CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年11月19日

◆レポート  陸前高田ふるさとの復興見学会



平成28年11月17日(木)、『陸前高田ふるさとの復興見学会』に参加してきました。

今回は、岩手県と陸前高田市の共同開催とのこと。

見学場所は、下記3か所です。
@被災市街地土地区画整理事業(高田地区) 高台3
A被災市街地土地区画整理事業(高田地区) 大型商業施設及び市立図書館工事現場
B高田海岸地区工事現場 防潮堤工事、砂浜再生事業、復興祈念公園事業、松原復旧事業

3か所とも普段は入れない場所なので、
どのようになっているのかとても気になっていた場所です。

【高台3】
見学会@

見学会A  
見学会B
  
見下ろせる高い場所が少なく、進み具合が分からなかった場所の一つです。
※鳴石ヶ丘団地下。下和野の公営住宅を斜め下に、高田第一中学校をほぼ横に見る場所。

一部、既に住宅の建設が始まっていました。
しかしながら、まだ半分ほどの区域が工事中です。


【大型商業施設及び市立図書館工事現場】
見学会C  
見学会D
  
こちらは、下和野の公営住宅とほぼ同じ高さ。
来年春に完成予定の大型商業施設及び市立図書館の建設工事現場です。
写真を撮っているこの場所は、ちょうど大型商業施設の駐車場になる場所だとか…。
とても広いのですが、写真だとその広さのイメージが伝わらず、残念。


【防潮堤工事、砂浜再生事業、復興祈念公園事業、松原復旧事業】
見学会E  
見学会F 
見学会G  
見学会H
  
12mの高さの第二線堤。やはり高いですね。
車も通れるくらいの幅がある緩やかなスロープを上りましたが、スロープでも階段でも、
基本は歩いてのぼることになるので、ちょっと大変かもしれません。

第一線堤と第二線堤の間には、一部試験的に、
NPO法人高田松原を守る会による松の栽培もされていました。


強い風と寒さに負けてしまい、試験的に入れているという砂浜を
見られなかったことは残念ですが、完成前の様々な工事現場を見せていただけたことは
とても良かったと感じています。

ここ数年、岩手県や陸前高田市では定期的に見学会を開催しています。

関係者以外の方が工事中に現場に入るなどはめったに体験できることはないので、
このような機会にぜひ見学してみてはいかがでしょうか。





この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック