CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ

« 女川原発再稼働の差止を求める裁判ー避難計画の実効性を争う 住民側が調査嘱託を申し立て 裁判所の判断が注目される展開に。 | Main | 公約実現と野党共闘発展の決意ーきょうの早朝宣伝 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
原油高騰の影響を大きく受ける市民生活と事業者を支える施策をー党仙台市議団が郡和子仙台市長に要請[2021年11月11日(Thu)]
 原油高騰の影響がさまざまに表面化しています。日本共産党仙台市議団の11月10日の申し入れを紹介します。

原油高騰により影響を大きく受ける市民生活と事業者を支える施策を緊急に講じるよう求める要望書
 仙台市長  郡和子様
 2021年11月10日 日本共産党仙台市議団

 新型コロナの感染防止対策をはじめ、109 万市民のいのちとくらしをまもり、生業を支える取り組みに日々ご尽力いただいていることに深く敬意を表します。
 原油の国際価格の高騰に歯止めがかからない中、市民生活や地元中小事業者の生業に深刻な影響を与えています。本市の灯油価格は、11 月 1 日現在、みやぎ生協の宅配灯油 18 リットル 1944 円で、昨年よりすでに 450 円以上高い水準となっています。ガソリンも東北 6 県平均で 1 リットル当たり 166 円を超える高値が続き、さらに、食料品の相次ぐ値上げや電気料金など光熱水費の引き上げが家計を圧迫しています。また、農家や漁業者、運送業者、クリーニング業など燃油を大量に使う業者をはじめ、昨年来のコロナ禍にあえぐ地元業者の方々からも悲鳴の声が上がっています。
 これから本格的な寒さを迎える中、学校や児童館、公共施設への暖房代が予算編成時の水準で十分賄うことが出来るのかも強く危惧するところです。
 本市では、2007 年 12 月に当時の梅原市長が臨時議会を招集し、生活保護世帯や非課税世帯、福祉施設等に灯油代を助成する市独自の福祉灯油を実施しました。灯油代はこの時よりもすでに 18 リットル当たり 100 円近く高くなっており、しかも当時はまだ消費税率は5%でした。働く人の賃金は上がらない中、原油価格の高騰による市民のくらしや営業に対する打撃はより深刻です。こうした経緯を踏まえ、一刻も早く市民生活と生業支援策等を講じるよう以下求めます。

1、 生活保護世帯や低所得世帯、ひとり親、高齢、障害者世帯等への福祉灯油制度を実施
すること
2、 地元中小業者に対する燃料費助成制度を創設し、実施すること
3、 学校、児童館等市の施設の暖房代を十分確保することとあわせ、民間の福祉施設など
の暖房費への助成を行なうこと
4、 市営バスをはじめ、民間バス事業者、タクシーに対する支援策を講じること
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1175
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句