CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 教育計画に歪みをもたらしている農業教育の「還元金方式」の改善を求めました | Main | 返済が本格化しつつある災害援護資金ー生活再建が困難な被災者への対応を急ぐよう提案しました。具体的な相談をお寄せください。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
漁民の声を聞け!−養殖漁業への新規参入を図る高木委員会に、塩釜市の事業者が苦言[2017年12月21日(Thu)]
 塩釜市で海藻の養殖や水産加工品販売を手掛けている事業者が、水産業情報を扱う日刊新聞「みなと新聞」(12月20日付)に、水産業の規制改革を進めようとしている日本経済調査協議会の第2次水産業改革委員会(通称:高木委員会)に苦言を寄稿しました。
 「海に出て議論をしようではないか」とは、「漁民の声を聞け!」ということだと思いました。

●「みなと新聞」(12月20日付)
 寄稿のダウンロードはこちら ⇒171220 みなと新聞.pdf

171220_blog.jpg
タグ:#水産特区
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/387
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句