CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
中嶋れん(日本共産党 前宮城県議会議員)のブログ

« 強く大きな党をつくる思いー雑誌『月刊学習』に掲載していただきました。 | Main | 政権交代を! 「原発ゼロ」への転換を! 今日は南光台の路地裏で話しかけてみました。 »
プロフィール

中嶋廉のブログさんの画像
中嶋廉のブログ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
リンク集
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
https://blog.canpan.info/renn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/renn/index2_0.xml
高レベル放射性廃棄物は「増やさない」「埋めない」ー科学に反する政治は許されない。[2020年09月27日(Sun)]
 高レベル放射性廃棄物の地層処分、資源エネルギー庁が2017年に公表した「科学的特性マップ」についての問い合わせがあります。
 地学団体研究会が昨年4月に刊行したブックレット 「高レベル放射性廃棄物」はふやさない、埋めない−「科学的特性マップ」の問題点−は、みんなで学ぶのに適した文献だと思います(写真)。在庫を地学団体研究会にお問い合わせください。

「核のゴミ」をどうしたらいいか、については日本学術会議が提言を行っています。
 文献名をリンク先をつけて紹介します。
●日本学術会議の原子力委員会への回答
 高レベル放射性廃棄物の処分に関する政策提言−国民的合意形成に向けた暫定保管(2012年9月11日)
●日本学術会議 高レベル放射性廃棄物の処分に関するフォローアップ検討委員会
 (提言)「高レベル放射性廃棄物の処分に関する政策提言−国民的合意形成に向けた暫定保管」 (2015年4月28日)

 日本地質学会の声明「高レベル放射性廃棄物の地層処分について」(2012年11月22日)でも、「知見を蓄積していくことが不可欠」と指摘しています。検討課題が多く、拙速に進めるべきではないという見地が共通しています。政府が、これらの見解を無視して、科学に反する政策を強引に進めていくことは許されないのではないでしょうか。

200927_a.jpg
この記事のURL
https://blog.canpan.info/renn/archive/1076
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
石巻市議会の宮城県への採択について
お世話様です。
先日は署名お疲れさまでした。
今日テレビにて石巻市議会の女川原発再稼働の採決と県議会での審議状況が報道されました。
石巻市議会の議員たちは福島の惨状をもう忘れたのでしょうか?
いくら避難道路が整備されようが、一度女川原発に自然災害や事故によって被害が及んだ場合、女川は元より石巻、仙台市、宮城県全体が住むことすらできなくなります。被害の規模は福島の比ではありません。
石巻市議会の目先の経済効果、石巻の活性化などというバカげた採択は腹ただしい限りです。
あの石巻市長は何を考えているのでしょうか?
そしてあの議員たちは周辺住民の事は考えているのでしょうか?
何とか再稼働を止めなければなりません!

Posted by:三笘寛  at 2020年10月02日(Fri) 19:15

最新記事
検索
検索語句