CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ

« 日米合同実動訓練=オリエントシールド(東洋の盾)が8月26日から王城寺原演習場で 宮城県に申し入れを行いました | Main | 私は泉区で再選をめざしますー日本共産党が2019年宮城県議選の候補者を第一次発表 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
宮城県の村井知事と高橋教育長に学校の普通教室にエアコンを設置するよう申し入れました。[2018年08月17日(Fri)]
宮城県知事 村井嘉浩様
教育長   高橋 仁様

学校の普通教室等にエアコン設置を求める要望書
2018年8月17日  
日本共産党宮城県会議員団 団長 遠藤いく子

 日頃からの住民福祉の向上及び教育条件整備への取り組みに敬意を表します。
 この夏、宮城県では仙台市で最高気温が37.3℃の新記録に達するなど、記録的な猛暑に見舞われました。名取市・下増田小学校をはじめ県内の学校で熱中症により児童が緊急搬送される事態が発生しましたが、愛知県豊田市では小学一年生の児童が熱射病によって亡くなるという痛ましい事案が発生しました。こうした中で、県立学校の普通教室へのエアコン設置を求める声が、これまで以上に切実な要望として届いています。県議会でも、学校における熱中症に確実な対策を求める意見は超党派の声になっています。
 これまで県教委は、保健室や閉鎖性の高い音楽室等の特別教室にはエアコンの設置を進めてきましたが、児童生徒が一日の大半を過ごす普通教室については優先度が低いとして、先送りしてきました。しかし、この夏の状況を踏まえれば、もはや猶予は許されない課題になっています。本県の約24万人の児童生徒、約2万人の教職員のいのちと健康を守るための財政措置と考えれば、県民の理解は十分得られるものと考えます。
7月20日の文教警察委員会で、高橋仁教育長が普通教室へのエアコン設置について、従来の考え方を変えなければならないという認識を示しましたが、緊急に以下の項目について、要望するものです。


1、県立学校の普通教室へのエアコン設置について、早急に計画を策定し順次進めること。
2、国に対して、@エアコン設置に関わる補助率を1/3から1/2に引き上げるとともに補助対象を拡充すること、A来年度予算での対応はもとより予備費の充当または補正予算により今年度内に予算措置をとること、B補助対象になっていない高等学校を補助対象に加える―等の予算拡充を求めること。
3、全国の低位にとどまっている市町村立小中学校のエアコン設置を支援すること。
以上


タグ:#エアコン
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/489
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句