CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 2020年08月 | Main | 2020年10月 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
ILCの日本への誘致は完全に無くなったー岩手県の千坂げんぽうさんの論考をいただきました。[2020年09月19日(Sat)]
 ILC(国際リニアコラーダー)の日本誘致の旗振りをしていたKEK(高エネルギー加速器研究機構)が、「学術研究の大型プロジェクトの推進に関する基本構想ロードマップ」への申請を取り下げていたことが9月8日に判明しました。ILCを実現したければ、基本構想の一つに採用されてロードマップに掲載されなければなりませんが、自ら申請を取り下げたことで、ILCの日本誘致は完全に無くなりました。
 岩手県の「ILC誘致を考える会」共同代表の千坂げんぽう氏の論考が届きました。
 岩手県では、9月24日に岩手県ILC推進協議会がWeb講演会を企画し、税金を浪費することを自己目的にしたような「お祭り」が続いています。千坂氏は、CERNが日本誘致を明快に否定しない「打算」を指摘しています。私たちの税金をこれ以上、食い物にされていいのでしょうか。千坂氏は「モノ言わぬ民」はやめましょう! と、訴えています。
 千坂氏は、87万人の科学者から選挙で選ばれて学術会議法に基づく役割を果たしている日本学術会議を罵倒した鈴木厚人・岩手県立大学学長の発言について、「名誉棄損にも値する」と、厳しい批判を加えています。
 今からでも遅くはありません。わかったふりをしないで、「王様はハダカだ」と言おうではありませんか。
 ILC計画についてのまともな吟味もしないで、誘致運動の尻馬に乗った村井県政の対応は、軽かったのではないでしょうか。

200919_a_blog.jpg




















200919_b_blog 目次.jpg
| 次へ
最新記事
検索
検索語句