目を過ぎましたが、今回のような主に新卒者を対象とした入職時研修の実施ははじめての試みとなりました。
 
法人では、今回の研修のほか、法人内外で行う研修体制の整備をさらに進めていくと同時に職員の方々のキャリア構成に貢献することが出来ることが出来ればと考えております。

 今回入職した職員も、今後は、それぞれの職場に配属されていきます。ご利用者やご家族の皆さまと関わる機会が増えていくことと思います。関係者の皆様においては、是非とも引き続き、ご支援、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

IMG_3313.JPG

IMG_3317.JPG

IMG_3376.JPG

IMG_3321.JPG

Posted by 田中耕平 at 11:24 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和4年度 虐待防止研修の実施について[2023年01月24日(Tue)]
令和5年1月23日(月)16時より、法人全体による虐待防止研修を実施しました。

本研修は先日実施したキャリアアップ研修とは異なり、参加する職員が法人全体から多人数になるため、各拠点においてリモート形式で行っています。

講師に さっぽろ地域づくりネットワーク ワンオール 所長の 林 健一 さん をお招きし、障がい者虐待防止法の概要、札幌市の現状、虐待防止に関する事例など、幅広くお話をいただきました。

また、本研修は、事前に各事業所スタッフからアンケートにて、虐待に関する疑問や相談を受け付け、その内容について林さんより解説を行っていただくという時間も設けています。

虐待防止に関する研修は、当法人が年2回必ず実施しているものです。

日常的に虐待にあたる処遇を未然に防止していくためには、サービス提供のプロセスにおける透明化や可視化、なにより職員がコミュニケーション不足にならないような環境が大切である。私たちが行っている処遇について、職員で相談しながら客観的な視点で分析していくことが重要である、とのお話が印象的でした。

本研修を実施するにあたり、より多くの職員に研修を実施させるため、サービス提供時間などのご協力を利用者の皆さまからも頂いております。

この場を借りてお礼を申し上げます。
引き続き事業所単位での研鑽に努めていきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。 
Posted by 田中耕平 at 09:06 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
<< 2023年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

緑伸会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/ryokusinkai-pia/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ryokusinkai-pia/index2_0.xml