CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松江りんりんブログ
松江市市民活動センター事務局のスタッフによるブログです。
松江市市民活動センターは、松江市が平成18年に設置した施設です。



「輪(りん)」と「りん(鳴り響く鐘の音)」
人と人の輪が鐘の音のように広がっていきますように・・・。




TEL 0852-32-0891 FAX 0852-32-0847
Eメール csc.ma@web-sanin.co.jp



松江市市民活動センター、市内の市民活動団体の情報はこちらから↓
松江市市民活動センターHP http://www.minkatsu-ringring.net/
« イベント・講座の情報 | Main | ネットワーク »
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
第14回「ドコモ市民活動団体への助成」募集開始[2016年02月04日(Thu)]
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)では、「子どもを守る」をキーワードに、それぞれの地域で、将来の担い手である子どもの育成などに取り組んでいる市民活動団体への助成事業を行っています。
 2016年度(第14回)について次のサイトhttp://www.mcfund.or.jp/のとおり募集することとし、2月22日〜3月31日の閑で応募を受け付けることとしています。
 地域で将来の社会の担い手である子どもたちの健やかな育ちを応援する活動に取り組まれている皆様からの積極的な応募を待っています。
EPSON805.JPG
 2015年度は、全国から202団体の応募があり、41団体に総額2,000万円を助成が決まりました。この中で、島根県からは、NPO法人山陰MOREが助成を受けられています。この助成で「母子・父子・多子家庭等の子どもに対する学習の場提供」活動に充てることとしています。
 また、この法人は、ボランティア活動を通じて山陰各地で地域貢献の輪を広げたいという気持ちで4年前に仲の良い友達同士で任意団体「山陰MORE」を設立され、そして、ボランティア活動、レクリエーション活動、講演活動、東日本大震災支援活動も行ってこられました。
 しかし、任意団体ではできることに限りがあると感じられ、特定非営利活動法人として法人格を取得されました。
 現在、「山陰初のパラレルキャリアを推奨する団体」として、ボランティア活動を通し、環境保護活動、青少年支援活動、子どもたちが「夢・希望・思いやり・愛」を感じることができる環境づくり活動等を行っています。また、誰でも、どんなことでも気軽に相談できるような総合相談の窓口を担えるような活動もすすめています。
12548848_1328915677124788_5413273608615100788_n[2].jpg
【写真:今年最初の見守り塾(団体のフェイスブックより)】
長岡市『第20回「米百俵賞」』の募集[2015年10月14日(Wed)]
 新潟県長岡市は、国漢学校新校舎開講の日(明治3年6月15日)にちなみ、平成8年6月15日を「米百俵デー」に制定しました。
 「米百俵賞」は、この「米百俵デー」制定を機に、小林虎三郎の「米百俵」の精神を受け継ぎ、人材育成に大きな成果をあげた人・団体に贈る賞として長岡市米百俵財団が創設したものです。
 毎年、6月15日に「米百俵デー市民の集い」と銘打った記念式典を開催し、米百俵賞の贈呈と講演会を開催しています。
kome100p[1].jpg
 この度、この賞の候補者募集が次により行われています。なお、自薦、他薦を問われません。
【目的等】教育、文化、福祉、スポーツ、産業などの分野で独創的な活動により人材の育成に大きく貢献し、「米百俵」の精神を今に体現する個人または団体
【表彰等】表彰楯、副賞(100万円)
【締切日】平成28年1月8日(金)
【申込先】公益財団法人 長岡市米百俵財団事務局
     〒940−0084 長岡市幸町2−1−1
     長岡市教育委員会教育総務課内
     пF0258−39−2238
     Fax:0258−39−2271
     ER-mail:kyoso@kome100,ne,jp URL:http://www.city.nagaoka.niigata.jp/kurashi/cate12/kome100zaidan/zoutei.html
komedawara[1].jpg
 小林虎三郎は、戊辰戦争後の長岡藩大参事を勤めた人物です。戦争によって長岡藩は廃墟となりましたが、虎三郎の掲げた「教育こそ人材を育て、国やまちの反映の基となる」という教育第一の思想が、見舞いとして贈られた米百俵を学校に替え、山本五十六をはじめ多くの有為な人物を輩出しました。
topimg[1].jpg
「松江市共創のまちづくり事業補助金」の応募状況[2015年08月17日(Mon)]
 7月3日から募集を開始した「松江市共創のまちづくり事業補助金」について、応募締め切りの8月5日には16件にものぼる共創・共同事業の提案がありました。
 今後、1次審査(書類審査)を行いこのうち6件に絞り、8月18日(火)午後3時から西棟5階防災センターで開催される「松江市共創のまちづくり推進本部会議」において、2次審査(公開プレゼンテーション)を行い採択団体(4件程度)が決定されます。
EPSON689.JPG
 この2次審査は公開で行われますので、今後の共創・協働を進めるために、傍聴されてはいかがでしょうか?
 なお、提案頂いた事業は、国宝指定された松江城により関心を持って頂くための事業や外国人観顧客の満足度を高めるための事業など、空き家活用、商店街復活、地域の祭りの利活用策などのまちづくりに関する事業、そして、自然環境保全などの事業が提案されています。今後の取り組みに向けて参考になるのではないでしょうか。
isseiseisou_kyounannseisouhuukei2[1].jpg
「第1回 松江しんじ湖温泉グルメリレーマラソン」開催[2015年04月20日(Mon)]
 松江しんんじ湖温泉旅館協同組合主催による「リレーマラソン」が、4月19日(日)午前8時から白潟公園をスタート【ゴール】に、約1,300人のランナーが参加して実施されました。
P1060509.JPG
 このマラソンは、宍道湖岸の一般歩道を使用し、往復9キロを5往復、合計約45キロをチームでリレーするもので、県内外のマラソン・ジョギングランナーに松江の魅力の温泉・食を感じていただき、観光客の誘客につなげるために行われたイベントです。
P1060510.JPG
 定刻の8時にスタート。小雨で路面が滑りやすいことから、最初はペースメーカーが伴走した上に、追い越し禁止の対応がとられ、ゆっくりとした走りで宍道湖大橋方面に向けて一斉にスタートして行きました。
P1060511.JPG
 参加者の中には、タイムを競う選手は無論のこと、地元松江をアピールするために顔に大和シジミの衣装をかぶったランナー、町娘に扮した人、5レンジャーなどに扮した選手など、パフォマンスに力をいれたランナーも見られました。
 また、島根の旅・松江の食・温泉などを楽しみに、参加した東京、大阪、京都など全国からのランナーも多数参加されました。満足度は?これをご縁に松江との縁が深まればと思います。
 全国にマラソン大会は多くあります。新型特急「瑞風」や「サンライズ出雲」などJRとのタイアップ、季節を変えるなどの工夫を凝らしてこのイベントが継続実施され、「松江レディースマラソン」のように、松江の一大イベントととして定着することが期待されます。
P1060515.JPG
 スタート地点の白潟公園には、各チームの休憩場所の確保などのために、思い思いのテントが立ち並び、テント村ができていました。

しまね社会貢献基金の寄附及び登録団体について[2015年03月02日(Mon)]
 「しまね社会貢献基金」は、NPO法人や社会貢献活動を行う団体の活動を支援し、島根県内での社会貢献活動のより一層の推進と活性化を図る目的で、県民や企業の皆様からの寄付金と県の拠出金を原資に、平成24年4月に島根県が創設し管理・運営する基金です。
【基金の詳細】
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/nonprofit/kikin/kikin/
kikin[1].jpg
 この基金は、県民や企業の皆様からの想いを「寄附」という形で地域課題の解決に取り組む団体につなぐ、新しい社会貢献の仕組みです。
 寄附には、基金登録団体の中から支援したい団体を選ぶ『団体希望寄附』、保健・医療・福祉、まちづくり、環境の保全など19の活動分野の中から取り組んでほしいテーマを選ぶ『テーマ希望寄附』、広く県内の社会貢献活動を支援する『一般寄附』の3種類があります。
 この「団体希望寄附」からの支援を得るためには、団体登録が必要です。そのためには@日本財団の公益コミュニテイーサイトCANPANへの登録A島根県環境生活部NPO活動推進室へ「社会貢献基金申請書類」の提出が必要です。
 登録されると島根県HP上で、次のように(見本)、団体の活動、セールスポイント、団体の目標、寄付を受けて取り組みたい事業などについてPRなどができます。
NPO.doc
 松江市内の登録団体(平成26年11月20日現在)は、21団体/53団体中で、その約半数の団体が市民活動センターへの登録もされています。
 平成26年4月から平成27年2月13日までの寄付金額は約251万円でほとんどが「団体希望寄附」となっています。
【登録団体一覧】
http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/nonprofit/kikin/toroku/touroku_dantai_ichiran.html
 多くの市民の方が、NPO団体をはじめ市民活動団体の活動を理解いただき、この寄付をとおしてまちづくり・地域づくりの一助として協力をお願いします。また、市民活動団体の方々も、この基金への団体登録についてお考えになってみませんか?

