CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 女川原発は2019年春に「合格」かー審査から「地元同意」までの手順はこうなる 手順を踏まえて世論と運動の構築を! | Main | ILC(国際リニアコラーダー)は、まず計画の全体像の周知をー文部科学省・有識者会議の「ILC計画の見直しを受けたこれまでの議論のまとめ」(7月4日)が、力説しています。一面的な推進論への静かな警告でしょう。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
質問します。傍聴を。9月4日15時30分から。予算特別委で。[2018年08月31日(Fri)]
 県の対政府要望と財政状況を報告してもらい、来年度予算編成のあり方をただす予算特別委員会で9月4日、日本共産党を代表して質問します。登壇は15時30分からで、質問時間は21分。5階の日本共産党控室に、質問予定原稿と関連資料を用意しておきますので、傍聴する方はお立ち寄り下さい。
 県民の願いである学校の普通教室へのエアコン設置、高校の「35人以下学級」、再生可能エネルギー導入の支援を求めて知事と教育長にただします。
 県が今年度内にまとめようとしている県立高等学校将来構想は、全国でもまれな「高校リストラ計画」につなげようとされており、審議会でも委員から異論が続出しました。県教委は大崎市の東部地域から高校の統廃合を先行させようとしており、中止を強く要求します。
 岩手・宮城の両県が北上山地に誘致しようとしている素粒子研究の実験施設ILC(国際リニアコライダー)は、経済効果だけが一方的に宣伝されていますが、7月4日に公表された有識者会議の「まとめ」で、科学的意義が減り、日本の経費負担を削減する見通しが無いこと、トンネルや地下水の放射化が引き起こされて放射性物質が漏洩する可能性があり、実験終了後も実験設備や空洞を長期間に渡って維持管理しなければならないなどの大きなリスクをともなうことがわかりました。「計画全体の周知」を迫ります。

180831.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/505
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句