CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
子どものこころサポート動画のご紹介 [2020年04月29日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

今日は4月29日、本来なら呉市では「くれみなと祭り」が開催されています。
他市でも同じようにイベント開催されていたのでしょうが、現在日本各地でコロナウイルス感染予防のためにイベントは自粛されています。

感染拡大のために国民が力を合わせて頑張っていますが、多くの方が「がまん」や「不便」そして「しんどい」思いをされているのではないでしょうか。そして、子どもさんも同じように、いつもと違う環境のなか過ごしています。 

今日は[災害支援プロジェクトチーム]こども向け動画版「子どものこころのサポート動画」をご紹介させて頂きます。参考になれば幸いです。  


こども向け動画版「子どものこころのサポート動画」
新型コロナウイルス感染症の拡大で、子どもたちや大人を取り巻く環境が変化しています。そんなとき、どうすればよいのか?子どものこころをサポートするときのポイントを3回にわけて動画で紹介します。(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンさんの動画HPより抜粋)


第1回「子どもの一般的な反応・行動」


第2回「見るポイント、聴くポイント」


第3回「周りの大人へもサポートを」





【通信2016.10月ひきこもり】何してほしい? [2020年04月27日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。

何してほしい?  聞風坊

皆さん、こんにちは。日本のひなた・宮崎の地から、ある時は当事者の立場で、またある時は心理相談職の立場から率直な発信をしている聞風坊(もんぷうぼう)です。
今回は、親が自分の本音にどう応えるかについてのお話しです。

前回もお伝えしましたが、子どもが不登校してたり、ひきこもってたりしている親の方は、いろいろな講演会や著名な本などでたくさん勉強して、なんとかうちの子を学校に行かせよう、働かせよう、外に出そうと一生懸命に頑張り続けている方がほとんどです。

そして、
なのに、一向にうちの子は動く気配がない。
と落胆ししている方も大勢ですね。

さて、こんな風になんだかすっきりしない気分の時は、優しい親の雰囲気で、そっと自分に尋ねてみるのもいいかもしれません。

「何してほしい?」

すると、
「私の言うとおりにしてほしい」「安心させてほしい」「親の立場も分かってほしい」「この役目、代わってほしい」「優しくしてほしい」「頑張りをねぎらってほしい」いろいろな声がふっと現れるかもしれません。自分の本音ですね。

そうしたら、「そうなんだ」「そんな気持にもなるよね」と、自分の素直な気持ちにより添って、そして、なにか自分にしてあげてもいいかもしれません。

美味しいお茶を味わう時間をとるとか、友だちと他愛のないおしゃべりの時間をとるとか、自分に優しい時間をとるのですね。

自分に優しく。

すると、家族に向き合うときに少し心がほぐれているかもしれませんよ。
肩たたき.png

なかなか評判の聞風坊のブログhttp://monpubowblog.miyachan.cc/ 

著作:『こもって、よし!』、『「親」を育てる「ひきこもり」』&『関わることを考えよう〜ボクたちはこうしてほしいんだ。』購入ご希望の方はどうぞご連絡を。
日本赤十字社さんのユーチューブ「ウイルスの次にやってくるもの」 [2020年04月26日(Sun)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

今日は日本赤十字社さんの動画「ウイルスの次にやってくるもの」をご紹介シェアさせて頂きます。

動画はこちらから⇊ 
https://www.youtube.com/watch?v=rbNuikVDrN4&feature=youtu.be

※以下はユーチューブに書かれていた言葉を転載させて頂いています。

人から人へと広まっていく、もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいものとは?そして、わたしたちができることとは?

新型コロナウイルス感染症から、体だけではなく、心を守り、社会を守るための、心構えを伝える絵本アニメーションです。

監修:日本赤十字社災害医療統括監 丸山嘉一、諏訪赤十字病院 臨床心理課長 森光玲雄


一人一人が思いやりを持った生活を送りたいものですね。
コロナウイルスが一日も早く終息することを願っています。
コロナウイルス感染予防 [2020年04月25日(Sat)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

現在日本だけではなく世界中を困惑させているコロナウイルスですが、大切なことはコロナウイルスについて知ること、そして適切な対応方法を知ることが重要ではないかと思います。

発達に凸凹のある子供たちに説明するために、わかりやすいものは無いかと探しておりましたら、お知り合いから適切なサイトを教えて頂きましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

常々、発達凸凹の子ども達にとって良いものは、全ての子ども達にも良い! 