しまね文化フアンドの活用[2014年02月05日(Wed)]
 年度末を控え、各市民活動団体におかれては、新年度の事業計画、予算を検討される時期ではないでしょうか。
 今回は、「しまね文化フアンド」助成の応募についてご案内します。平成26年度の後期分の募集が5月1日から5月31日まで行われます。(前期分は締め切られています。)
 このフアンドは、、島根の貴重な文化を継承しながら文化の想像を目指し、文化の香りあふれるふるさとを創ろうと制度化されたものです。
 市民活動団体の活動を資金面でバックアップされるものですので、この機会に応募について検討されてはいかがでしょうか・
 ◎対象事業:県内の民間団体が自主的に行う事業で、一般に広く公開して実施される事業
 ◎女性の分野:@地域文化の振興A芸術文化の振興3国際文化交流
 ◎助成金額:対象経費の1/2 事業によっては上限があります。
【問い合わせ先】公益信託しまね文化フアンド事務局
        電話0852(22)5500
       詳細については次のアドレスをクリックしてください。
 http://www.pref.shimane.lg.jp/life/bunka/shinkou/jyosei_jigyo/bunkafund/

  H26pamflet.jpg    
≪助成金情報≫ドコモ市民活動団体への助成 [2013年03月05日(Tue)]
 本日、NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCR)の事務局次長 西さんが東京からお越しになりセンターにお立ち寄り頂きました。

 かわいいNPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCR)では、助成金「ドコモ市民活動団体への助成」を募集されています。その推進のために、各県を周っておられるそうです。

 今回の助成金は1団体あたりの助成額は50万円を標準額とし、200万円までの申請を可能としています。昨年度は約270団体が助成金を申請し、55団体におりたそうです。

 助成金対象活動には「子どもを守る」をテーマに子どもたちの健やかな育ちを応援する下記のような活動があげられています。
 @不登校・ひきこもりの子どもや保護者の支援
 A児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)の支援
 B非行や地域犯罪などから子どもを守るための活動
 C子どもの居場所づくり
 D発達障がいをもつ児童の支援
 E@〜D以外で「子どもを守る」という視点に立った活動テーマに相応しい支援活動

 ≪助成金獲得のためのアドバイス≫
 毎年、全国から約270団体のからの申請があります。「子ども」をテーマに同じような活動というよりは、独自性のあるものが選考されるそうです。
 日頃、「子ども」を対象としていないNPO団体でも、上記のEの様に「子どもを守る」という視点にたった活動を今年は企画するということでの応募も可能です。
 実際、昨年採用された団体の中にはシニア人材倶楽部が絵本、音楽、実験などで子どもを笑顔にする「笑顔プロジェクト」や国際朗読ことば協会が「ことばの力でつながろう」を目的にみんなで絵本の読みあい隊を結成した企画などがありました。日頃「子ども」を対象とした活動をしていなくても、企画を工夫することで採用されています。

