CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年02月22日

【陸前高田の団体紹介B】一松商店

比較的暖かい日差しの今日の陸前高田市です。(風は強めです…)
さて、お久しぶりの、陸前高田市で活動する団体紹介第三弾。
今回ご紹介するのはNPOではないのですが、雇用創出と陸前高田市の新しい「銘菓」づくりという視点から復興に取り組んでいる方々です。

工場の中に一歩入ると、お醤油の香ばしくも美味しそうなにおいでいっぱいでした。
「株式会社一松商店」は、草加せんべいを陸前高田市で製造、卸売りをしている会社です。
草加せんべいと言えば有名なのは埼玉県の草加市。代表取締役の菅原さんが埼玉の大学に通っていたという縁で、草加の知人から支援をもらって「陸前高田手焼きせんべい」の取り組みが始まりました。

事業を起こすきっかけは東日本大震災でした。
震災により多くの人が、多くのものを失いました。職を失った人も大勢いました。
菅原さんは震災後、この町に雇用の場を作ろうと考えたのです。
その手段が草加せんべいでした。草加せんべいという伝統の技を学び、作り、売って賃金をもらう。
それが、被災地の復興への第一歩になると信じて事業を続けています。

当初は菅原さんとお兄さん、菅原さんの知人の三人でスタートした陸前高田手焼きせんべいは、2012年1月に株式会社となり、今では8人のスタッフが働いています。
ちなみに、社名の由来は一本松…「一」と「松」を取って一松商店です。

DSCI0938.jpg

陸前高田手焼きせんべいの特徴は、一枚一枚手焼きで製造している事。
焼き用の二台の機材の前では、地元のおかあさん達が手際よくせんべい生地を焼いていました。
慣れるまで苦労されたのでは?と伺ったところ、最初の内は大きさが揃わなかったりしたけれど、2~3週間もすると作業も大分慣れたとのこと。
実は、一番大変なのは、せんべいの管理なのだそうです。
せんべいの生地というのは、その日の気温、湿度で機嫌が変わるもの。夏と冬でも乾燥にかかる時間は全く異なり、夏は20〜30分で乾くものが冬は2時間もかかります(!)。
試行錯誤を繰り返しながら、1年経ってやっと四季の感覚が掴めてきたと菅原さん。
製造にかかわるスタッフの皆さんの手つきはまさに職人技でした。

DSCI0936.jpg

陸前高田手焼きせんべいは現在市内のスーパー、川の駅の他東京の銀河プラザなどでも販売されています。また、陸前高田市フェイスブック上のFB良品や、一松商店のホームページからもネット通販が可能です。
3月は3/7(木)〜3/11(月)まで東京銀河プラザで、3/15(金)には盛岡のカワトクデパートで直販されます。

全国の人に知ってもらい、いろいろなところに置いてもらいたい。そして一番は、陸前高田市の人にもっと知ってもらいたい。
今は自分たちだけが草加せんべいを製造しているけれど、いずれは他の企業でも作るようになって、競争しながら高田をせんべいの町にできたら…、と最後に今後の夢も語っていただきました。

取材にご協力いただいた菅原さん、一松商店のスタッフのみなさま、ありがとうございました!

DSCI0943.jpg

一松商店のウェブサイトはこちらから
>>株式会社一松商店


※大きな写真は協働センターfacebookページにアップロードしています。
>>陸前高田まちづくり協働センターFBページ
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック