CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2014年08月 | Main | 2014年10月»
プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
NPOのLINEスタンプ広報アイデア [2014年09月15日(Mon)]

こんばんは、林田です。

スタンプが自作できるという、LINEクリエイターズマーケット。
仮に私がデザインしたキャラクターが販売されたとして、
どのようなプロモーションをかけたらよいか考えてみたいと思います。

デザインは私、販売元はNPOとします。

NPOに属するメンバーが、各自買うのはもちろんですが、
LINEの友達にお勧めするというのが手堅いでしょうね。
で、ガンガン使いまくってもらいます。

あとは、自分たちがもつメディア(Webサイト、ブログ、FB、twitter、メルマガ等)
で告知したり、定期ポストするとか。
スタンプ1つ1つ解説する記事を毎週更新するとか。

スタンプの活用例とか、使用した感想を集めて、
それを紹介してみるといいかもしれません。
売上個数を集計して、グラフにして毎月報告するのもいいと思います。

そういったコンテンツを貯めていけば、
「NPOのLINEスタンプ」という先進事例として
他メディア(greenzとか、テントセン)やNPO系のブログで
紹介してもらえるかもしれないですね。
あるいはIT系のメディアに記事化してもらえる可能性もアリなんではないでしょうか。


そうそう。
プロモーションも大事ですが、その前に、1つあたりの売上50円が
どんな社会貢献、地域貢献につながるか定義をしないといけませんね。
スタンプの売上で、社会課題の何を変えたいのか。
それにはそもそもいくら必要なのか。

その部分をしっかり定義づけできないと、売上がブラックボックスに入ってしまい、
何にどう使われたのか分からない不信感を生み出してしまいます。

たかが50円、されど50円。
新しいNPOのファンドレイジング事例となりえるのか。
楽しみです。
| 次へ