CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年02月15日

◆レポート 第8回 高田地区市民会議


2月5日(金)、平成27年度 第8回 高田地区市民会議を開催しました。

高田地区市民会議は、高田地区コミュニティ推進協議会様のご協力の下、
高田町にお住まいの方、これから住む予定のある方などを対象として
平成26年度から開催しています。

話し合いを行っていく中で見えてきた高田町の将来の姿。
出された項目を分野ごとにまとめて、高田町のまちづくり計画(案)を作成しました。
計画(案)の中から、まず1つアクションを実行することになり、
その実施に向けた話し合いが進んでいます。

さて、前回は、ペットボトルプランターに花を植えるということと、
設置場所についての案が出されました。
設置場所案は、コミュニティホールと栃ヶ沢災害公営住宅の間にある広場。
市の担当課に相談したところ、プランター設置の許可を頂くことができました。

そこで今回は、プランターの形や配置を考えていただくこととなりました。
まずはプランター設置に関する注意事項等について市の担当者にご説明頂き、その後、
プランターについての検討グループと、配置についての検討グループに別れての話し合いです。

第8回市民会議@

前回、プランターを試作して持ち寄っていただくことになっていました。
今回集まった試作品は10個。これらを見ながら様々な意見が出されました。

第8回市民会議A

試作のプランターは、縦置き・横置き、色つき、持ち手付きなど様々なものがあり、さらに、灯りで彩る話も出ていたため、ガーデンライトが付いたものや夜光石が置かれたものも作成されていました。
外に設置することから、「縦置きは風で倒れやすい」や、「作業するのは固いペットボトルの方がいい」、「お茶のペットボトルがいいのでは」など、実際の作業をイメージして検討が進められました。

第8回市民会議B

配置についても様々な案が出されました。
設置予定の広場は道路に面していないため、広場に導くように配置できるといいなどの話もありました。
また、3.11追悼式に合わせて設置したいという話から、「配置するプランターを集めてメッセージをつくろう」というような案も出されました。

第8回市民会議C

両グループとも、実際に外に出て配置場所を確認したり、決まったことや意見がほしい時など、お互いに確認しあったりと、いつもとは少し違った雰囲気で進みました。

第8回市民会議D

第8回市民会議E

そして、話し合いの結果、以下が決定しました。
・使用するペットボトルは2L
・横置き
・配置場所は、広場の芝生
・「LINK」という文字を描く

この後は、順次準備作業になっていきます。

今回も、皆さんの思いが強く出た会となりました。
やりたいことが盛りだくさんで、でも予算や時間は大丈夫?
そんな時に立ち返るのは、「みんなが集まる」機会をつくるという目的。
花を植えたいという気持ちの根本はここです。
できる限り、皆さんが何らかの形で参加できる方法で進めていきたいと考えています。

次回開催は下記のとおりです。
高田地区市民会議は回数を重ねてきている分、
新しく参加することに戸惑いを感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、
新規参加でも大歓迎です!
皆さまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

※報道関係者の皆様
高田地区市民会議の取材等でいらっしゃる場合、
当センターへご一報くださいますようよろしくお願い申し上げます。
********************************************************
第9回 高田地区市民会議
日 時:2月19日(金) 19:00〜20:30
会 場:陸前高田市コミュニティホール 中会議室
対象者:高田地区にお住まいの皆さま
    今後住む予定のある皆さま
参加費:無料
********************************************************

※過去の開催報告はこちら





この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック