CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年12月10日

仮住まい撤去

新居への引っ越しを終えた翌日の7日から、早速、5か月の仮住まいを支えてくれた仮設の部屋を作っていた地域交流ホーム"れい明会館"ホール内を、原状回復のため、設置した建築業者さんに撤去作業に入ってもらいました。



さすがに手際良く、見る見るうちに解体されていき、丁寧にバラされた資材は本会の管財科で保管して、これからのグループホームや生活寮の修繕時などに利活用されていきます。



3時ころにはすっかり片づいていました。今後は破損個所などの修繕に入り、暖房機が設置されると再び依然と同じような利用が可能な状態になります。



昨日9日午後より法人本部と共働の家で北海道後志総合振興局からみえた担当者の方により、国・道補助金交付事業のため建物完成検査を受けました。
posted by 古平福祉会れい明の里 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業報告
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック