CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

陸前たがだ八起プロジェクトさんの画像
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
支援頂いている皆様
リンク集
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/rt8kpj/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rt8kpj/index2_0.xml
「オートキャンプ場モビリア」に仮設住宅が無くなるその日まで・・・


未だに、モビリア仮設住宅での生活を余儀なくされている住民さんがおります。

モビリア仮設住宅内には、地域住民が気軽に集い、くつろげる図書室があります。

仮設住宅での継続支援、図書室の運営継続のためにご協力をお願いします☞


特定非営利活動法人 陸前たがだ八起プロジェクトのHPはこちらです☞

「前より、前へ!」
モビリア場内で最後の「献花式」を行います [2020年02月17日(Mon)]
時の移ろいは本当に早く、あの日から9年が過ぎ去ろうとしてます。
私たちは、あの日を忘れようにも忘れられず、ひたすらに前を向き歩み続けて参りました。
モビリア展望台からの献花式はおそらく最後になるだろうと思います。Scan0001.jpg
Posted by Gamoh at 11:49 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
■心より御礼申し上げます [2019年12月12日(Thu)]
震災から8年9ヶ月が過ぎました、震災以後、四季折々の便りを送って頂き、変わらず心を寄せて頂き感謝です。
決してお名前を明かさない、千葉の鈴木さん!

陸前高田のマスコットキャラクター「ゆめちゃん」を必ずどこかに入れて頂いております。RIMG9191.jpg

いつも、癒しをありがとうございます。
Posted by Gamoh at 15:47 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
◆モビリアクラブ [2019年11月19日(Tue)]
 特定非営利活動法人 陸前たがだ八起プロジェクトでは、仮設住宅生活が始まった2011年より、モビリアクラブとして、毎週火曜日10:00からお茶会と軽体操を、盆暮れ以外の週日行っています。気が付けば8年の長きにわたり活動を続けています。
RIMG9101.jpg
参加者からは、「生きていてこれが一番楽しい」等、居場所を作りながらのお茶会は生き甲斐となっているようです。

私たちも、この笑顔が有るから続けられているんだなと、しみじみと感じております。
Posted by Gamoh at 17:13 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
「絶賛活動中」 [2019年10月29日(Tue)]
 不定期に投稿しております、特定非営利活動法人陸前たがだ八起プロジェクトのblogです。
あの日から8年8が月が経過いたしておりますが、市内には未だ仮設住宅が点在しており、未だに仮設住宅での生活を余儀なくされている方も居ります。
 そういった中、避難所運営からはじまり、仮設住宅に常駐しながらの支援活動は続けられており、モビリア場内の最後の一人まで見届けようとの思いで現在に至っております。しかしながら、モビリア仮設住宅は本年度一杯で集約となる見込みです。
 新たに再建された方々も地域にしっかりと馴染んでいない状況も有り、私たちはモビリア仮設住宅を中心としたコミュニティー支援を現在なお続けています。
 2011年12月より継続して行っている「男の料理教室」は100回目の開催に近づきつつあり、味の素ファンデーションさんのお力添えにて本年度も継続して続けられており、地域の点と点を結ぶと同時に減塩の調理方法を学べる場となっており皆さん毎月心待ちにしている状態です。
RIMG8863.jpg

 また、盆暮れ以外の毎週火曜日10:00は「モビリアクラブ」と称した軽体操も引き続き行っており、お茶会と運動で、これまた人と人を繋ぎ、情報交換の場として毎回盛り上がっております。
RIMG8855.jpg

 そして、なおかつ農繁期の盆を除く毎週水曜日は「畑の作業療法」取り入れた、人のやりがいや生きがいを作る「ふれあい畑」と称して行っており、こちらも収穫しお茶会を楽しみに集いあっています。
RIMG8740.jpg

地域の点と点を結び一日でも早くコミュニケーションの形成に寄与できるよう継続してまいりますので引き続きあたたかく見守って頂ければ幸いです。
Posted by Gamoh at 17:52 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
■仮設住宅の撤去始まりました [2019年06月06日(Thu)]
 久しぶりの更新です、八起プロジェクトは変わらずにモビリア仮設住宅内で仮設住宅支援とコミュニティー図書室の運営、そして地域のコミュニティづくりに活動を続けております。

さて、いよいよ陸前高田市で最大級のモビリア仮設住宅の一部である60世帯入居の長屋仮設住宅(プレハブ長屋)の解体工事が始まりました!

2011年6月頃からおよそ8年間、被災者の仮設住宅として使用されました。再建が進んでいる事を感じさせます、勿論良い事なのです、が一抹の寂しさも有りますが・・・これも一つの区切りです、復興に向けて前進している証です。

RIMG8229.jpg

しかしながら、東日本大震災からお目見えした一戸建ての仮設住宅は本年度いっぱい使用されます・・来年の同時期頃撤去される見込みです。また、オートキャンプ場として再開される計画にはなっておりますが、未だ先の事となりそうです。

震災前には戻る事が出来ませんが、現在新しいまちが着々と作られて行きます。ご支援いただいた皆様の思いと共に、前より良いまちにしていきたいと考えておりますので、引き続き見守って頂ければ幸いです。
Posted by Gamoh at 11:58 | 活動日誌 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