CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 「福島第一原発事故10年の再検証ー原子力政策を批判し続けた科学者がメスをいれる」がいよいよ発売に。 | Main | 日本共産党 ILC(国際リニアコライダー)誘致の見直しを求める。岩手県議団が、学術会議の提言をふまえるよう達増知事に要請。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
契約予定者(優先交渉権者)が決定ー宮城県の水道民営化、一社に上下水道を独占させる道にのめり込むことは許されない。[2021年02月24日(Wed)]
きょう開催された宮城県のPFI委員会(有識者検討委員会)が、宮城県の上水道・工業用水道・下水道の事業運営権を民間に売却する件について、応募があった3グループから1事業者を絞り込む最終選考を行い、1グループに絞り込みました。
 PRI委員会は、これから答申書の作成に入り、3月に宮城県の村井嘉浩知事に報告。県の幹部で構成する財政政策会議で了承し、村井知事が優先交渉権者を決定。知事は、6月の宮城県議会に契約議案を提出する予定です。
 水道法の改定(2018年)は、水道の広域化と民営化をセットで推進するもの。宮城県の民営化は、県の事業を手に入れる事業者が市町村の水道・下水道を手に入れることに道を開き(「任意事業」という名目で)、県が広域化計画をつくってこれを推進しています。浄水場から蛇口まで、下水道に至るまで、一社に独占させる道を開こうとしています。
 闘いは正念場を迎えています。

210224_blog.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1126
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句