CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«街中で気になった広告やチラシ(2016年11月〜2017年5月) | Main | Homedoorさんの昼回り活動に同行»
プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
「デザイン上達のために、何をしたらいいですか?」という質問の返し方 [2017年06月20日(Tue)]

どうもどうも、林田です。

「デザイン上達のために、何をしたらいいですか?」

最近、よく聞かれる質問です。
とても難しい質問です。

そもそも、
自分自身、まだまだ未熟でデザインが上手いとは思っていない、
という前提もありますが、なによりも、
上達方法は人によりけり、だと思うからです。

人に合った上達方法があると思うんですよね。
なので、相手のことも知らないのに、
「◯◯をやるといいよ!」とか
「◯◯の本がオススメですよ!」なんて
即答することができません。

ということで、
上記の質問をいただいたときは、
「いま持っているスキルはなんですか?」
「そのスキルはどうやって磨きましたか?」

という質問で返すようにしています。

「上手い人の真似をした」という人もいれば、
「教室に通った」「本を読んで独習した」という人もいます。

そんなわけで、
本を読むのが苦手な人に「◯◯の本がオススメですよ!」とは
言いにくいわけです。

・・・
ご質問をいただいた方のおひとりは、
「カメラが得意」で「上手い人の真似をして」腕を磨いた、
というタイプだったので、
「いいな、と思えるデザインをミリ単位で真似しましょう」
とアドバイスさせていただきました。

冊子であれば、余白や写真のトリミング寸法、
書体の選び方や、見出し文字と本文サイズ、行間や一行あたりの文字数まで。
定規で測って真似をする、とそんな感じです。

答えはいつも、自分の中にある。
と、そう思います。