• もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
【活動報告】『女子限定』web発達障害当事者の会R4.11.19 [2022年11月25日(Fri)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者と保護者、不登校や学校に行きづらい子どもと保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるスタッフ、大人の発達障害当事者の会担当、宮本です。  
NPO法人らぽーるでは、子どもだけではなく、大人の発達障害当事者会をオンラインで毎月開催しています。

今日は、11月19日土曜日に開催した、【女子限定】オンラインの当事者女子会の報告を致します。直前に体調不良等の理由でキャンセルが相次ぎましたが、リピーターさんと初参加の方、計五名でお話をする事が出来ました。
今回はお子さんのいらっしゃる方が多く、自分の特性を子どもに伝えるタイミングは?という迷いも聞かれました。また、今していることより目の前の事に意識が向いてしまい、直前までしていた行動を忘れてしまったり、学校や職場等へ提出する大切な書類が行方不明になる、買い物に来て車の駐車位置を忘れてしまうなど困り事を挙げ、それに対する自身の思いや考え・工夫点や共感を、他の参加者から述べて頂きました。
発達障害という共通点はありますが、皆さんの背景や生活環境、特性も様々。その中で女性ならではの悩みや思い、それに対する知恵や工夫点を出し合いながら話すことで、互いに「イイですね!」「それ、私も試してみます!」と楽しくやり取りが出来、時間を忘れて話に熱中してしまう場面もありました。

ご参加下さった方、ありがとうございました。

次回の女子限定オンライン当事者会は、来年2月に開催予定です。詳細は後日らぽーるHP 、Facebook、Twitterアカウントなどでお知らせします。
なお通常のオンライン当事者会は次回、12月17日(土)14:00からを予定しています。

らぽーるでは通常の会も含め、オンライン当事者会は月1回開催しています。オンライン会は、前もってZOOMをインストールする事が必要です。詳細は申し込み時の返信メールにてご確認下さい。
【活動報告】DVD学習会 [2022年11月20日(Sun)]
11月18日(金)、「発達障害のある子の人付き合い」をテーマにしたDVD学習会を行いました。
参加者は4名でした。

IMG_5124.JPG

第一部は、言語聴覚士の村上由美先生の講演、第二部は「平岩先生(小児科医)と村上先生の対談」を視聴しました。

言語聴覚士の村上先生は、支援者でもあり当事者でもある方なので、ご自身の経験、体験談を交えながら、発達障害のある子のコミュニケーションについて、学校のこと、生活上のこと、ライフスキルについてなど、分かりやすく実践的な内容の講演でした。


参加者の感想です。(掲載可の方)
○村上先生のはなし分かりやすかったです。絵や写真のあるDVDがみたいです。
○当事者ならではの感じ方、見える世界で説得力がありました。色んな事を経験するのが大事だと思いました。対談も引き込まれる内容でした。
○当事者・支援者・家族として具体的なお話、とても参考になりました。息子に置きかえて考えてみると、そういうことか、と息子の世界を知ることができました。私も適切な対応ができるよう、理解していきたいと思います。
〇講師の方が当事者で、支援者で、家族でもあるというお話で、私にとっては不思議な感覚の中に居たような感じがしました。そしてそんな感覚を体験して、支援者として、どのように接したらいいか少しわかった気がしました。学ばせて頂いて感謝です。
【活動報告】発達障害保護者のおしゃべり会 [2022年11月14日(Mon)]
11月14日(月)、呉市にある「こかげ広場」で、おしゃべり会を開催しました。
今回のテーマは「先輩保護者の話を聞いてみよう」
高校生と、社会人の保護者であるスタッフ2名が主催しました。

参加者は小学生〜高校生のお子さんを持つ保護者の方達。
スタッフだけではなく、参加した保護者同士でも情報交換を行い、参加者それぞれが質問をし、情報交換を行いました。

IMG_5121.JPG

参加者の感想です。(掲載可のもの)
○普段子どもについて話すことがないので、この場では自由に話せることができ、心が楽になりました。情報交換もでき、良い時間を過ごせました。ありがとうございました。
○近い将来のことを考えながら、今日もお話を聴かせていただきました。たくさんの情報やお話、とても参考になります。心の安定や支えにもなります。ありがとうございました。
○通信制高校の情報など、いろいろ教えていただきとても参考になりました。久しぶりに人とお話しすることができ、共感するお話もあり、ありがたかったです。

ーーー
参加していただいた皆さま、ありがとうございました。
次回は1月16日(月)に開催予定です。
【活動報告】大人の発達障害当事者茶話会 R4.10.30 [2022年11月09日(Wed)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるスタッフ、大人の発達障害当事者の会担当の、宮本です。
NPO法人らぽーるでは、子どもだけではなく、発達障害を持つ大人当事者の方達が集まれる会を毎月開催しています。

今回は10月30日(日)に開催しました、対面当事者会の活動報告です。
リピーターさんと初参加の方、計五名でお話をしました。
まず自己紹介から始め、初参加の方から仕事の事や通院・服薬の事など気になる事を挙げて頂き、それに対する思いや考え・共感を、他の参加者から述べて頂きました。
発達障害という共通点はありますが、背景や生活環境、特性も様々。開会当初、初めての方が多かった為か、やり取りにぎこちなさが見られましたが、互いの話に耳を傾け、共感出来る点に頷く事で次第に話が弾んでいる様子でした。

今回、参加して下さった皆様のご感想は以下の通りです(掲載許可頂いた方のみ掲載しています)。

・発達障害当事者としては、こういう自助会には積極的に参加したい。でないと忘れてしまいそうで...。

・参加者の皆さんが非常に共感してくれるいい雰囲気でした。

・用事があって遅れての参加となりましたが、途中までの話の要約を聞かせて頂いたので、話の流れに溶け込みやすかったです。

・最初は上がっておりました(初めて、初対面の方)。が、すぐ楽になりました。同じ仲間、感で共有できるのはありがたいと思いました。

・2時間くらいの時間は、私にとってはbetterです。

・要望があるとすれば(開催)回数を増やせないだろうか…。

ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。

大人の当事者会は月1回、日曜日の午後開催ですが、11月は女性限定の『女子会』として開催致します。そのため、次回は12月25日(日)13:30〜16:30に開催予定です。
場所は、JR新広駅そばの広市民センター4階の協働センターで、 公共交通の便も良く、駐車場もございます。(『新広』駅です。広駅と混同しやすいので、駅名にご注意下さい。)
8人ほどの少人数で、適度な距離を保ちつつ、のんびり、ゆったり、楽しいひと時を皆様と共有できたら幸いです。
【活動報告】web発達障害当事者の会R4.10.22 [2022年11月09日(Wed)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者と保護者、不登校や学校に行きづらい子どもと保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるスタッフ、大人の発達障害当事者の会担当、宮本です。  
NPO法人らぽーるでは、子どもだけではなく、大人の発達障害当事者会をオンラインで毎月開催しています。

今日は、10月22日(土)に開催したオンラインの当事者会の報告を致します。 
有難い事に、全国各地より多くの方が参加して下さいました。最初に自己紹介を私、その後参加者の皆様順に『ハンドルネーム』『自己診断名(医師診断ではなく自分が思う診断名)』、『お住まいの地域(都道府県)』『近況報告(最近あった良い事など)』を話して頂き、スタートしました。
リピートして参加して下さる方、初めての方それぞれの思いが伺えるようにと、チャット機能を使いながら進めていきました。
自身については、他の疾患から発達障害では?と医師に言われた方や、家族、あるいは周囲から指摘されたり、違和感を感じて気づいた方が多いようでした。特に初参加の方で「何をやっても上手くいかない」「皆が出来る事が出来ないのは自分だけ」と思い込んでいたのが、チャットを通じて「自分にも似た事があった」「私だけじゃなかった」と気づけたと仰る場面もあり、またチャットの話題が尽きず盛り上がり過ぎて、困り事と工夫→歩く掲示板→視界に見えないもの=無い物→脳と対話、と話題があちこち変わったり、時間をオーバーしてしまいました。最終的には、互いに出しあった工夫や方法を、他の方が早速役立てたり、とても有意義なひとときを過ごす事が出来ました。

ご参加下さった方、ありがとうございました。

次回オンライン当事者会の予定ですが、11月は女性限定の『女子会』の為、通常の会は12月17日(土)14:00〜16:45に開催予定です。詳細はらぽーるHP 、Facebook、Twitterなどでお知らせします。

オンライン当事者会は月1回開催しています。なおオンライン会は、前もってZOOMアプリをインストールする事が必要です。詳細は申し込み時の返信メールにてご確認下さい。
【活動報告】web発達障害当事者の会R4.9.10 [2022年11月08日(Tue)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者と保護者、不登校や学校に行きづらい子どもと保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるスタッフ、大人の発達障害当事者の会担当、宮本です。  
NPO法人らぽーるでは、子どもだけではなく、大人の発達障害当事者会をオンラインで毎月開催しています。