ユニバーサルデザイン!! 

だれにも解りやすい!!
是非多くの子ども達に見て頂きたいと思います。  

テレビやネットでもコマーシャルを流されているのでご存じかと思いますが、発達に凸凹のある子ども、大人をサポートする企業リタリコさんのサイトになります。 

[LITALICO発達ナビ]お子さま向け こころとからだを守るケアブック
〜新がたコロナウイルス版〜


参考:[日本児童青年精神科・診療所連絡協議会]新型コロナウイルスに対する学校でのメンタルヘルス支援パッケージ

⇊クリックしていただくと、ブックページにリンクします。

https://h-navi-biz.jp/wp-content/uploads/2020/03/%E3%81%8A%E5%AD%90%E3%81%95%E3%81%BE%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%BC%E5%BF%83%E3%81%A8%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%90%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%89%88%EF%BC%88covid-19%EF%BC%89%E3%80%91-1.pdf


※リタリコさん解りやすいページを作って下さり、ありがとうございます。 
【ご報告】イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン [2020年04月21日(Tue)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

昨年10月からNPO法人らぽーる、イオンさんが社会貢献の一環として行なわれている【幸せの黄色いレシートキャンペーン】に参加させて頂いておりますが

先日、9月から3月までの半年の間ボックスに入れて下さった皆様の思いを大切に頂戴し、当法人で必要なものと交換させて頂きました。
イオンカード.jpg

イオンさんの幸せの黄色いキャンペーンとは
毎月11日の「イオン・デー」に、実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXに投函していただくことで、レシート合計の1%分の品物をイオンが各団体に寄贈する取り組みです(ホームページより一部掲載させて頂きました)

詳しくはこちらをご覧ください(イオンさんのHP)
https://www.aeon.info/sustainability/social/yellow/

イオンしなもの.jpg

交換させて頂いた品物をアップしてみました。
・封筒やノリ、セロテープは通信や書類を郵送する時に使わせて頂きます。
・コピー用紙は総会の資料や講演会のレジュメやチラシ作成に使用。
・雑巾や床用ワックスシートは事務所の掃除の際に
・飲み物のコーヒーやお茶は茶話会や講演会の時に
・布巾は子ども活動のクッキングの際に
・文具は今まで私物を使用しておりましたので事務作業に 

沢山交換させていただくことが出来ました!! 
イオンさん、そして毎月らぽーるのボックスにレシートを入れて下さったお客様ありがとうございました。

皆さまの気持ちや思いは、大切にらぽーるの活動で活かして行きたいと思っています。
ありがとうございました。


毎月11日はイオン幸せの黄色いキャンペーン!! 
来月も再来月もありますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

最後に
NPO法人らぽーるのボックスはビッグ焼山店さんに置かせて頂いています。

Posted by 長尾 at 17:00 | この記事のURL | コメント(0)
活動中止及び変更のお知らせ [2020年04月21日(Tue)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

世界中を騒がせているコロナウイルスですが、昨日当法人が活動をしている呉市にも感染されている方がいる事が判明しました。

このようななかでの活動は、参加される方の安全を守ることが難しいですので、改めて活動の自粛をさせて頂くこととしました。

大人の発達障害当事者茶話会 
4月中止 
5月につきましては改めてご連絡をさせていただきます。

発達障害DVD学習会 
4月は既に中止を決定しておりましたが
追加で5月も中止にさせて頂きます。
6月は状況を見て判断します。

発達障害シニアの部茶話会
会場での茶話会は中止といたします。
オンライン茶話会を検討中です。
改めてホームページにて掲載します。


コロナの情報で右往左往している状態ですが
出来る限り形を変えて開催できればと奮闘しています。

多くの公益活動団体さんがこのようなか、活動を中止せざる負えない状態です。

今できる最大限のことを行いながら
一日も早く落ち着いた日々が来ること祈っています。 



Posted by 長尾 at 09:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
【通信2016.7月ひきこもり】あなた、子どもさんからどうされたいの? [2020年04月20日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。

皆さん、こんにちは。九州南国宮崎の地で当事者意識を忘れない心理相談職をやっている聞風坊(もんぷうぼう)です。

今回は、親の方と話をしてるとしばしば質問したくなるフレーズ。
ズバリ「あなた、子どもさんからどうされたいの?」についてです。

親の皆さんは、たとえるなら東に有名な先生の講演会があれば電車に飛び乗り、西に当事者の話が聞けると知れば車を飛ばし、南に良い病院があるとなったらすぐに電話予約し、北で親が変われば子が変わると教われば説教せずにニコニコ笑顔で接しと、子どものために24時間ガンバっておられます。

でもそれなのに、「うちの子は、学校に行かない! 部屋にこもっている!」ので、とっても不満がたまっているのですね。

さて、上記の質問がしたくなるのは、この切なる親の願いに思いを寄せたときなんです。

「子どもから、どうされたいの?」その答えは「私のガンバリを認めてほしい」かもしれません。

そしてそれは「私のガンバリを分かってくれているんだろうかあの子は?」という疑心と不安も含んでいるかもしれませんね。

しかーし、ご懸念無用! 私が出会った当事者本人たちは、誰一人とて親のガンバリを認めていない人はいません。むしろ、そのガンバリに応えられず、ガンバレナイ自分を情けなく思っている人が大勢です。

私たちは親も子もガンバリ屋なんです。
子どもは、親のガンバってる姿を幼い頃からよく知ってます。

だからお父さん、お母さん! 自分のガンバリを分かってもらおうと必死にならなくても大丈夫。どーんと構えていて下さいね。
子どもは分かってますよ。

hikikomori_toukoukyohi.png

なかなか評判の聞風坊のブログhttp://monpubowblog.miyachan.cc/ 

著作:『こもって、よし!』、『「親」を育てる「ひきこもり」』&『関わることを考えよう〜ボクたちはこうしてほしいんだ。』購入ご希望の方はどうぞご連絡を。
茶話会に代えて「個別相談」を行います。 [2020年04月15日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

世界中でコロナウイルス感染が広がっている状態のなか、日本では各地で外出の自粛が
叫ばれており、らぽーるの地元呉も同じような状態です。

そのようななか、らぽーるがお借りしている会場(くれ協働センター会議室)も使うことができず・・・当法人の事務所は狭く、活動をどのように行うか検討をしておりました。

0001.jpg

色々な方法を考えました。 
消毒液を準備したらよいか・・・とか 
窓と戸を開けたらいいかも?  とか

しかし、広島県内でも感染者は日々増えている状態 
外出自粛が出ている限り集まることは難しいなぁ〜


結果、茶話会はできないけれども、電話などで御話をすることはできる!! 
 
複数ではお話できないのですが、個別でお話をさせて頂くことはできるじゃないの!!ってことで、個別相談を行うことにいたしました。

ただ形式上、個別相談と記載をしておりますが、
ただただおしゃべりをするだけでも大丈夫ですので、

是非お時間を指定してお申し込みくださいね!! 
お待ちしております。


らぽーる、今できる形で活動をしていきます。
皆さまには、大変ご迷惑をおかけしますがご協力よろしくお願いいたします。 

Posted by 長尾 at 09:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
【通信2016.4月ひきこもり】皆さん、不愉快になる天才ですね [2020年04月13日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。


皆さん、不愉快になる天才ですね。  聞風坊
おこった母.png
皆さん、こんにちは。九州南国宮崎の地で当事者意識を忘れない心理相談職をやっている聞風坊(もんぷうぼう)です。

今回は、親と子ども両方に通じる「デキてないことを天才的に発見する才能!」についてお話しします。

私たちはよく、10のよいことを1の悪いことで払いのけます。
そういう才能に長けているんです!

「うちの子は、勉強はそこそこデキる。好き嫌いもなく食べる。友だちも多くはないけど楽しく遊んでる。でも、朝起きない。このままじゃ昼夜逆転だ。ひきこもりだ! でも、うちの子は何にもしない。まったくどうしようもない」

または「うちの子は家事はよくやってくれる。バイトもちょこちょこ自分で探してやっている。でも、長続きしない。定職に就かない。このままじゃ将来が大変だ。でも、うちの子は何にもしない。ホントどうしたらいいんだろう」

これ、デキていないことを鵜の目鷹の目で探し出して、デキていないことを巨大化させて、最終的には、子どもや、親である自分が「まったくなんにもデキてない」ことにしてしまっています。

こうして、自分で自分を不愉快にさせている。
そんな天才なんです私たちは。

でも、ホントにそんなにデキてませんか? 
私が出会った多くのひきこもり本人たちは、いろんなことがデキてる人たちばかりです。
ただ、そのことを親からはちっとも認められてないかも。
なにより自分を自分で認めていない。
だから社会に出ることに怯えている。

そこで、一つ提案です。
前述の例文の前後を、逆にしてみましょう。

「うちの子は朝起きない。でも、勉強はそこそこデキてる。好き嫌いもなく食べる。友だちも多くはないけど楽しく遊んでる」
事実はまったく変わってないけれど、不快な気分は、どうなりました?
「自分の不安な気分に合致するデキないこと」を発見する天才である私たち。
でも、事実はちょっと違うかも。


なかなか評判の聞風坊のブログhttp://monpubowblog.miyachan.cc/ 

著作:『こもって、よし!』、『「親」を育てる「ひきこもり」』&『関わることを考えよう〜ボクたちはこうしてほしいんだ。』購入ご希望の方はどうぞご連絡を。



高校卒業程度認定試験の受験案内が届きました [2020年04月08日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

昨日安倍首相が緊急事態宣言をされましたね、日々感染者が増えている現状のなか、私たちは何をすべきなのか・・・・(手洗い消毒、マスク着用、3密を避けるなど)考えながら生活していきたいものです。

一日も早い終息を祈るばかりです。


さて、今日は不登校のお子さんを育てておられる保護者の方にお知らせです。 

広島県教育委員さんが、らぽーるに高校程度卒業程度認定試験の受験案内を送ってくださいました。

必要な方ご興味のある方はお声をかけてください。 

この高校卒業程度認定試験に合格すれば、大学の入試も受ける事が可能となりますし、就職する際、高卒程度=高卒として応募することも可能となり、これで職業の幅が広がります。 


広島県教育委員会のHPに解りやすく説明したものがありますので添付しておきます。  
高等学校卒業程度認定試験とは
高等学校卒業程度認定試験は,高等学校を卒業していない等の理由により,大学等の受験資格がない方に対し,高等学校卒業者と同等以上の学力があるかどうかを認定する試験です。合格者には大学・短大・専門学校の受験資格が与えられます。また,高等学校卒業者と同等以上の学力がある者として認定され,就職,資格試験等に活用することができます。

なお,詳細については,文部科学省ホームページを御覧ください。(広島県教育委員会HPより抜粋) 
※文部科学省のHPのリンク先も貼っておきますのでご興味のある方はご確認ください。 
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/


悲しいかな、よのなか子どもの数は減っているにも関わらず、不登校の数は増えています。
どうしてなんでしょうね??? 


大人の社会も過ごしにくい社会になった現代
子ども達にとっても過ごしやすい社会ではないのかもしれません。


我が家の子どもが不登校となった十数年前は、まだまだ学校に行けないことが珍しく、通信制高校も少なかった。 

8年前かららぽーるの活動しながら、不登校の数が増えていること。
少しずつ集団に入れない子ども達の低年齢化が進み、小学校や幼稚園(不登園)が増え続けていること。 


不登校が良いとか悪いとかいうのではなく、それが現状であること
しっかりと現状を受け取ることが大切だなと実感しています。


子供たちが、健やかに成長できるように!!  
そのひとつに、子供たちが色んな体験をする場が必要なのではないか? 

学習支援の場も一つ

昔はらぽーるでも学習支援を行っていましたが現在は行っていません、他の団体さんをご紹介しますので、ご希望の方はご連絡ください。 

他にも体験できる場所として、らぽーるでは子ども活動を行っています。
学習が好きな子ばかりではありませんし、学習だけではなく別の体験も大切だと思っています。 
 
今は回数が少ないのですが、これから増やしていけたら良いと思っています(コロナが落ち着いたら)楽しみにしておいてくださいね!


これからもらぽーるで出来ること、
学校に行きづらい子ども達や発達に凸凹のある子ども、そのような少数派の子ども達が幸せな人生を送るために、その子にあったサポートを目指していきたいと思っていますので応援よろしくお願いいたします。 
Posted by 長尾 at 12:00 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