CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 異常だ! 姿のない総理インタビューなんて! | Main | 女川原発の再稼働に賛成はできない―自民党の当選8回の議員が苦悩の表明 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
新型コロナ禍のもとでの障がい者の支援と権利擁護をどうするかー日弁連が連続学習会をオンラインで、第1回が10月20日に開催[2020年10月06日(Tue)]
 日本弁護士会連合会が「高齢者・障がい者分野における新型コロナウイルスに関する連続学習会」を企画し、10月20日に「第1回 ウィズコロナ時代の障害福祉サービスの現場で起きている課題 〜障がい者の権利擁護の視点から〜」が開催されます。
 新型コロナウイルスの感染拡大により、高齢者・障がい者支援の現場では、福祉サービス提供の停止や面会制限、外出制限がされるなど、支援体制に大きな影響が生じています。
 そこで日弁連は、国の施策に詳しい講師を迎えて、障がい者支援の現場でどのような問題が生じているのか、それに対して国ではどのような施策が取られているのかを学び、新型コロナウイルスの感染が続く中で障がい者の権利擁護を図っていくためには、どのような対応が必要かを考えるため、本学習会を企画したものです。

 第1回は2020年10月20日(火)17時〜19時
 講演:「ウィズコロナ時代の障害福祉サービスの現場で起きている課題 〜障がい者の権利擁護の視点から〜」
 講師:又村あおい氏(一般社団法人全国手をつなぐ育成会連合会常務理事兼事務局長内閣府障害者差別解消法アドバイザー)
 当日は、他にも福祉現場の専門職からの講演や、講師と弁護士によるパネルディスカッションが予定されています。

右矢印1日弁連のサイトはこちら

seminar.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1084
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句