CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 女川のような沸騰水型原発は放射能を閉じ込める力が加圧水型より弱い、原子力規制委員会は放射能を「閉じ込める」から「放出する」に大転換した、安全対策の「切り札」=フィルターベントは有名無実だー私の追及が宮城県議会のホームページで公開されました | Main | 宮城県が竹の内産廃処分場(村田町)周辺住民に焼却炉の早期撤去を約束―昨年9月議会の質問が生きました。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
「みやぎ生協」との懇談で、暮らしと地域を支える県の施策の資料を配布し、説明しました[2018年02月02日(Fri)]
 みやぎ生協は、毎年、各行政区ごとに宮城県議会議員と懇談会を開催していますが、泉区選出の宮城県議会議員に招きがあり、1月27日の13時から泉区の地域担当理事およびメンバーのみなさんと懇談しました。
 今年度の懇談は「誰もが安心できる地域づくり」をテーマの中心に置いていて、信号機の設置など、泉区内の具体的な要望を提出していただきました。
 私は、保健福祉部の社会福祉課と教育庁義務教育課の情報をまとめて、市町村ごとの実績がわかる資料にして暮らしを支える県の施策に関わる資料を配布し、説明しました。

<資料にあるのは、以下の項目です>
・宮城県における生活保護の状況
・生活困窮者自立支援制度の概要と宮城県の実施状況
・子どもの学習支援や子ども食堂・フードバンクを支援する事業などの子どもの貧困対策
・就学援助の実施状況
・被災者児童生徒就学援助
・県独自に始めた小学校入学準備支援
・被災地域福祉事業等について。

 参考までに、配布した資料はこちらからダウンロードできます
 右矢印1
180127 みやぎ生協との懇談会で配布した生活支援に関わる施策の資料.pdf

180127_blog3.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/399
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句