CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年12月03日

◆レポート 第4回まちづくりコーディネーター育成講座



11月28日(土)、陸前高田まちづくり協働センターが主催する、
平成27年度「まちづくりコーディネーター育成講座」の第4回を開催しました。

講師には、第1回から引き続き、いちのせき市民活動センターの小野寺浩樹センター長を
お迎えしました。

H27第4回講座@

全4回の講座もいよいよ最終回を迎えました。
最終回となる今回のテーマは、『まちをデザインするコツを学ぼう!』。
第3回は、「課題発見力を身につける」ことをテーマに
まちあるきという手法を体験していただきました。
地域のお宝(地域資源)やこまった(課題)を発見する力を身につけるべく、
自分たちが住む地域を実際に歩き、普段の生活の中では気づかなかった発見を
マップに落とし込みました。
今回は、前回作成したマップを基に、住みたいまちをデザインするための
現状分析の手法を学びました。

まずは、前回のまちあるきで作成したマップを使い、
・課題→こう解決されると良い
・不足→ここにこういうものがあったら良い、ここがこうなったら良い など
理想のまちをデザインするためのアイデアを出しあいました。

H27第4回講座A

続いて、「住みたいまちにするために」をテーマに、マップを見ながら地域の強み、弱み、
これからどんなチャンスが来そうで、逆にどんな脅威が考えられるか、
グループ内で話し合いました。
※【SWOT分析】という手法です。

H27第4回講座B

そして、和野・鳴石地区それぞれの分析を共有していただきました。
中には、地域への愛着を育むために、通りや坂道に名前をつけてみるのはどうだろうという
面白いアイデアもありました。

H27第4回講座C

H27第4回講座D

“自分たちの地域を見て歩く”
普段何気なくやっているようで、実は出来ていない大事なこと。
実際に見て歩き、気づく。そして振り返って分析し、改善していく。
まちづくりに欠かせないことを学びました。

これにて、今年度のまちづくりコーディネーター育成講座は全講座が終了ということで、
最後に修了式を行いました。
ご参加いただきましたみなさん、お疲れさまでした。
地域を盛り上げて、素敵なまちをつくっていきましょうね!
みなさんのご活躍を心より祈願して、閉講とさせていただきます。

H27第4回講座E

陸前高田まちづくり協働センターでは、今後も地域のみなさんのニーズに添った
学びの機会を提供していきたいと思います。


※この講座は、平成25年度に作成した「地域づくりハンドブック」を教科書に、
全4回の講座を通して、「情報提供力・分析力」「ファシリテーション力」
「課題発見力」「立案力」という、まちづくりコーディネーターとして必要なスキルを
学びました。
「地域づくりハンドブック」とは、これからの地域をつくる上で必要な手法と、
地域づくりの主体組織の運営に関するノウハウをまとめた教科書です。




この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック