CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

コモンビートの中心から代表が叫ぶ!りじちょーブログ更新中!

特別なことじゃないダイバーシティ&インクルージョンの日常を切り取るNPO法人コモンビートりじちょー安達亮のブログです。平日は毎日更新しています!


感謝と共に!今日はコモンビートの誕生日! [2015年03月11日(Wed)]
DSC_0831.JPG

こんばんは!NPO法人コモンビートの代表の安達です。

今日3月11日はコモンビートの設立記念日です。
そして、東日本大震災に発生から4年目の今日。
震災を忘れずに、私たちにできることを続けていきたいと思っています。

発足から事業年度で言うと12年目、人の年齢で言うと11歳になりました。ようやく小学校卒業が見えてきたところですかね(笑)。そうやって考えると、まだまだ幼い団体なんだなと思います。ちゃんと大人になれるようにあと10年ひとまずがんばらないといけませんね!

私がコモンビートに出会ったのは2004年の6月(たぶん)のピースボート地球一周クルーズの船の上。船内で行なわれた「洋上ミュージカル」に参加して、発起人のひとりである韓朱仙(チュソン)に出会い、ミュージカル「A COMMON BEAT」の作品の魅力、仲間と一緒にひとつのものを作り上げる魅力に惚れこみました。そして何よりも、その作品作りの過程で、それまでの人生の「自分」をちゃんと見直すことができ、自信を持てたことが大きかったです。「俺ってやっぱり俺なんだ」と思えたんです。気づけば、それから10年余り活動に携わり、大好きなミュージカルには多くの人たちが参加してくれました。

今では組織として整っていると評価もいただいていますが(自分はまだまだだと思ってます!)、右も左もわからないまま、先ほど書いた魅力を信じて、それを多くの人に感じて欲しいと思って今に至ります。そして、ここ1年は「非営利組織であるということ」が魅力に加わりました。それは、「人」が持つ力を信じたいからという自分のこだわりが現れているのかもしれません。NPOは「市民活動」「人が財産」の組織体です。この組織体を運営するにあたっての原点は必ず「人」でなければいけないと思っています。

だから自分は10年もこの活動をしてきているのだと思っています。なぜかというと、「ミュージカルによって、イキイキとなっていく姿」を見てしまっているから!です。そうやってイキイキ自分の個性を活かせる社会が生まれたら、きっと世の中もっとよくなる!って信じてます。

「NPO」だからということで、ビジョンやミッションの話ばかりをしている最近ですが(もちろんめっちゃ大切)、この団体の誕生日を機に、自分のこの活動への原点ってなんなのだろう?と考えたのでブログにしてみました。組織の代表であると同時に、単なる個人。責任もたくさんあるだろうけど(実際あるし)、表現するかしないかは自分が決めること。自分で考えて、自分で選択して、自分の足で歩く自分であれるように、これからも切磋琢磨していきます。

そして、11年間支えてくださった方々に最大の感謝をお伝えしたいです!そして、コモンビートの12年目もぜひご支援、ご声援いただければ幸いです!あ、私個人への応援もお待ちしております〜(笑)!

> NPO法人コモンビートのWEBサイトはこちらから
プロフィール

あだちりょうさんの画像
あだちりょう
プロフィール
ブログ
https://blog.canpan.info/ryoadachi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ryoadachi/index2_0.xml