CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ

« 水道民営化 企業が「純利益92億円」と見込み 実際はもっと! | Main | 皆既月食ー仙台市青葉区一番町の事務所から仰ぎ見ました。20時19分です。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
心配な情報ですー抗体(免疫)が新型コロナの感染性を高める。変異株の動向を把握すること、新しい知見をフォローしていかなければ。[2021年05月25日(Tue)]
 「毎日新聞」に25日、コロナ重症化促す「感染増強抗体」発見という記事を掲載しました。
 大阪大学微生物病研究所がリリースして、昨年末にプレプリントサーバに載っていた論文が雑誌「Cell」に掲載されたというニュースですが、中味が非常に気になります。
 抗体依存性感染増強(ADE)は、ワクチンの接種などにより起こりうる現象で、ウイルスなどから体を守るはずの抗体が、免疫細胞などへのウイルスの感染を促進し、その後、ウイルスに感染した免疫細胞が暴走し、あろうことか症状を悪化させてしまうという現象です。
 デング熱の感染が問題になった時のニュースで、ADEという現象がデング熱ワクチンを開発する上で困難の一因になったことを知りました。
 抗体依存性感染増強という現象が新型コロナでも起こりうるとすれば、今後に出現する新たな変異株と普及が進んでいるワクチンとの関係がどうなるかが心配です。遺伝子検査の体制を整備して変異を追跡するすることが重要だと思われます。新型コロナに関する新しい知見に注目し続けなければならないとも思います。

●大阪大学微生物研究所のサイトに掲載された記事は以下のとおり。
 新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見
 大阪大学の荒瀬尚教授を中心とした微生物病研究所・蛋白質研究所・免疫学フロンティア研究センター・感染症総合研究拠点・医学系研究科等から成る研究グループは、COVID-19患者由来の抗体を解析することにより、新型コロナウイルスに感染すると感染を防御する中和抗体ばかりでなく、感染性を高める感染増強抗体が産生されていることを初めて発見した。
 新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の受容体結合部位(RBD、※1)に対する抗体は、ヒトの受容体であるACE2(※2)との結合を阻害することにより、新型コロナウイルスの感染を抑える中和抗体として重要な機能を担っている。一方、スパイクタンパク質の他の部位に対する抗体の機能は不明だった。
 本研究成果により、新型コロナウイルスに感染すると中和抗体ばかりでなく、感染を増強する抗体が産生されることが判明した。さらに、感染増強抗体が産生されると、中和抗体の作用が減弱することが判明した。中和抗体はRBDを認識するのに対して、感染増強抗体はNTD(※3)の特定の部位を認識することが明らかとなった(左図)。また、感染増強抗体は重症患者で高い産生が認められたほか、非感染者でも感染増強抗体を少量持っている場合があることが判明した。

●大阪大学微生物研究所→該当する記事はこちら

顕微鏡写真 新型コロナウイルス.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1144
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句