CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ

« 公的3病院の統合にストップを! コロナ禍の中ではとくに許されない! | Main | 第1回は9人で。序言・序文から、資本論刊行の経過、マルクスが第1巻に込めた思いを振り返りました。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
「資本論を読む会@仙台」 12月12日から、いよいよスタート。[2020年12月09日(Wed)]
 「資本論を読む会@仙台」をスタートさせます。第1回は、12月12日(土)18時から、会場は仙台市青葉区の旭ヶ丘市民センター第2会議室です。
「3密」を避けるために、広めの会場を予約しました。マスクは必ずご持参ください。
 会場費を参加者みんなで負担することをご了解ください(均等割です)。
 テキストは新日本出版社の「新版 資本論」を使用します。
 参加は自由。レポーターは、参加者が交代で務めることにしています。「参加したい、でもレポーターは遠慮したい」という人も、参加できますので、ご連絡ください。
 1月は第2土曜日ですが、その後は原則として毎月1回、第1土曜日に開催する予定です。 全12分冊を3年前後で読み終わる計画です。
 第1回は、第1分冊の「序言・序文」です。事前に判例と序言・序文の5つの文献に目を通してご参加いただければ幸いです。資本論の成り立ちを振り返り、序言・序文の5つの文献がどの時期に何を目的に書かれたか、その概要を確認して、お互いの理解を話し合います。
 さあて、12分冊すべてを読了するまで、続くかなあ(笑い)。みんなで励まし合って、続けたいと思っています。

19201080-thumb-400xauto-28038.png
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1105
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句