CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 女川原発の水蒸気爆発防止対策とベントによる放射能汚染を再検討するよう安全性検討会に要請、村井知事に「合格」させないよう緊急の申し入れを行いました。 | Main | 女川原発に26日にも「合格」、東北放送が速報。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
宿泊税、村井嘉浩宮城県知事が導入強行を答弁。修学旅行の減免等を実施すると、これは作戦どおりか。ヒドイなあ。[2020年02月21日(Fri)]
 2月21日は宮城県議会の代表質問の日。
 宿泊税について。自民党の代表質問に答えて、村井知事が修学旅行や部活動等の教育活動に伴い宿泊は幅広く課税免除すること、宿泊税を徴収することになるホテル・旅館等に特別徴収義務者交付金を一定割合で交付すること、会計システムの改修などに要する経費に配慮して交付金を上乗せすることを答弁した。
 村井知事は、自民党県議団や宮城県町村長会が要望した修学旅行非課税等を受け入れず、直前まで妥協しない姿勢を見せていた。「あれは、わざとであって、あとで折れてみせて、反対する世論の全体を抑え込むつもりだろう」と見ていたが、予想通りになった。「結果としてメリットが出る」と、あくまでも強行する姿勢を示した。
 質問者の高橋伸二議員は、初めに「県民の声を聴かない知事」と追及したが、第二問目で、そうではないことが示されたかのように描き出した。「やって良かったという結果を示してほしい」と発言。自民党は、知事と一緒に宿泊税を推進するいうことだね、これは。
 かつて中曽根康弘氏が「羊が鳴かないように毛をむしる、これが税の極意」と発言したが、羊にとって災難であることには変わりがない。

200221_blog.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/949
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句