CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«仕事のBGM | Main | ソーシャルシネマダイアログ「ザ・デイ・アフター・ピース」»
プロフィール

林田全弘さんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集
<< 2019年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/rindazenko/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/rindazenko/index2_0.xml
人間の研究 [2014年09月19日(Fri)]

こんばんは、林田です。

高校2年生の時に読み、価値観が大きく変わった本。
船井幸雄の人間の研究を読み直しています。



オカルトと評される不思議な事例も盛りだくさんですが、
僕はそういった現象はロマンがあっていいな、と思っています。

それ以外にも、経営のコツ、人生のコツが盛りだくさんでした。
発見が数多く、数多く。メモが進みます。

今思い起こすと、高校生の自分はどちらかというと不思議現象の方に
ハマってしまった感じでしたね。

今はどうかというと、経営のコツに発見が多いです。
きっとそこが今の悩み(渇望)のポイントなんでしょうね。

今日メモに残したのは次の文章です。

====================ここから引用

会社には大きくいって3つのレベルがあります。

その会社の社員にはその会社は必要なのですが、
社会全体からみればその会社の存在等どうでもよいレベル。
いわゆる社会的不要レベルからどんな会社も出発します。

このレベルを私は小のレベルの会社といってます。
小のレベルの時は社員が社長以下一体となって
無茶苦茶がんばるのが経営のコツです。

====================引用ここまで

なるほど!