 
 かわいいぜひ、皆さんもトライしてみてはいかがでしょうか。
(ちなみに、島根では10年間で10件の応募があり、採用は1件です。)

 (問い合わせ先)
NPO法人 モバイル・コミュニケーション・ファンド MCR
〒100-6150 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー29階
TEL:03-3509-7651(平日10時〜18時 土日祝除く)
FAX:03-3509-7655 E-mail:info@mcfund.or.jp
http://www.mcfund.or.jp/admission/action.html

≪助成金情報≫市民イベントの開催を応援します!松江市市民イベント支援補助金[2012年07月24日(Tue)]
演劇皆さん、助成金情報です。
松江市から市民イベントの開催を応援する目的で助成金募集の情報が入りました。拍手。ぴかぴか(新しい)

『松江市市民イベント支援補助金』

松江市では、地域の魅力、活力で観光客のみなさんをおもてなしする「まちあるき観光」を推進しています。
市民のみなさんが活発に交流・活動していただくことは「まちづくり」「ひとづくり」につながり、地域の魅力向上の原動力となります。
特に観光誘客につながるイベントについては、地域間の交流が図られることや、市民一人一人が「おもてなし」の主役であることを実感いただくことができる絶好の機会となります。
そこで、市民のみなさんがこうしたイベントを積極的に開催することができるよう『松江市市民イベント支援補助金』を設立しました。ぜひ、この制度を活用し、活力ある松江のまちづくり、松江観光おもてなしにご参画ください。
○対象となる事業
 ・松江市の観光誘客につながる事業であること
 ・事業期間:平成25年3月31日まで

○補助金額
 総事業費の3分の2 ただし上限20万円
 ※入場料、参加者負担金など収入がある場合は控除し算出します。

○〆切日
 8月20日(月)

○問い合わせ先
松江市役所 観光振興部 観光文化課 観光係
TEL 0852-55-5214
FAX 0852-55-5634


詳細はこちらをクリックください。↓
http://genki365.net/gnkm01/pub/sheet.php?id=34680

ぜひ、興味のある団体の皆さんは、ご覧ください。ハートたち(複数ハート)

≪報告≫助成金合同説明会に参加してきました![2012年04月09日(Mon)]
 本日(4月8日)、助成金合同説明会がいきいきプラザで開催されました。主催はふるさと島根定住財団です。
 参加者された方はおよそ160名、助成団体の担当者が助成事業についての話を熱心に聞き入っていました。
 紹介された助成団体は10団体、わずか2時間の間にいろんな助成金情報を聞くことができるとても貴重な説明会に参加させて頂きました。
 参加できなかった皆さんに今日の資料(助成情報および問い合わせ先一覧)とそれぞれの助成金の特徴と申請時のポイント(担当者の方が紹介されたもの)を簡単にご紹介します。
 
 会場の様子
yousu.JPG 

会場で配布された資料(下記の添付ファイル)を参照して頂きながらそれぞれの助成金のポイントをご覧ください。
かわいい地域活性化活動支援、社会貢献活動支援(公益財団法人 ふるさと島根定住財団):助成金の特徴は地域活性化活動支援は団体が収益をあげながら行う活動の支援、社会貢献活動支援は収益を伴う活動が困難な事業に対する支援という違いがあるそうです。また、申請の際は申請書のづくりを大切にしてほしいとのことでした。誤字、脱字、初めての人が企画内容を見ても分かるもの、また地域課題の解決や地域との連携がポイントとなるそうです。

かわいいしまね協働実践事業(島根県 環境生活部環境生活総務課NPO活動推進室):しまね社会貢献基金登録団体になることが必須条件です。登録の仕方はHPにも掲載されているのでご覧ください。

かわいいしまねいきいきファンド事業(社会福祉法人島根県社会福祉協議会):県内に在住する概ね50歳以上の中高年齢者10名以上で構成されている団体を対象としています。また、対象にならないグループにNPO法人がありますので、注意ください。

かわいい赤い羽根共同募金助成、NHK歳末たすけあい助成(社会福祉法人島根県共同募金会):赤い羽根共同募金といっても大きく4つに分けられ、広域助成、先駆的福祉活動助成、みんなでつくる地域福祉のまちづくり助成、地域助成です。すべては募金から成り立っています。広域助成は直接助成されるもので社会福祉施設や関連団体に助成されています。先駆的福祉活動助成および、みんなでつくる地域福祉のまちづくり助成は県内に例のない先進的なモデル型の案件を採用するそうです。また、今年度実施するものについて募集します。地域助成は市町村ごとに対応され来年度事業についての募集となります。
NHK歳末たすけあい助成は、機器・車両等のハード面を助成するものです。気をつけてもらいたいのは、それぞれの担当窓口が違うことです。(添付資料を参照ください。)

かわいい環境保全活動助成金(公益財団法人しまね自然と環境財団):新規の助成金です。ポイントは申請の際、「ジャンルに当てはまっているか、実現可能かどうか、他のモデルになる事業かどうか、また啓発だと他の人に浸透していくかどうか」が問われる様です。「実際の現場まで、見にいくことはできないので、申請書作成をしっかりとお願いします」とのことでした。

かわいい公益信託しまね文化ファンド(財団法人島根県文化振興財団):一般に広く公開している事業を対象としています。団体内の活動や楽器の購入費等は対象外です。申請のポイントは「何のための事業か、趣味の延長ではないかと問われないようにスト―リーをしっかり持って下さい」とのこと。例えば、「自分達が中心となって活動してきたが、新しい試みで他の団体も巻き込んでイベントを開催したい。新しいチャレンジとなる事業であるため、予算がなく、申請したい」等。

かわいい公益信託しまね女性ファンド(財団法人しまね女性センター):事務所は大田市のアステラスです。女性が中心となっている活動で、10名以上のグループ。男性が入っていてもOKですが、基本的に代表や副代表は女性がされていること。男性も巻き込みたい場合は、男性向けの企画、例えば「男性にも家事参画を」等身近なものをテーマにすると可能になるようです。

かわいい世界とつながる島根づくり助成金(公益財団法人しまね国際センター):優先されるものは在住外国人を支援するもの(日本語ボランティア団体等)、在住外国人が主体となるもの(留学生等)。特に国際交流関係団体でなくても、海外の料理を習う、教える等の企画でも応募できるようですので、助成団体に問い合わせ下さい。

ぴかぴか(新しい)当日配布された資料です。

shiryou1.JPG

shiryou3.JPG

shiryou2.JPG

揺れるハート各団体の問い合わせ先一覧です。
shiryou4.JPG

今回、10団体の説明を聞く中で何度も出てきたフレーズ、書類作成が重要ですとのこと。それぞれの助成団体の窓口はこれまで、何団体もの助成金申請の書類を目にしています。ぜひ、申請書を作成される前に助成団体の窓口で相談して、助成金の書類作成をしてください。

センターでも随時、助成金情報を紹介していきます。

ハートたち(複数ハート)≪プチ情報≫今回会場となったいきいきプラザの前の桜もきれいに咲いていました。


sakura.JPG
 
 
≪情報提供≫助成金情報一覧のご紹介です。[2012年02月10日(Fri)]
 現在、市民活動センターに登録されている団体は星264団体(H24.2.10現在)です。
いろんな団体の皆さんが日々センターに来られ、よく相談される内容の中で多いものは助成金情報がほしいというもの。
 お金が必要と思われたときに、ふと思いついてセンターに来られるケースも多いですが、
やはり、年度始まる前にどんな助成金があって、自分達と同じ目的で受けれる募集情報を早目にキャッチしておく習慣も大切です。
 昨年度、コツコツ集めてきた助成金情報をまとめてみましたのでご紹介します。今年は募集されない企業や財団もあるかもしれませんが、ぜひ参考にご覧ください。




プロフィール

松江りんりんブログさんの画像
松江りんりんブログ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ringring/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ringring/index2_0.xml