CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ

« 宮城県立美術館と東北歴史博物館 障害者も付添者も常設展が無料になりました。 | Main | 憲法改悪ストップ署名こそ、シビリアンコントロールを取り戻す力、圧力一辺倒の間違った北朝鮮外交を正す力、森友徹底究明と安倍政権退陣を迫る力ー4日で泉区を一巡 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
日本共産党宮城県会議員団が「東日本大震災記録集」をつくりました、7年間の調査、申し入れ、8人の議員の手記を掲載。[2018年04月06日(Fri)]
 「東日本大震災記録集―宮城県議団の活動」は、発災害から7年間に日本共産党宮城県会議員団が行った活動を記録した冊子で、A4版156ページ。
 第1部は「県議たちの手記」で、8人の議員が発災時からの7年を振り返って、それぞれの「震災活動日誌」などを寄せています。私の約5000字の手記も、4ページにわたって掲載されています。
 第2部は「被災地の現状と復興の課題」で、遠藤いく子・県議団長が雑誌『議会と自治体』(2018年4月号)に寄稿したものを、同志の了解を得て一部加筆して、収録しています。
 第三部は、「党県議団の申し入れ・見解等」を収録した資料編です。発災直後の2011年3月13日に村井嘉浩・宮城県知事に提出した緊急要望に始まり、大川小学校の訴訟問題への対応に関わって『宮城県は学校防災に関わる責任を認めて和解することを求めます』とした見解(2016年11月11日)までを収録しています。
 第4部は、この7年間の党県議団ニュースで、発災当時2人だった議員が2011年10月の選挙で4人に倍増し、2015年10月の選挙で8人にさらに倍増して、復旧復興に関わる質問時間も活動内容も飛躍したことが記録されています。
 宮城県内の各団体にお届けするほか、全国の日本共産党の各都道府県議員団などに資料として発送しました。
 ご希望があれば、ご連絡ください。

180406.jpg
タグ:#大震災
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/416
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句