CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 初売で賑わう商店街で、総勢14人で2019年の政治革新の事業に臨む決意を訴えました。 | Main | 宮城県の水道運営権売却にストップを! 諸外国の実例を知るDVD上映会を25日に開催 2019年の大きな闘いを呼びかけます! »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
県政レポート第20号ー再生可能エネルギーの妨害でしかない、原発再稼働のための接続制限を取り上げました、給電に関わる情報公開と優先順位のルール厳守を求めることを呼びかけています。[2019年01月02日(Wed)]
 2919年の初めての「中嶋れん県政レポート」をつくりました。通算第20号です。
 表面では、女川原発の稼働の是非に関わる県民投票を求める署名運動の到達点について、市区町村ごとの署名数も含めて紹介しています。
 裏面では、東北電力が12月7日に発表した再生可能エネルギーによる発電の出力抑制を取り上げました。
 再生可能エネルギー発電の接続制限を打ち出したことは、原発がもう不要であること、原発が再エネの妨害物でしかないことを示しています。
 具体的な抑制量を明らかにして計画が妥当かどうかを確認する必要があること、送電に関わる情報をリアルタイムで公開してもらい給電の優先順位が守られているかどうかを検証する取り組みが重要になっていることを述べています。
 何よりも、再エネ潰し=安倍政権の原発固執政策の転換を求める声を大きく広げていきましょう。

●中嶋れん県政レポート第20号は、こちらからダウンロードできます右矢印1190102 中嶋れん県政レポート 第20号.pdf

れんニュース 20号.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/606
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句