CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ
日本共産党宮城県委員会政策委員長。
シエルの会(自閉症児の親の会)会長。
原発問題住民運動宮城県連絡センター 世話人。
東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター事務局次長。
青森県むつ市大畑町生まれ。青森高校、東北大学理学部物理学科卒。
« 地道に農林水産業や観光などの振興に取り組むことが大事ー「ILC誘致を考える会」代表が、「地域振興」のあり方からILC誘致推進運動を批判 | Main | 原発問題住民運動宮城県連絡センターが県議会の傍聴を呼びかけるニュース »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
福島原発・生業訴訟 控訴審でも国の責任を認定。女川原発の再稼働を鋭く問う画期的な勝利判決。[2020年09月30日(Wed)]
 生業を返せ、故郷を返せと、福島第一原発事故の責任を追及している福島生業訴訟は控訴審でも画期的な勝利をかちとりました。
 9月30日、宮城県民会館で開かれた報告集会に参加しました。
 責任逃れを図った国の主張は、ことごとく退けられました。賠償額が大幅に引き上げられ、提訴していない人にも救済の道があることが示されたことは、このあとの闘いに大きな展望を開いたと思います。
 女川原発も、重大事故の危険が無くならず、被害は巨大で長期に及び、回復のメドはなく、補償の道も用意されていません。重大事故のリスク評価が不可能で、再稼働の可否を目先の経済的利益と比較すること自体が誤りです。女川原発を再稼働させることの愚かさを鋭く問う判決です。
 判決前の三角公園で、原発問題住民運動全国連絡センター筆頭代表の伊東達也さん、代表世話人の早川篤雄さんに、久しぶりにお会いすることができました。

200930_d.jpg


















200930_c.jpg


















200930_a.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1080
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新記事
検索
検索語句