遅くなりましたが今日は、9月10日(土)に開催したオンラインの当事者会の報告を致します。 
今回も、新規の方が多く参加して下さいました。まず私から自己紹介をし、続いて参加者の皆さん順に『ハンドルネーム』『自己診断名(医師の診断ではなく自分が思う診断名)』、『お住まいの地域(都道府県)』そして『近況報告(最近あった良い事など)』を話して頂き、スタートしました。
参加された方の中に、これまでの経験から言語(音声)でのやり取りが苦手と感じる方がいらしたので、時折チャット機能を使いながら進めていきましたが、その中で参加者の方が、これまでの主治医や周囲の方とのやり取りで《「孤独」になるのは良いが「孤立」はしない事が良い。》《話の場で黙っていられる人は品のある人》など、心に残る言葉をいくつか挙げて下さいました。
終わり頃に、言葉のやり取りでの意図の行き違いがあり、また身体的な事情や、時間の都合等で途中退席なさった方も居らっしゃいましたが、多くの話題を共有する事が出来ました。
ご参加下さった方、ありがとうございました。

次回オンライン当事者会は10月22日(土)14:00〜16:45に開催予定しています(11月は女子限定の会です)。詳細は後日らぽーるHP 、Facebook、Twitterなどでお知らせします。

オンライン当事者会は月1回開催しています。なおオンライン会は、前もってZOOMをインストールする事が必要です。詳細は申し込み時の返信メールにてご確認下さい。
【活動報告】学校に行きづらいお子さんを育てておられる保護者さんの茶話会R.4 8月9月10月 [2022年11月05日(Sat)]
こんにちは、NPO法人らぽーるの長尾です。

少しずつですが朝晩冷えるようになり、秋の訪れを感じるようになりました。
地域の秋祭りも今年は開催されるところが増え、一気に人々の賑わいが戻ってきましたね。

さて本日は、学校に行きづらいお子さんを育てておられる保護者さんの茶話会のご報告をさせて頂きます。

現在は保護者さん達が主催されておられるので、私は会の様子はお伝えできないのですが、ご感想を下に書かせて頂きますね。(掲載許可のあるもの)


8月25日(水)
・他のお母さん達はどのように思い、生活をしているのかを聞くことができて、色々学びました。ありがとうございました。

・揺れる自分を受け入れて←今日の気づき
 自分を赦してあげていい
・・・・・・・・・・・・・・

9月29日(水)
・不登校が始まって1年半
息子との関わりも含めて、夫のかかわりも変えていく必要があることを改めて認識しました。

・じっくり話しができました。
本心を話す事が出来て、自分を見つめなおすことができました。
今日も親が成長できる場となりました。
・・・・・・・・・・・・・・

10月19日(水)
・久しぶりに話ができて嬉しかったです
お話していると子供が成長しているのが実感できました。

・他の方の状況を聞くことができて勉強になりました。
取り組まれていること、工夫されている事、取り入れている事が聞けて参加してよかったです。
・・・・・・・・・・・・・・

色々な思いや気持ちを茶話会で出すこと、他の方にその気持ちを聞いてもらうこと、話をしたことで必要のない気持ちなどを手離せたこと、それによりいっぱいだった心にスペース(余裕)ができて、また新たな気持ちで毎日を送れるようになられているように感じます。

同じ立場の方のお話は、共感できて、より深い癒しが生まれるのではないでしょうか?

他の方の話を聞くことも、ご自身と比較ができて、その比較が決して悪いものではなく、励ましになっているように感じます。

仲間と言ったら表現が軽すぎるかもしれません。
辛い思いを共有し合える同志と言った方がよいかもしれませんね。

決して辛いことばかりではありません、日々お子さんとの関係の中でご自身やお子さんの成長を感じられていることも茶話会開催の意味があるようにも思いました。


私自身も不登校の子どもを二人育てましたが、その真っ最中は先が見えない辛さがありました。
いつになったら、このトンネルから抜け出せるのだろう?
誰か教えてーーー! と何度も思いました。

いつ抜け出せるかは、誰も解りません。
それでも、自分を信じて、お子さんを信じて
いつかはトンネルから抜け出すことができます!!

抜け出す日、その日を信じて、そばで見守っています。