CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年12月07日

◆シンポジウム情報 東日本大震災により被災した小友浦干拓地における干潟再生と保全を考えるシンポジウム


〜小友浦の未来予想図を描く〜

小友浦シンポジウム


日時:2016年12月10日(土) 13:30〜17:00

場所:陸前高田市コミュニティホール シンガポールホール

参加無料/申し込み不要

プログラム:
 13:00      開会
 13:30〜13:40  背景とシンポジウムの目的
《第1部 調査研究報告》
 13:40〜14:00  環境および水生生物相
 14:00〜14:20  アサリの生息状況および成長
 14:20〜14:40  小友浦におけるマガキ天然採苗試験
 14:40〜15:00  震災後の小友浦に飛来した鳥類
《第2部 干潟再生と活用》
 15:15〜15:35  小友浦の歴史と人々の暮らし
 15:35〜15:55  小友浦地区における干潟の自然再生
《第3部 パネルディスカッション》
 ・パネラー
  佐藤藤治(小友浦土地改良区)/佐々木洋一(広田湾漁業協同組合)
  八幡つぐ子(日本野鳥の会)/貴志太樹(岩手県水産技術センター)
  田村直司(岩手大学三陸復興支援課)
 ・コーディネーター
  朝日田 卓(北里大学)

主催:北里大学海洋生命科学部
共催:陸前高田市/陸前高田市教育委員会/
      岩手県水産技術センター/いわて海洋研究コンソーシアム
後援:環境省東北地方環境事務所/経団連自然保護協議会/岩手日報社/東海新報社




この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック