CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 非正規職員の大量「雇い止め」−東北大学の異常な計画に退職した教職員がアピール | Main | 視覚障害のある乳幼児の早期療育と盲学校幼稚部を調査し考えました »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
女川原発の安全対策は機能する保障がないー「脱原発をめざす宮城県議の会」が11月27日に勉強会[2017年11月05日(Sun)]
 女川原発は、事故を起こした福島第一原発と同じ型式の沸騰水型原発です。沸騰水型は、格納容器が加圧水型より小さく、放射能を閉じ込める力が劣るので、原子力規制委員会は加圧水型原発の再稼働を先行させてきました。
 後回しにしていた沸騰水型について、原子力規制委は、フィルター付きベントや代替循環冷却装置等を設置したら審査に「合格」させようとする動きを見せています。女川原発の安全性が確保されているのかどうか、重要な論点に浮上しています。
 そこで「脱原発をめざす宮城県議の会」(佐々木功悦会長、4会派19人)は、原子力研究所出身の舘野淳氏(元中央大学教授、核燃料化学)をお招きし、11月27日(月)に勉強会を開催します。
 会場は宮城県議会1階の第一応接室です。
 本会議の終了後の15時30分頃からの開会を予定しています(17時に終了予定)。
 宮城県議会議員のための勉強会ですが、傍聴が可能です。希望する方は、同会事務局長の岸田清実議員(社民党)まで、お問い合わせください。

 チラシはこちら
右矢印1171028 案内チラシ(舘野淳さん)11月27日.pdf

171105_blog.jpg
タグ:#女川原発
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/375
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句