CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年10月07日

【レポート】第2回 高田町の暮らしと町づくりを考える会



平成26年9月17日(水)、高田地区コミュニティ推進協議会主催の
「高田町の暮らしと町づくりを考える会 第2回」が開催されました。
「高田町の暮らしと町づくりを考える会」は、様々な方々の取り組みを聴き、参考にし、
これからの高田町の暮らしをより良いものにしていくためのきっかけとなる会として、
高田地区コミュニティ推進協議会が企画しています。
今回は、当センターが昨年度主催した市民会議をこの企画の中で紹介していただきました。

昨年度開催した「陸前高田市新しいまちづくり市民会議」は、
「商工・観光」「地域コミュニティ・防災」「教育・子ども」「医療・福祉」の分野ごとに
ワークショップ形式でそれぞれアイディアを出し合いました。

※昨年度実施分については下記のリンク先をご覧ください。
▽H25年度 陸前高田市新しいまちづくり市民会議⇒こちら

今回は高田町の皆さんに紹介するということで、テーマは「これからの高田町」と設定。
これからの高田町のまちづくりについてワークショップを行いました。

第2回高田町の暮らしと町づくりを考える会

前半は話題提供として、昨今メディアでも取り上げられて話題になった人口減少の問題を
皆さんに共有しました。
少子高齢化により、地方では人口流出が大きな課題となっています。
加えて、陸前高田市は東日本大震災により大きく被災しました。
これからのまちを描く上で、今は一体どのような状況になっているのか?
後半は現状を分析しながら、「こんなまちになったらいいな」という意見を出して
いただきました。

時間が少なく、話し足りない方もいらっしゃったかもしれませんが、その中でも、
「将来高田町に住む人たちの声も反映させたい」「まちづくりはみんなで行っていくもの」
「世代間の協力・連携が不可欠」などの意見が出されたことが印象的でした。
また、「若い人にこの場に参加してほしい」との声も多数いただきました。

まちづくり協働センターでは、「高田町の暮らしと町づくりを考える会」の2回分をいただいています。
次回は10月15日(水)、19時から20時30分。
今回出していただいたものを基に、意見を深めていただく予定です。 

9月の回にご参加いただいた方も、参加されなかった方も、また若い方々も、
ぜひご参加いただければと思いますので、お気軽にセンターまでお問い合わせください。

※※
まちづくり協働センターでは、話し合いの場の設計・運営のサポートや、
ファシリテーターの派遣を、話し合い支援として実施しています。
地域の方で会議の進め方にお悩みの方は、どうぞセンターにご相談ください。
※※


 
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック