CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

コモンビートの中心から代表が叫ぶ!りじちょーブログ更新中!

特別なことじゃないダイバーシティ&インクルージョンの日常を切り取るNPO法人コモンビートりじちょー安達亮のブログです。平日は毎日更新しています!


りじちょーブログはnoteに移転しました [2020年01月06日(Mon)]
コモンビートのりじちょーブログは2020年よりnoteに移転しました。以下のURLからアクセスをお願いします!

「Rのイロトリドリの世界」
コモンビートのりじちょーブログ

https://note.com/adaryo1018/m/m974def495475
今年はこの記事で最終!来年も書き続けますよ! [2019年12月24日(Tue)]
本日で仕事納め。このブログも年内最後となります。年始は1/6(月)からスタートしたいと思っています。

代表になってからこのCANPANブログで記事を2014年から丸6年で334記事書きました。今年は平日ずっと書き続けることができました!毎日記事にするのに事欠かない彩りあふれる日々に感謝です!

来年からはCANPANブログは卒業して、今流行のnoteで記事を書いて行こうかなと思っています。新たなメディアに挑戦しながらも等身大の自分の頭や心の中をお届けできればなって思ってます。

このブログもこんな内容誰が読むんだろうくらいのカジュアルな形で書き続けていますが、意外と毎日楽しみに読んでくれる人がいたり、たまに会ったひとから「読んでるよ」と言われたり、SNSでたまにシェアされていくのを見たりすると、誰かの何かの力になることが「たまに」あるなら、書き続けるのも悪くないなぁと思ったりしてます。

みなさま2019年お世話になりました!
継続は力なり!来年も頑張りまーす!
良いお年を!!
いろいろ見てみたい!世界は芸能に溢れてる。 [2019年12月20日(Fri)]
今日は友人が出演する朝鮮舞踊の公演を観に行ってきた。ちょうどコモンビートも利用している会場だったので、無意識に職業病のごとくいろいろ運営周りをチェックしてしまった(笑)。

それはさておき、コモンビートに出会わなかったら、なかなか朝鮮舞踊を観る機会もなかったろうし、世界のいろんな文化や芸能に興味も出なかっただろう。

日本にはないものに触れるだけで、相当な刺激がある。そして、朝鮮舞踊の音楽や動き(近代的なのじゃなく古典的な方)が、とても自分の好みであることにも気づいた。なんだか心地よかった。

こういう芸術や芸能はやっぱり、心をとても豊かにしてくれるし、人と人をつないでいくものなんだなぁと思う。

もっと世界はひろいから、もっといろんな世界の歌や踊りの芸能に触れてみたいなー!
どんなときもユーモアを [2019年12月02日(Mon)]
なんと緊急メンテナンスということでCANPANブログにログインできません(笑)!

→とFacebookの本文に書いて投稿したら、その数秒後にメンテナンス終わった(笑)!

平日ずっと書き続けてきたのに!
連続記録が途絶えたじゃないか!
 
とか怒り心頭…なはずもなく。
 
いかにこの事態を楽しむかみたいなモードになってます。ま、そんなに深刻な事態でもなんでもないんですけどね(笑)。
 
なんか予想外の出来事があったときに、どう対処するのかって自分の力量を試されてる気もするので、時と場合にはよるけれどユーモアは忘れずにいたいなーと思います。
自分らしくあるために、時にはわがままでもいいじゃない [2019年11月28日(Thu)]
いろいろとタイミングを逃してしまって、髪の毛が伸びまくってしまってた。毎朝、鏡を見るたびに決まらないセットにいらいら。

人それぞれに、自分らしくある方法があると思うんだけど、自分のしたい髪型でいたいし、着たい服を着たいし、聴きたい音楽を聴きたいし、自分の働きたいように働きたいわけだ。

なんだかとっても「わがまま」に聞こえるかもしれない。だけど実はこれほんのちょっと「わがまま」でいれば叶っちゃったりする。でもそこに超えられない壁があったりする。

「TPOに合わせて」とか言われるけど、その時と場所と機会に最適な何かなんて結局はなんだかわからん。そりゃ配慮は必要だけど、「自分らしさに合わせて」でも良いときの方が多くなって欲しいもんだ。

世の中にある変なルールに縛られずに、自分らしさを忘れずに、時にTPOに配慮しながら気持ちよく働いたり、生きていきたい。

ちなみに伸び切った髪は、今日お休みをいただいて一気にカット!自分に似合う髪型に短く切ってもらってりじちょーはご満悦です(笑)。
もう少しで重い歯車が回りそう!ムーブメントを生み出す [2019年11月15日(Fri)]
四国ミュージカルのキャスト集めをしながら思うこと。ムーブメントを生み出さないといけないということ。

