CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「デザイン上達のために、何をしたらいいですか?」という質問の返し方 | Main | Facebookの友達申請»
プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
Homedoorさんの昼回り活動に同行 [2017年06月22日(Thu)]

どうもどうも、林田です。

今日は、生まれて初めての貴重な体験をさせていただきました。

まあ、
「生まれて初めての貴重な体験」と言ったところで、
いまこの瞬間瞬間は常にその体験の連続ではあるのですが。
なので、
体験と言いますか、訪問と言いますか。

大雨の明けた翌日、ちょっと暑さの出てきた2017年6月22日。
ホームレス問題の解決に向けて挑戦をし続けている
認定NPO法人Homedoorさんの昼回り活動に同行させていただきました。
http://www.homedoor.org/

昼回り活動、というのは聞きなれないですよね。
夜回り活動ではどうでしょうか?

日が出ている時間帯に、路上生活やテント生活をしている方々を回り、
生活状況を教えていただいたり、食べ物をお渡ししたり、
路上脱出へつながる提案…と書くと堅苦しいけれど、
「休憩所機能もある事務所に来てね」という感じの小さなチラシをお渡ししたり。
そんな活動です。

話には聞いていたけれど、同行させてもらうのは初めて。

いつもは遠くの方から見かけるだけの、ブルーシートでつくられた小屋。
初めて歩いて近づき、住んでいる方と会話をし、中にも入らせていただきました。
その衝撃たるや…。

そこにあったのは、みすぼらしい小屋ではなく創意工夫の塊のような家でした。
そこにいたのは、汚らしい存在ではなく清潔感ある陽気なおっちゃんでした。

住む家がなくなっても、生きることを止めなかった人たち。
すごいな、と感じました。逞しさがありました。

でも、自転車にいたずらをされたり、
騒音や危険の近くで住まざるを得なかったり、
行政から退去をいつ命じられるかわからなかったり、
そんな過酷な環境にあることを知りました。
もう、頭はすぐにパンクしそうでしたね。
なんで?って。どうしたらいいんだろう?って。

あとは、
分からない存在に対する恐怖心と、
分からない存在に対する偏見が、
まだ自分にあったことがわかったし、
今日もまたその感覚が更新されました。

今日会ったおっちゃんらに、また会いたいなって思っています。