CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 水道民営化ストップ! 6月15日〆切で団体署名・個人署名・インターネット署名が呼びかけられました。市民集会ーリアルで45人、リモートで77カ所から参加。コロナ禍で市民運動が新スタイルで発展。 | Main | 中国問題とどう向き合うかー「日本国民に危険と負担をもたらす軍事同盟強化の道に反対する」 日本共産党が「日米首脳会談について」声明 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
福島原発の処理水の海洋放出はやるべきではない―村井知事に海洋放出反対を表明するよう緊急要請。[2021年04月09日(Fri)]
 福島原発処理水の海洋放出を決定しようとする動きが急です。16時30分から、宮城県の村井嘉浩知事に反対表明を求めて、日本共産党が緊急要請を行いました。要請文は以下のとおりです。

東京電力福島第一原発汚染処理水の海洋放出に反対表明をするよう求める要望書
          2021年4月9日
  日本共産党宮城県委員会 委員長 中島康博
  日本共産党宮城県会議員団 団長 三浦一敏

 東京電力福島第一原発汚染処理水の処分方法をめぐり、菅義偉首相が4月7日に全国漁業協同組合連合会の岸宏会長と会談し、その後の記者会見で、近日中に判断する考えを明らかにしたこと、また、村井知事は、梶山経済産業相から連絡があった際に、海洋放出への自身の姿勢については明言を避けたことが報道されました。
 政府は、風評被害対策について「国が前面に立って取り組む必要がある」と言っていますが、原発事故から10年経った今でも、福島県や宮城県の海産物に対する風評被害は払拭されておらず、その対策がいかに困難であるかは既に実証済みです。同時に、水産業界は不漁やコロナ禍での需要減、魚価の下落など、大変、厳しい状況に直面しています。この上に海洋放出をすれば、復興途上にある宮城県の漁業や水産加工業及び観光業などの打撃は大きく、地域経済のますますの低迷につながりかねません。
 日本科学者会議は、「放射能濃度を薄めれば海洋放出してよいとする方針は、地元のみならず国際的な海洋汚染防止の観点を無視した乱暴な考えである」と海洋放出に反対しています。また、宮城県議会では、海洋放出を行わないよう求める意見書や要望書を再三にわたって国や東京電力に提出してきました。
 よって、知事におかれましては、東北の海を守り、宮城県の漁業や水産加工業、観光業など地域経済を守るために、以下について強く要望します。

1.福島第一原発の汚染処理水の海洋放出について、知事として明確な反対の意見表明を国に対して行うこと。

210409_b_blog.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1137
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句