どれだけ一生懸命に動いたとしても、それが波紋のように広がって、広がって、自然に僕たちの活動が伝わっていくような状態、つまりはムーブメントを起こさなくてはいけない。

それは社会的に有名になるというような話ではなくて、伝え続けることによって「いろんな人が話題にしてれる」ということだ。人を集めるんじゃなく、人が集まってくる状態を作る必要がある。

1週間、松山で活動をしてきて、あともう少しでムーブメントにつながるブレイクスルーが起きる気がする。重たい歯車がもう少しで最初の1周を終えて、そこから回転し出すような感じだ。

その予兆を感じれた1週間の滞在だった。また来週もう一度行って、その歯車の回転をあげムーブメントを生み出したい。

あとちょっと、あとちょっと。
たまに襲われる無力感 [2019年10月25日(Fri)]
日々活動を推し進めているつもりだが、相対する「社会」がデカすぎて、たまに無力感に襲われる。

社会が少しでもよくなるように、その小さな積み重ねが大きな力になっていくと信じているけども、実際にはなかなか成果はあらわれづらかったりする。

コモンビートがひとりひとりに与えた刺激が、いつ何かの力に変わるかはわからないし、僕らが気づかない形で影響を生んでいるかもしれない。

だからこそたまに無力感に襲われる。
社会変わらないじゃん、全然って。
何やってんだろう、俺って。

でも、絶対なにかのためになってるって信じるしかないのはわかってる。

こういう時は、寝るに限る(笑)。
明日に向けて切り替えるのが良い(笑)。
大きな言葉と小さな言葉 [2019年10月08日(Tue)]
言葉にも大小があると思う。

大きな言葉ほど、抽象的でシンプル。
小さな言葉ほど、具体的で複雑。

どんな言葉遣いをするかは、シチュエーションや相手との関係性によって選んでいるわけだけど、その大小を意識して使い分けることができればより伝わりやすくなる。

大きな言葉って、使うのちょっと恥ずかしい。「世界を平和にしたい」とか「違いを認め合いたい」とか「個性を響かせたい」とかね。でも、これを小さい言葉で伝えるのは難しい。逆に日々の細かなことを大きな言葉で伝えると、「なんだこの人」ってなりがち(笑)。

代表をやってる身としては、大きな言葉から小さい言葉を使い分けていきたい。ときに小さい言葉で伝わりやすいことも、大きな言葉で伝えてあげるのも重要だ。共感は小さな言葉を大きな言葉で包めたときに生まれる気がする。

どんな言葉を選択するのか、それは表現においてもとても大切なこと。突き詰めていきたい。
ビジョンを語るのと未来を語るのはちょっと違う [2019年09月27日(Fri)]
今日は今製作中の会報誌の取材を受けた。今まで内部で使っていたのですが、外の視点を取り入れたいので、外部のライターさんに取材してもらい、文章にしてもらう予定だ。

いろんな視点でご質問いただく中で思ったことがありまる。ビジョンを語ることと未来を語ることはちょっと違うということだ。

ビジョンはいろんな人に向けて何度も何度も話しているので、結構すんなり話せるようになってきたのだが、今日聞かれた「未来」については、時制という軸が入るからか、なんだかうまく話せなかったように思う。

「この先の未来、コモンビートはどうなるのか?」ということに対して、明確な答えが自分の中でパッと浮かばなかった。悔しい。

ビジョンに向かう、もう少し具体的な、中長期的な目標を「未来」ととらえて「いつまでに何をする」という言葉で表現していきたい。

ビジョンも未来も両方伝えられるようになった時、何か活動の世界観が変わる気がする。
仲間を頼ってスペースを空けられたら [2019年09月26日(Thu)]
スペースを空けることで、その分何かが入ってきたり、その分で何かを考えたりできる。

組織の中にはそれぞれの役割があって然るべき。自分で持つべき仕事と、仲間に任せられる仕事とで切り分けられたりもする。仲間に任せられる仕事を任せずにいたら、自分のスペースが空かない。スペースが埋まったままだと何も入ってこない。逆に仲間に任せてスペースが空けられたなら、そのスペースで新しい発想ができたり、新しいアイディアが生まれたりする。代表としてはそういう時間やスペースがあることはとても大切だ!!

自分のキャパシティの中で、どれだけスペースを仲間に頼って空けられるか。それはとても大切なことだ。と、同時に、今たくさん頼らせてもらってる仲間たちに感謝だ!

ありがとう!!
| 次へ
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml