CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年10月05日

◆レポート 平成29年度 第4回まちづくりコーディネーター育成講座

9月13日(水)、「まちづくりコーディネーター育成講座」の第4回を、陸前高田市コミュニティホールで開催しました。

最終回となる今回は、自分たちの活動や企画・イベントを発信する際の基本「広報の考え方とチラシの作り方」について学びました。

paper.jpg

講師は、当センターに配属されている いわて復興応援隊の種坂奈保子が務めます。
(今回、3時間もの長い講座の講師に初挑戦!ということで、事前に練習に練習を重ね当日に臨みました。)

図1.png

その情報、届けたい相手は誰ですか?
そもそも、なぜ広報するのか?
ではなぜ、広報物を見るのか?
こんな問いかけでスタートした「広報の考え方」。

たくさんの情報が溢れる現代。誰に何を伝えたいのか。
まず始めに、届けたい相手に合わせた広報について考えました。

・届けたい相手はどんな人?(具体的に)
・そのターゲットはどんな媒体から情報を得ているのか? など
ワークシートを使って、実際に自分が広報したいことをイメージし、可視化していきます。

相手の立場に立って考えることで、有効な伝え方が見えてきます。

IMG_1277.JPG


続いて、「文章の書き方」。

『正しく』『分かりやすく』を合言葉に、演習を交えながら勉強していきます。
・主語と述語を近づける
・同じ言葉や文末を繰り返さない
・箇条書きを使う

文章の構成やタイトルや見出しの考え方のコツも学びました。

IMG_1279.JPG


そして、いよいよ「ちらしづくりのコツ」です。

『チラシづくりは準備が肝心。』
いきなりパソコン画面に向かうのではなく、情報を整理することがポイントです。
・誰に、何を伝え、どう思ってほしいか?
・必要な項目(イベント名、日時、、内容、問合せ等)を箇条書きで書き出す。
・書き出した項目に優先順位をつける。

書き込んできたワークシートとにらめっこ。
情報だけでなく、自分の頭の中も整理していきます。

IMG_1290.JPG

準備が整ったら、レイアウトに移っていきます。
紙に書いた小さな枠の中に、先ほど優先順位を意識して書き出した項目をざっくり配置します。

IMG_1314.JPG

ここでのポイントは、とにかくたくさん書くこと!

IMG_1321.JPG

頭を抱える姿も...
みなさん辛そうでしたが、時間いっぱい案をひねり出しました。

IMG_1354.JPG

最後は、出した案から一つを選び、グループ内で発表です。
頭をフル回転したせいか、終了後は、やり切った!という充実した様子があちらこちらで見られました。



7月からスタートした講座も、今回で修了です。
陸前高田市内だけでなくさまざまな地域の団体のスタッフの参加があり、回を重ねるごとにコミュニケーションが深まり、活動地域を越えた仲間づくりの場にもなりました。

これからのまちのことを共に考え、手を取り合いながら、盛り上げていただきたいと思います。

IMG_1369.JPG

ご参加いただきましたみなさん、お疲れさまでした。

*******************

本講座の前期は今回で終了しましたが、10/11(水)より後期が始まります。
参加してみたい!と思った方や興味があるという方は、協働センターまでご連絡ください。
お待ちしております!



この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック