CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 整備»
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
西山
5月10日(木) 活動報告 (06/13) 伊藤 英俊
2月28日(火)活動報告 (03/30) あねたい
【Rera】11月29日 活動報告 (12/05) まつした★ライフサポート
【Rera】11月29日 活動報告 (12/03) ikeda
【Rera】11月27日 活動報告 (11/30) ふじた
【Rera】10月2日 活動報告 (10/06) いそべ
【Rera】8月31日 活動報告 (09/01) おはヨーロッパ
【Rera】8月24日 活動報告 (08/28) おはヨーロッパ
【Rera】8月24日 活動報告 (08/28)
9月19日(水)〜23日(日) 活動報告 [2013年05月13日(Mon)]
活動報告(送迎件数、走行回数、送迎人数、活動スタッフ数)
9月19日(水) 47件、91回、118人、12人
9月20日(木) 36件、72回、88人、13人
9月21日(金) 43件、80回、108人、14人
9月22日(土) 12件、22回、27人、8人
9月23日(日) 送迎なし

先日、ボランティア活動をしている団体を応援してくれている
「ボランティアインフォ」という団体さんが、
yahoo!のボランティア情報にReraを入れて下さった効果で、
ボランティアを希望して下さる方が続けて連絡を下さっています。
木原さんに続き、20日からは矢崎さんという方も来て下さいました。
横浜組の嘉多さんや梶田さんも助かります。

週に2回も100人越えの送迎があり、大変忙しかったです。

人数が比較的恵まれているので、
送迎も多くお受けすることができます。
新しく来る方々には、最低一週間は滞在していただくようお願いしています。
横浜でも講師をしている嘉多さんが、
そんな皆さんに福祉車輌や車いすの使い方を教えて下さっています。

『新しい公共』についての途中報告や相談のために
宮城県庁を訪問している間、電話受付や配車などを
スタッフ植野、渡邊、相澤がしてくれました。

22日(土)の夕方、
東京から宗さんと職場の仲間が訪問して下さいました!
宗さんは昨年の真夏にReraをお手伝いして下さった方で、
とても優秀なコンピューターのシステム作りをされている方です。
Reraがwebで交通情報集約組検討しているという事を相談したところ、
はるばる来て下さったのでした。
日曜には職場の皆さんと一緒にチャリティーマラソンに参加されるそうです。

0922-01.jpg

0922-02.jpg

人の輪が広がると嬉しいものですね。

仮設団地に物置を設置する工事が終わり、
もともとかなり狭い仮設団地がさらに狭くなってしまったようです。
通行は気をつけなくてはなりません。


村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera
9月18日(火) 活動報告 [2012年12月24日(Mon)]
本日の送迎 35件、71回、82人 活動人数 12人 稼動7台

忙しい忙しい火曜日です。

半島(牡鹿)から、初めて利用の方がいらっしゃいました。
独居で身寄りがないそうで、歩行状態は本当にひどいものでした。
在宅支援をされている団体の方たちからの紹介での通院でした。
これまでは一人でひっそりと、病院も我慢して生活されていたようです。
介護の認定を受けるために、病院で診断をしてもらうための
送迎だとのことでした。
送迎したスタッフの言葉によると、「10センチ歩くだけでも大変そう」
だそうです。
病院で知り合った患者さんがずっと付き添いをしてくれ、
お迎えに行った時も一緒に待っていて下さったのだそうです。
よかった。

今日は配車係をスタッフ植野がしました。

0918-01.jpg

レラの今の送迎の内部スタッフは、件数が多すぎて「職人芸」のように
なってしまっている部分があります。
一日100本を軽く超える電話の応対、無線の応対、
同時に街中を走っている7〜8台の車輌への指示出しなど、
それだけで朝の7時から夕方5時まではあっという間に過ぎてしまいます。
中を二人で分担してできると、送迎以外の沢山の業務にも少し手を付ける
ことができ、本当に助かります。
全ての業務を、なるべく多くの人ができるようになっておくことは
とても重要です。
負担を皆で分け合い、穴が開いても対応できるようにします。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera

9月17日(月) 活動報告 [2012年12月24日(Mon)]
本日の送迎 11件、18回、21人 活動人数 5人 稼動3台

祝日で送迎は少ない日でした。
藤森さんが帰りました。今回もありがとうございました。

敬老の日という事で、敬老会に呼ばれたという方の送迎がありました。
楽しんで来られたようでよかったです。

敬老会と言えば、少し前に、他の仮設団地の方から電話があり、
「敬老会にまとめて送迎をお願いできないか。」
と相談されました。
一年前のレラなら、何とか都合をつけてお受けしていたような依頼です。
今回は、
「同じ仮設団地の方たちなら、仲間でなんとか車を出せる人に
頼んで送迎をしてもらえないか。」
とお答えしました。

1年前と違い、現在は、問題なく車が運転できるある程度の年代の
人たちなら、ほぼ皆さん車を持っていらっしゃいます。
敬老会に呼ばれるようなお年寄りは、乗れない人が大半でしょう。
そのような状況の時に、ご自分自身も車をお持ちの方々から、
レラに送迎の依頼をされるようなことは、なるべく避けたいのです。
一番に考えなくてはならないのは、家族や親族、または同じ団地の
「横のつながり」です。
何らかのしっかりした理由でどうしても車の都合がつかない場合は
やむをえませんが、第一に私たちの送迎を安易に頼むことで、
地域のつながりの構築が遅れるという事を私たちは懸念しています。

もちろん、状況は様々で、決めつけることはできません。
きちんと相談を受けたうえで、柔軟に考え対応していかなくてはなりません。

今日は嘉多さんが木原さんに車いすの扱いやリフト車の使い方
について説明してくれました。

0917-01.jpg

横浜で講師もしている嘉多さんですから、こちらでも新しいボラさんに
教えていただくのも最適です。
木原さんは熱心に聞いていました。
飲み込みも早く助かっています。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera

9月16日(日) 活動報告 [2012年12月24日(Mon)]
日曜日で送迎はお休みです。

今日は、日本家政学会さんによるヒアリングに招待されました。
植野、村島で石巻専修大学に行ってきました。
いくつかの団体がまとめて呼ばれているのかと思っていたら、
この日はレラだけのための時間を用意して下さっていたのでした。

専修大学の山崎先生はじめ、日本全国の学識者の方々で
構成されたメンバーで、レラの災害直後から現在までの活動内容、
ニーズの変化、被災者の状況等、様々なことをしっかりと聞かれました。

現在の移動支援連絡会の取り組みについて、他地域での交通への
取り組みについて教えて下さったりアイデアを下さったり、
大変ありがたく思いました。

0916-01.jpg

将来的な「防災」への取り組みに、私たちの活動の軌跡が少しでも
お役にたてば嬉しいです。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera

9月15日(土) 活動報告 [2012年12月24日(Mon)]
本日の送迎 15件、28回、32人 活動人数 6人 稼動4台

伊藤、嘉多、藤森、木原の強力個人ボランティアが
ずらっと揃った土曜日です。
人工透析の方を中心とした送迎を行いました。

聴覚障害の利用者さんは、今仮設住宅住まいなのですが、
新しい家を建てることについて、毎日家族で話し合いを
されているようです。
多くの皆さんにとって、新しい住まいについては
とても大きな問題です。
復興公営住宅についてもなかなか見通しが定まりません。

来週仙台に行かれるという透析の方がいらっしゃいます。
現在、レラは仙台までの送迎をお受けすることができません。
JRは途中から被災のため代行バスの振り替えになったままで、
バスだと移動ができない方にとっては、仙台まで行くのは
かなり大変です。
タクシー代だと片道1万5千円くらいかかります。
頭の痛い問題です。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera
9月14日(金) 活動報告 [2012年12月14日(Fri)]
本日の送迎 46件、90回、119人 活動人数 12人 稼動8台

送迎回数90回という大きな数字です。
助っ人が到着し、8台を稼働させて挑むことができました。
嘉多さん、伊藤さん、木原さんが加わってのミーティング風景です。

0914-01.jpg

今月でおしまいと言われていた、被災者への健康保険の免除が
延長になったようです。
通院の送迎がほとんどであるレラの利用者さんたちには大きな
ニュースなのではないでしょうか。
中には、「医療費がかからないから」と病院に行っている人も
いるのでしょうが、大半の方々は、本当に必要な治療を受けるために
病院に通っています。
精神科の送迎は日を追って増えています。
本当に困っている人たちにとって助けになると良いですね。

「つづらご」(帯状疱疹)にかかってしまった方の送迎がありました。
時々、「つづらご」になってしまったという利用者さんの送迎があります。
帯状疱疹はストレスが引き金になるとのこと。
暑さや震災後の生活で発症してしまう人が多いのかもしれません。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera

9月13日(木) 活動報告 [2012年12月14日(Fri)]
本日の送迎 33件、60回、69人 活動人数 11人 稼動7台

今日は第5回石巻地区災害移動支援連絡会です。
会議の参加で送迎スタッフがピンチになってしまうところ、
それに合わせて東京と横浜から助っ人ボランティアが!
伊藤さんと嘉多さんです!
さすが慣れたベテランスタッフ。

初めての個人ボランティア、木原さんも東京から到着しました。
はきはきした体育会系の青年です。期待大。

連絡会には植野と村島が参加しました。
新しい交通手段を検討するため、議題を絞った「分科会」形式で
今後活動を行っていくことが決まりました。
石巻の交通を一か所に集約する「マップ作成」と、デマンドタクシー
含む新しい交通手段を考える「新しい交通」の二つです。

0913-01.jpg

成り行きで会議に慣れていない村島が連絡会で発言する機会が多く、
上手に進行することもできていません。
申し訳ないと思い、毎回進行の仕方をいろいろと考えているのですが
なかなか話し合いが進んでいきません。

分科会形式で行うという新しい試みで、今後進んでいくことを
期待します。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera

9月12日(水) 活動報告 [2012年12月14日(Fri)]
本日の送迎 36件、71回、87人 活動人数 9人 稼動7台

レラでも送迎先になっている歯医者さん「松尾歯科」さんが、
寄附金を持ってきて下さいました!

もともとは松尾歯科さんが、知人の方々に「義援金」として
頂いたものなのだそうです。
「私たちはもう自分たちで何とかやっていけるので、
皆さんのために活動しているところに寄付したいと考えて、
贈り先を探していました。」
とのこと。

0912-01.jpg

松尾歯科さんはもともと雄勝の歯医者さんで(うちのスタッフ
鈴木もお世話になっていたとか)、被災して市街地に
建て直したところです。
お金はいくらあっても足りないくらいでしょうに、
こうして私たちにご寄付下さるという心に感激します。
本当にありがとうございました。

責任もって活動します。
頑張ります。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera

9月11日(火) 活動報告 [2012年12月14日(Fri)]
本日の送迎 34件、68回、84人 活動人数 9人 稼動7台

昨日に引き続き、明友館での「移動本部」でした。
拠点としては素晴らしいお部屋を貸していただき、本部付きの
人間はありがたい限りです。
ただ、場所が橋を渡った向こう側ということで、
橋が渋滞することの多い石巻では、「一旦本部に戻り」という時に
少し大変です。
戻らずにどこかで時間調整する人もいました。
協議会さん、社協さん、本当にお世話になりました。

今日で震災から1年半です。
サイレンが鳴り響き、皆で黙とうを捧げました。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera

9月10日(月) 活動報告 [2012年12月14日(Fri)]
本日の送迎 40件、77回、98人 活動人数 9人 稼動7台

今日と明日は、いつものプレハブの拠点と宿舎の駐車場が、
近くでの工事のために使用できません。
石巻災害復興支援協議会と社協さんにお願いして、
2日間、明友館の復興支援協議会さんの奥の部屋を使わせて
いただけることになりました。
本当に助かります。
レラのいつもの拠点よりパワーアップ!?
協議会さんが、椅子や机、扇風機、なんと入口には表札まで!
色々なものを用意してくれていました。

0910-02.jpg

風が通るため、室温が30度越えになることもなく、
過ごしやすかったです。
ありがとうございました。

人工透析の送迎をしている方から、
「息子が船から上がってきたので、しばらくは息子に
送ってもらいます。」と連絡が来ました。
レラでは、家族の送迎や公共交通機関の利用ができる場合には
そちらを第一に利用していただいています。
ほとんどの利用者さんは、家族の送迎を頼めるようになった時は
レラではなく家族にお願いするようにしてくれています。

レラが忙しいからとか、そういう理由ではありません。
レラは基本的に、どうしても移動の手段が見つけられない
人や場合のために送迎をしているからです。

ストレッチャー使用の方の、少し遠方の通院送迎がありました。
今日の体調はまずまずのようでした。

歩行が大変な利用者さんが、転倒してしまい、
膝を紫色にされていたそうです。
独居の方なので心配です。



村島
スタッフによるレラfacebookもご覧ください
http://www.facebook.com/ishinomaki.rera