CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
松江りんりんブログ
松江市市民活動センター事務局のスタッフによるブログです。
松江市市民活動センターは、松江市が平成18年に設置した施設です。



「輪(りん)」と「りん(鳴り響く鐘の音)」
人と人の輪が鐘の音のように広がっていきますように・・・。




TEL 0852-32-0891 FAX 0852-32-0847
Eメール csc.ma@web-sanin.co.jp



松江市市民活動センター、市内の市民活動団体の情報はこちらから↓
松江市市民活動センターHP http://www.minkatsu-ringring.net/
« ≪わくわく体験クラブ≫春のちびっこ祭り/新日本婦人の会松江支部  | Main | ≪登録団体≫写真集団「アイ」の活動報告 »
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
≪報告≫スクールMARIKOプレイベント 大友良英&浜田真理子トーク&ライブ 【東日本大震災についての勉強会】[2013年04月16日(Tue)]
 去る3月29日(金)、スクールMARIKOプレイベントとして、大友良英&浜田真理子トーク&ライブが市民活動センター交流ホールを利用して開催されました。
 このスクールは登録団体のNPO法人松江サードプレイス研究会に所属するミュージシャンの浜田真理子さんが、月に一度の講座・ワークショップを開き、参加する受講生の皆さんと東日本大震災について一緒に勉強していくものです。
 今回は、浜田真理子さんがこのスクールを始めるきっかけともなったNPO法人プロジェクトFUKUSHIMA!を立ち上げた大友良英さん(音楽家・プロデューサー)をお招きしてのトーク&ライブの様子を報告します。

 ゲストの大友良英さんは、福島市にご自宅があり、震災の時は原発についても正確な情報が伝えられず、得ることもできず、とにかく「誰も何もしていないように思えた」そうです。
 それから、有志の皆さんでプロジェクトFUKUSHIMA!を立ち上げ、福島でフェスティバルを開催したり、日常的な活動を通して、いまの福島の姿を全世界に向けて発信しています。
 「フェスティバルを福島で開催する」という企画では、賛否両論あったそうです。福島で人が集まるのか、協力してくれる人はいるのか等、福島の友人に意見を聞いたり、協力者を求めていく中で不安なことも多かったそうです。「実際集まった人達は、震災についてみんなバラバラな意見を持っていた。でも僕らができることは何か」皆が一緒に動き出したことで、来場者数一万人規模のフェスティバルFUKUSHIMA!を開催することができたそうです。

 CIMG7424.JPG

 浜田真理子さんは、「震災から3年経った今だからこそ、福島県で活動しているNPO法人プロジェクトFUKUSHIMA!の皆様と交流しながら原発について、福島の現状について勉強会を重ねて理解を深めていきたい」と語られていました。

 大友良英さん曰く「震災から3年経った今、こんな勉強会を松江の人達がしているということが、福島の人達の励みになるんですよ」ということでした。
 
 日常、私も原発立地地域に暮らしていながら、原発に関心を持つこと、ネガティブに向き合うことから、どうしても目を背けがちになっています。
 この勉強会は、真理子さんやお知り合いの音楽家の皆さんの人柄でポジティブな雰囲気に包まれながら、毎回、科学者や社会学者の方をお招きし、原発についての知識を深めることができる内容になっていると感じました。

 「スクールMARIKO」に参加したい方は下記をクリックください。
松江市市民活動センター支援サイトイベント情報
NPO法人サードプレイスHP



 
 





 


 
この記事のURL
https://blog.canpan.info/ringring/archive/152
プロフィール

松江りんりんブログさんの画像
松江りんりんブログ
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/ringring/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/ringring/index2_0.xml