CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
«  +仮処分の申立 | Main |  +発電コスト »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
女川原発の水蒸気爆発防止対策とベントによる放射能汚染を再検討するよう安全性検討会に要請、村井知事に「合格」させないよう緊急の申し入れを行いました。[2020年02月19日(Wed)]
 脱原発をめざす宮城県議の会と宮城県内の17団体が、村井嘉浩知事と若林利男・女川原発の安全性に関する検討会座長あてに、水蒸気爆発防止対策とベントによる放射能汚染の2つの問題について、検討会での再検討を要請しました。村井知事には合わせて「合格」させないよう原子力規制委員会に申し入れることを求めました。

 要請の1点目は、放射能を閉じ込める格納容器の機能保持に関わる、水蒸気爆発を防止する問題についてです。
 IAEA(国際原子力機関)は、炉心溶融への対応として、水蒸気爆発が起こらないように、溶融炉心と水が接触しない方法を推奨しているのに、女川原発でこれに反する対策が準備されています。2月7日の検討会で、脱原発県議の会の要請にこたえて、水蒸気爆発問題の再検討が行われましたが、東北電力は実験データの誤引用について、真実の実験データをいつ知ったのかという質問には回答せず、引用の初歩的なミスについても認めませんでした。
 この検討会に初めて外部委員として成合英樹氏(筑波大学名誉教授)が招かれましたが、思い出話を語っただけで、水蒸気爆発に関わる具体的な発言はなく、傍聴席から失望のため息がもれました。
 それなのに若林利男座長が報道機関の取材に答えて「論点整理は一通り終えた。それぞれの専門性を生かし、活発な議論が出来た。意見や要望の集約に入りたい」と、傍聴者が到底納得できない発言をしました。
 そこで、水蒸気爆発に詳しい高島武雄氏の意見書を提出し、再々検討を要請したものです。

●高島武雄氏の意見書はこちら右矢印1200219 安全性検討会への高島武雄氏の意見書 提出版.docx

 要請の2点目は、格納容器内部のガスを放出するベントについてです。
 重大事故がおきそうになったら、原発は「止める・冷やす・(放射能を)閉じ込める」という安全対策が基本でしたが、「止める・冷やす・(ガスと放射能を)放出する」という、ベントを多用する方針に大転換しました。県民の被曝と県土の放射能汚染を招くことがないのか、きわめて慎重の検討されなければならない問題です。
 内部のガスを直接放出する耐圧強化ベント管を使用したら、規制基準の3.6倍の360TBqのCs-137が放出されることが判明しました。東北電力は、耐圧強化ベントは「炉心損傷が始まった後は使用しない」と言っていますが、炉心損傷の時期を正確に把握できるのか、とくにフィルターベントが100%確実に機能するのかの厳重な確認が必要です。
 放射能が引き起こす汚染についての評価は避難計画ともかかわる大事な問題なのに、2月7日の検討会では単純化した不正確な説明が行われ、納得できないものでした。

●安全性検討会への要請書はこちら右矢印1200219 安全性検討会に関する要望書.docx

 女川原発で耐圧強化ベントを使用することは、県民の生命と財産に取り返しのつかない危害を及ぼします。
 こうした結果を招いているのは、そもそもベントという手法が、放射能を閉じ込める装置である格納容器に「風穴」を開けるものであること、住民の被ばくと環境汚染を前提にしていることに由来しています。根本的には、炉心損傷事故を防ぐことができない危険な技術である原発を使い続けようとしていることに、問題があります。
 県民の被ばくと県土の放射能汚染を防ぐ確実な方法は、再稼働を中止することであり、それ以外の確かな道はないことがハッキリしました。
 そこで村井知事に、東北電力女川原子力発電所2号機の設置変更許可申請書に関する審査書案を撤回し、女川原発を「不合格」にするよう原子力規制委員会に求めるよう要請しました。

200219_up_blog.JPG
























200219_a_blog.jpg
宮城県の「女川原発 安全性検討会」が2月7日に。水蒸気爆発に関わる説明等が注目されます。傍聴を![2020年01月10日(Fri)]
 「第22回女川原子力発電所2号機の 安全性に関する検討会」が2月7日(金) 午前11時から午後3時30分まで、仙台市青葉区上杉3−3−1 にある「パレス宮城野」で開催されるという案内が、宮城県のホームページにアップされました。
 論点は「新規制基準適合性審査申請について(重大事故対策−格納容器破損防止等)と、告知されています。
 「脱原発をめざす宮城県議の会」や女川原発の再稼働ストップを求める市民運動団体は、「溶融炉心を水で受け止めるという『対策』は、水蒸気爆発を引き起こすのではないか」「確実に水蒸気爆発を抑制するために緩衝装置を設置するという追加対策は、かえって水蒸気爆発をより大きなものにするのではないか」「TROI実験の真実のデータを東北電力はいつ知ったのか、データの誤引用はなぜ起きたのか、なぜすぐに改めなかったのか」という趣旨の疑問を投げかけ、東北電力の説明と、検討会による検証を求めてきました。
 注目される検討会になります。傍聴しましょう!

●開催の案内はこちら右矢印1(宮城県庁ホームページ)

200110.jpg
女川原発で水蒸気爆発の危険? 疑問がますます膨らみました。東北電力と原子力規制委に説明してほしい3つの疑問(高島武雄氏の講演を聞いて)[2019年12月16日(Mon)]
 高島武雄氏の講演を聞きました(12月15日、エルパーク仙台で)。
 IAEA(国際原子力機関)は、水蒸気爆発対策に対して、「容器バリアに損傷を与える可能性のある蒸気爆発をなくすために、考えられる事故シナリオで溶融炉心が水に落ちないようにすることが好ましい方法である」という認識です(IAEA-TECDOC-1791=2016年=)
 原発の水蒸気爆発について、先進国が構成しているOECD(経済協力開発機構)がプロジェクトをつくって研究しています。そのレポートは、「すべての国ではないが、ほとんどの国では、主に未解決の不確実性により、炉外蒸気爆発の考慮が未解決の問題のままである」と報告しています(OECD SERENA Report=2017年=)。
 格納容器の下部に水を張って溶融炉心を受け止めることを「対策」として奨励しているのは、日本とスウェーデンだけで、例外的です。
 欧州委員会エネルギー研究所の研究者(DANIEL MAGALLON)が、「実機の中で水蒸気爆発がトリガーされるかの予測不可能」「水蒸気爆発を防ぐ対策を明確にすることは非常に困難」「十分なエネルギーが供給されれば水蒸気爆発が発生しうる」「トリガーの大きさと,生じうるかどうかは,結論が出ていない」「近い将来においても研究の進展はほとんど期待できない」「必ず起きると考えて水蒸気爆発に耐える設計にする」べきであることをレポートしています(Edited by BAL RAJ SEHGAL,NUCLEAR SAFETY IN LIGHT WATER REACTORS Severe Accident Phenomenology,Elsevier Science Publishing Co Inc(2011),p.265.)
 以上が高島武雄氏の講演の結論部分です。
 新規制基準をつくる議論をした「新安全基準に関する検討チーム」の議事録を見ると、更田豊志氏(現在の原子力規制委員会委員長)が、水蒸気爆発の取り扱いに関与していることが分かります。これも、この講演会で学ぶことができた点です。

 3つの問題に、説明を求めたいと思いました。

(1)、東北電力は「水蒸気爆発が発生する可能性は少ない」「水蒸気爆発が発生しても威力は小さく、格納容器の損壊は起こらない」とし、原子力規制委員会もこれを容認していますが、その根拠を良く説明することが双方に求められます。世界の「常識」とは異なるのですから。

(2)、原子力規制委員会は11月12日の審査会合で、溶融炉心を分散する緩衝機構を追加設置することを求めました。これを条件にして「合格」させようとしています。
 高島武雄氏は、旧・原子力研究所が、「分散板によって溶融物を水面上で分散させた場合、自発的な蒸気爆発は起こりにくくなったが、起こった場合には通常よりも激しい水蒸気爆発となった」(1994年、JAERI-Review 94-010, p.7)と報告していたことを紹介しました。
 追加対策が安全なのか、逆に危険性をさらに増すことはないのか、説明が求められます。

(3)、東北電力は、水蒸気爆発が発生したTROI実験について、誤ったデータを引用して原子力規制委員会と宮城県の安全性検討会に説明していました。
 本物のデータをいつ知ったのか、誤ったデータを引用した経過と理由は何か、誤りを正そうとしなかった事情は何か、等について説明する責任があります。
 原子力規制委員会も、実験データ誤引用をどう判断していたのか、説明が求められます。
 誠実に問題と向き合っていたのかどうか、鋭く問われています。

IAEA_blog.jpg


















191215_a_blog.JPG


女川原発 実験データ改ざん問題で、東北電力の説明が不自然な延期に[2019年10月21日(Mon)]
 9月議会で、水蒸気爆発の発生を否定して東北電力が示した実験データが実験者の報告とは異なるもので、真実の実験データを示して東北電力の主張の根拠が崩れているのではないかと追及しました。
 「脱原発をめざす宮城県議の会」の申し入れに応えて、「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」(若林利男座長)は、10月11日の第20回検討会で次回の第21回検討会で東北電力に説明を求めることを確認しました。この日程には東北電力も同意していました。
 ことろが、開催の告知が変更されていたことが18日に分かりました。第21回検討会では水蒸気爆発に関わる説明を見送るとのことで、第22回の開催日は未定です。正副座長から「しっかりした説明」が要求されたとのことで、「引用に問題はない」とした私の質問に対する東北電力の回答に対し、結果的に疑問を呈した対応です。
 東北電力は、真実の実験データをいつから知っていたのか、私から指摘されるまで別のデータを使用し続けた経過と理由について、説明する責任があります。

右矢印1第21回検討会の開催告知はこちら

191018_.jpg
「県民の安全を守る立場から、水蒸気爆発問題に関する再検討をお願いする要望書」を、「女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」の若林利男座長あてに提出しました。[2019年10月03日(Thu)]
女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会
座長 若林利男様

県民の安全を守る立場から、水蒸気爆発問題に関する再検討をお願いする要望書

 「脱原発をめざす宮城県議の会」は2018年3月22日、貴職あての要望書を提出し、格納容器下部への注水が水蒸気爆発を引き起こす危険性について、TROI実験の報告書すべてを取り寄せて評価し検証していただくことを求めました。
 福島第一原発事故を発生させてしまった痛苦の教訓を踏まえて、県政には県民の命と安全を守る責務があります。原発の格納容器内で水蒸気爆発が起これば、猛毒のプルトニウムを含む炉心溶融物が微粒子になって拡散して福島第一原発事故を上回る甚大な被害を引き起こすと承知しています。「安全のための対策」が、逆に水蒸気爆発を招くことは、あってはならないからです。
 貴職から「東北電力に説明を求める」という趣旨の回答があり、本年8月30日の第19回女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会で、東北電力の説明がありましたが、新たな疑問がわきました。
 第1は、「実機の温度で水蒸気爆発は発生していない」という説明に関連してです。
 東北電力が検討会に示したTROI実験に関わる資料には、実験者が報告した溶融物温度とはまったく異なるデータが引用され、「実機の温度での水蒸気爆発」が発生していたことが分からないようにされていました。
 これは検討会の委員をミスリードしたものではないでしょうか。
 第2に、「実機には水蒸気爆発のトリガーはない」という説明に関連してです。
 検討会では、「TROI実験では、実機付近の温度では外部トリガーなしの自発的水蒸気爆発は発生していない」と説明があり、その根拠としてTROIの実験者が2003年に著した論文が引用されました。
 しかし、水蒸気爆発の専門家が2015年から雑誌『科学』などで、「TROIの実験者が温度の測定に習熟し、データの正確な評価ができるようになったのは2007年の論文から」で、2003年の論文を根拠に否定することは不正確だと、指摘しています。
 以上の点について、専門的知見を有する貴検討会に判断していただくとともに、「水蒸気爆発の可能性は小さい」という東北電力の説明の適否についても、あらためて検討していただくことを要望するものです。

2019年10月3日

脱原発をめざす宮城県議の会
会  長=佐々木功悦  
事務局長=岸田清実  
副会長 =菅間 進
副会長 =中嶋 廉

以上
191003_a_blog.JPG
東北電力の資料に実験データの改ざんが発覚。女川原発で「水蒸気爆発の可能性は小さい」の根拠が揺らぐ事態です。9月26日の委員会でさらに追及します。「世界で最も危険な再稼働ストップ!」[2019年09月12日(Thu)]
 9月12日の宮城県議会本会議で、8月30日の「第19回女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」に東北電力が提出した資料に、実験データの改ざんがあるのではないかと指摘し追及しました。
 資料は、質量などのデータは正確に引用していますが、温度のデータだけが不自然に書き換えられています。
 質問の結果、東北電力が実験の生データを引用しないで、フランスの研究者の論文からデータの改ざんがある表を引用するという「孫引き」をしていたことがわかりました。女川原発の再稼働をめざしている東北電力は、改ざんされたデータを根拠にして「水蒸気爆発の可能性は小さい」と主張しており、その根拠が揺らぐ事態になっています。
 県は、この日の議会論戦を「検討会に伝える」と約束しました。検討会は次回の会合を10月に予定しており、今度は検討会がどのように対応するかが注目されます。
 関係資料、再質問と答弁を続報します。
 とりあえず、質問のうち、東北電力が改ざんされたデータを孫引きした問題に関わる部分の概要を紹介します。

<質問の概要>
 新規制基準は、世界の標準になっているコアキャッチャーの設置を求めておらず、別の「抜け道」を認めていることが、水蒸気爆発の危険を招いています。
 コアキャッチャーは、溶融炉心を受けとめて効果的に冷却し、溶融炉心とコンクリートの反応を防止するものです。チェルノブイリ原発事故の体験を踏まえたもので、水蒸気爆発が起きないように、溶融炉心と水を絶対に接触させないようにしている点が重要です。
 別の「抜け道」を考えた関西電力などの加圧水型原発をもつ電力会社グループは、炉心溶融の前に格納容器の下部に大量の水を投入して、超高温の溶融炉心を水に落として冷却するという、奇策を持ち出しました。
 知事。諸外国の原子力規制当局は、水蒸気爆発を非常に警戒しています。こんな危険な行為を認めているのは日本くらいだと思いますが、お答えください。

 このことは当然、審査会合で問題になりましたが、加圧水型グループが「実際の原発では水蒸気爆発は起こらない」と、規制委員会を説得しました。しかし、悪い事はできないもので、専門家がパブコメで指摘して、水蒸気爆発を起こした実験報告書が隠ぺいされていたことが発覚しました。
 そのあと沸騰水型原発をもつ電力会社グループが、今度は「その実験は、実際の原子炉で想定される温度に比べて実験温度が非常に高かった」ということを理由に持ち出して、水蒸気爆発の可能性は小さいと主張するようになりました。
 8月30日の「第19回宮城県女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会」でも東北電力がそう主張しましたが、見過ごせない問題があります。
 東北電力は説明資料に、2007年の実験について、質量や圧力などの他のデータは正確に引用していますが、温度だけ改ざんした資料を引用しています。その結果、実際の原子炉とほぼ同じ温度で水蒸気爆発が起きた実験があったのに、検討会の委員にはそれが分からないようになっていました。この実験は、東北電力の主張が成り立つかどうかに関わる重要なものです。
 なぜこうなったのでしょうか、東北電力に照会した結果をご説明ください。

 専門家は、データの引用の仕方は恣意的だと批判し、水蒸気爆発や超高温領域の現象について「規制委員会も電力会社も誤った解釈をしている」「世界で最も危険な状態での運転再開」を招いていると、警告しています。
 「脱原発をめざす宮城県議の会」が昨年3月22日、検討会の正副座長あてに、水蒸気爆発に関わる「TROI実験の報告書すべてを取り寄せて評価し検討すること」を要望しましたが、女川原発を危険な状態で再稼働させてはならないからです。
 知事は検討会に対し、実験データ引用の妥当性の検証を求めるべきです。TROI実験報告書をすべて取り寄せ、超高温域の現象に詳しい専門家の意見を聴取し、水蒸気爆発のリスクを再検証すべきですが、お答えください。

<参考資料
TROI実験 2007年のデータ =一部のみ抜粋>

TROI2007年 抜粋.jpg






※説明(上)
 TROI2007年実験報告書には、溶融物温度については測定値と補正値の、2つのデータが併記されています。
 東北電力は、TROI実験は3300K程度の超高温で実験が行われており、実際の原発で核燃料が溶融する温度は2600K程度なので、過熱度が非常に大きい実験はあてにならないという趣旨のことを主張しています。
 しかしTROIの第35番実験は、2793Kという、実機とほぼ同じ溶融温度です。東北電力は、溶融温度を「3000度前後」と書き換えた研究者の表を引用しています。これでは、実機とほぼ同じ温度であることが分からなくなります。ただの書き換えや間違いではなく、都合の悪い実験データを改ざんしたものだと言われても仕方がないのではないでしょうか。

※説明(下)
 東北電力の資料では「〜3000」と、そもそも2つの生データが引用されていません。「〜3000」は、「3000度前後」という意味で使われています。フランスのストラスブウル大学の研究者の文献調査報告書に掲載されている表で、東北電力はこれを孫引きしています。

 県の担当者は「引用先が示してある」「正確に引用している」と答弁しましたが、引用先さえ示していれば改ざんされたデータの孫引きでも構わないという理屈にはなりません。
 県の担当者は、同じ資料が原子力規制委員会にも提出されていると釈明しましたが、真実かどうかが問題になっているので、国の規制委員会に提出されたかどうかは正当性の証明にはなりません。むしろ、不正だと判断されれば、規制委員会と県の検討会の2つもの機関を欺いていたということになるのですから、県は本腰を入れて検討会に検証を求めるべきです。

<参考資料
東北電力が配布した資料 =一部のみ抜粋>

東北電力の資料.jpg





 この資料は、8月30日の第19回宮城県女川原子力発電所2号機の安全性に関する検討会に配布されたものです。宮城県のホームページのうち、以下のアドレスから全文をダウンロードできます。
 ダウンロードはこちら右矢印1https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/754710.pdf


190912_a_blog.jpg




続きを読む...
最新記事
検索
検索語句