• もっと見る
冬山作業における労働安全について [2018年01月10日(Wed)]
 年が明けて寒さも厳しさを増しています。作業条件が一段と厳しくなる時期を迎えたことから、労働安全の確保について取組の強化をお願いします。
 栃木労働局によると、平成29年は11月末現在で4日以上の災害が13件発生しているそうです。帰宅を待つ家族には安全が何よりの土産ですので、365日24時間意識して働きましょう。

 【特に冬山での山林作業では注意を】

@ かかり木処理では、安全な伐倒、待避場所の確認、適切な機械器具の使用を守ってください。かかられている木の伐倒などは厳禁です。 ☒

A 足元が滑りやすくなっているので、滑り止めの着用や足元の確認も忘れずに (゜∀゜)

B 体が動きにくくなっているので、作業前に体操などで暖機運転を

C 樹上に積雪塊が付着している場合があるので、頭上の状況確認を忘れずに。

D 現場への通勤では、スリップなど車の運転にも注意してください。
安全.jpg
Posted by 林ナビとちぎ at 15:37
この記事のURL
https://blog.canpan.info/rinnavi/archive/120
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント