CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« CAN-Japanが開催した「COP25マドリード会議報告会」−資料と動画が公開されています。 | Main | 岩井孝氏をお招ねきして、女川原発の審査と「合格」の問題点を学びました »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新コメント
QRコード
広島高裁が伊方原発3号機の運転を差し止め。敗北したのは四国電力だが、新規制基準と適合性審査に審判が下された。[2020年01月17日(Fri)]
 山口県東部の住民3人が、四国電力伊方原発3号機(出力89万キロワット、愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審が17日、広島高裁でありました。
 広島高裁第4部(森一岳裁判長、鈴木雄輔裁判官、沖本尚紀裁判官)は、申し立てを却下した2019年3月の山口地裁岩国支部の決定を取り消し、四国電力(高松市)に運転差し止めを命じる決定を出しました。2011年3月の東京電力福島第1原発事故以降、司法による運転差し止めの判断は5例目になるといいます。

 伊方原発3号機は、福島第1原発事故を受けて停止しましたが、原子力規制委員会による新規制基準の安全審査に「合格」し、2016年8月に再稼働していました。
 2019年12月から定期検査に入り、現在は停止しています。
 仮処分はただちに効力が生じるため、四国電力は決定の取り消しを求める保全異議と仮処分の執行停止を高裁に申し立てる方針ですが、4月27日の営業運転の再開は微妙になりました。

 原告は、原子力災害対策指針などで避難計画の策定が義務付けられていない原発から30〜40キロ圏にある島しょ部の住民です。
 決定は地震と火山の2つの争点で住民側の主張を認めたものです。
 地震について、即時抗告審で四国電力は、伊方原発周辺の中央構造線が活断層ではなく、海上音波探査によって最も近い活断層も伊方原発の沖合8キロ地点にあると確認されていると主張。住民側は原発の沖合600メートルにある中央構造線も活断層の可能性があるとし、地震が起きた場合は伊方原発に四電が想定する2〜3倍の揺れが生じるとの意見書を提出していました。
 火山について、住民側は阿蘇カルデラが噴火した場合は火砕流が到達する危険性があると訴えました。判決は、四国電力が想定した火山灰の噴出量の約3〜5倍に上る噴出量の火山灰を想定すべきであるのにこれを想定していないとして、具体的危険性が存在しないとした四国電力の主張を退けました。
 四国西端の佐田岬半島に立地する伊方原発は原子炉が3基あります。廃炉が決まった1号機と2号機は2018年までに運転を終えています。
 3号機については、周辺の山口、大分、松山、広島の各地裁や支部で仮処分申請や提訴が相次いでいます。2017年12月には、広島高裁が火山の噴火リスクを理由に運転差し止めの決定を出しました(その後に四国電力の不服申し立てで決定が取り消されましたが)。

 裁判で負けたのは四国電力ですが、新規制基準と適合性審査が審判を下されたのだと思います。断罪されているのは原発に固執している政治です。「原発ゼロ」をめざす闘いが続いていることが大事です。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/917
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
タグクラウド
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml