CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
【通信2015.10月ひきこもり】どっちがいい? [2020年03月30日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。

どっちがいい? 聞風坊

皆さん、こんにちは。九州南国宮崎の地から、ある時は当事者の立場で、またある時は心理相談職の立場から率直な発信をしている聞風坊(もんぷうぼう)です。

今回は、子どもの心の声についてちょっとだけお話しします。

うちの子は、ゲームばっかりしよる。
仕事もせん、朝も起きてこん、親の言うことなんにもきかん、ちょっと言うとすぐプイッとなる。
よく聞く親御さんからの言葉です。

これ、こんな(行動してる)うちの子はダメって意味なんですね。

ということは、ゲームをしないで、正規雇用で仕事に行って、朝きちんと起きて、しっかり挨拶して、親の苦言にも耳を傾ける子どもだったらOKとなります。

さて、この親の本音を肌で感じ取っている子どもは、心の中で問答します。

もし、そんなもう一人のボクが現れたとしたら、お父さんどっちを選ぶ? お母さんどっちがイイ? 間違いなくそっちの方だよね。
分かるよ分かるよくわかる。

だから、
「ボクいらないよね」「アタシ、いないほうがいいんだよね」
子どもが発するきわどい言葉の奥には、深く痛々しい思いがあるようです。

winter_toumin_man.png


聞風坊主著
こもった体験と自助グループ体験を赤裸々につづった
『こもって、よし! ひきこもる僕、自立する私』(鉱脈社 2005)、

ひきこもる時間の中で自分の心の中の親を育てるセルフワークハンドブック
『「親」を育てる「ひきこもり」』(私家版 2009)

ブログ:http://monpubowblog.miyachan.cc/ 
4-6月の予定をホームページに掲載しました! [2020年03月25日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。 

コロナウイルスのことがあり、4月からの予定をホームページに掲載することをためらっておりましたが、先日予定をアップいたしました。

地元のお祭り(くれみなとまつり)4月29日も中止となり。
フラワーフェスティバル5月ゴールデンウイークも中止となりました。

色々なイベントが中止となり
とても残念ですね。
らぽーるくん全身.png

らぽーる主催の集まり(イベント)は講演会を除けば少人数で開催しています。

先日開催した、DVD学習会では人と人との距離を開け
消毒液も準備して・・・と万全を尽くしました。 

それは、まだ広島県内に感染者がいない状態だったので、開催できました。

しかし、その後お1人感染されている方が見つかり、その後のひろ協働センターで開催している茶話会は、会場を借りることが出来ずに中止となりました。

会場をお借りできないと開催できない。
参加の予定をされていた方には申し訳ございません。 

今後の予定も全く予測が立ちませんが、会場をお借り出来る限りには開催いたします。

万が一、開催が難しい際(会場が借りれない)にはホームページに掲載いたしますので、そちらをご確認の上、お申し込みくださいね。

らぽーるのホームページはこちらです。
https://www.npo-rapport.org/

引き続き、よろしくお願いいたします。
Posted by 長尾 at 09:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
今後の予定 [2020年03月25日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。


現在コロナウイルス感染予防のため、当法人の活動も自粛しております。
(いつもお借りしている会場が使用禁止となっているためなのですけども・・・)


らぽーる通信にも掲載しておりますように、今後の活動は計画済みです。
ただ会場を利用できない可能性があり、なかなか予定をネット上に出せていない状態です。

 
先の見通しが立たないと
しんどいですね。

これって自閉傾向のある人が感じている事と似ているような気がします。


国民全体が訳も分からない物(コロナウイルス)に
耐えている状態。

一日も早く終息することを祈るばかりです。


尚、今後中止になる可能性があるかもしれませんが。
決まっている予定を少しずつ掲載していきたいと思っています。

Posted by 長尾 at 09:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
【通信2015.7月ひきこもり】社会資源を知ろう [2020年03月23日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。

社会資源を知ろう  聞風坊
   
皆さん、こんにちは。九州宮崎の地から、ある時は当事者の立場で、またある時は心理相談職の立場から率直な発信をしている聞風坊(もんぷうぼう)です。

今回は、家族が利用できるサービスのご紹介です。
名称やサービス内容は地域ごとに多少違っていますが、おおむね同じです。

ひきこもり支援センターは中核機関で、ひきこもる本人や家族が相談できます。
家族教室や訪問支援も行っています。およそ都道府県に一つは開設されています。

40歳未満の人の相談事のワンストップ窓口である子ども・若者総合相談センターも気さくに相談できます。

保健所では心の悩みや食生活や心身の健康全般の相談ができますし、他の相談機関の紹介もしてくれます。また精神保健福祉センターは精神面の相談ができる中核の一つです。

若者サポートステーションは、だいたい10代後半から30代の人の就労に向けた準備を手伝ってくれます。多くがコミュニケーション講座やパソコン講座などをやっています。

精神科病院・クリニックは、心の不調の治療ができます。
お薬を活用する場合が多く、お医者さんなので医療的な指導の面が強くなるようです。
カウンセリングなどの心によりそうケアは別のサービスになります。
最近では、看護師さんなどが自宅に訪問する訪問看護サービスも増えてきていますし、お医者さんの往診は昔からとても助かるサービスですね。

親の会・家族会は、同じ境遇にある人どうしが集うので、気さくに話ができます。どんな風に対応しているかというコツもお互いに知ることができます。

さて、これらのサービスを利用するときのコツは、相手に完璧を求めるのではなく、自分に役立つことに意識を向けることです。

気に入らないことに意識を向けると不満がたまるばかり。

だから、ヒントをもらった、話ができて気持ちが軽くなったなど、自分が楽になるのに役立つことに意識を向けます。

そんな風に社会資源を利用しながら少しずつ自分の日常をよくしていくことが大事なようです。
hikikomori_man.png

聞風坊主著
こもった体験と自助グループ体験を赤裸々につづった
『こもって、よし! ひきこもる僕、自立する私』(鉱脈社 2005)、

ひきこもる時間の中で自分の心の中の親を育てるセルフワークハンドブック
『「親」を育てる「ひきこもり」』(私家版 2009)

ブログ:http://monpubowblog.miyachan.cc/ 
【お知らせ】らぽーる通信4月号発行しました [2020年03月22日(Sun)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

先日、令和2年4月の通信を発行いたしました。
会員の皆様には、既に郵送をしております。
90623362_2604881222955889_4298566306795356160_o.jpg

チョット画面が暗くて見ずらいですね、、、ゴメンナサイ。
今回はA414ページになっています。

また少し早いですが4月は新年度と言うこともあり、呉市内の市民センターやまちづくりセンターに置かせて頂いております。
普段なかなか手にされることが無い皆様にもお持ち帰り頂けるようになっておりますので、宜しければお手にとってご覧になってくださいね。


まだまだ世間はコロナウイルス感染で落ち着かない状況ですが、一人一人が出来る限り、穏やかに過ごせるようにしていきましょう。



Posted by 長尾 at 13:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
【通信2015.4月ひきこもり】納得はいかないけど理解くらいはできるのさ [2020年03月16日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。


納得はいかないけれど理解ぐらいはできるのさ  聞風坊

皆さん、こんにちは。九州宮崎の地から、ある時は当事者の立場で、またある時は心理相談職の立場から率直な発信をしている聞風坊(もんぷうぼう)です。

今回は、家族が持つ最大不満の一つ「なぜうちの子は○○しないんだ?」について、心理相談職の立場からお話しします。

家族の方は、「あの子が頑張ってるのは分かります」「辛いのも分かるんです」とよく言われます。
皆さん、我が子の心情を思いやっていらっしゃる方ばかりなのでいつも感嘆します。

ところが、この次の展開で問題が起きるのです。
100%に近い確率で、「でもねぇ」と続きます。

我が子の頑張りや苦労は重々理解はするけれども、でもだからといって、学校に行かずにゲームばかりしてたり、部屋にひきこもったりするのは、納得がいかないのですね。

頭で理解はできているけど、胸のうちにはもやもや感がとどまっている感じでしょうか。

さて人は、私が考えるところの望ましい行動を相手がとらないと不満を持つもの。
そして、相手は自分の思い通りには行動しないもの。私たちは、この二つの現実の狭間で不満をため続けます。

そこで、不満をためるのをやめたくなったら「納得はいかないけれど、まぁ理解はできるから、実際にどう(行動)するかはあいつに任せようか」こんな風に考えると少しは気が楽になります。
お試しあれ。

hikikomori_toukoukyohi_girl.png

聞風坊主著
こもった体験と自助グループ体験を赤裸々につづった
『こもって、よし! ひきこもる僕、自立する私』(鉱脈社 2005)、

ひきこもる時間の中で自分の心の中の親を育てるセルフワークハンドブック
『「親」を育てる「ひきこもり」』(私家版 2009)

ブログ:http://monpubowblog.miyachan.cc/ 
【活動報告】発達障害DVD学習会R3.3.7 [2020年03月11日(Wed)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

コロナウイルス感染者が広島市で確認できニュースが流れた日、丁度らぽーるはDVD学習会を開催しておりました。 
もし、これが前日であったら中止になっていたかもしれないので、開催できたのは奇跡かもしれません。

それでも感染予防のために、机を消毒し、消毒液も準備させて頂きました。
消毒.jpg

はやく終息することを祈るばかりです。  

今回の学習の内容は、
発達障害のある人の社会参加と就労
〜社会につなげていくためのライフスキル〜 

講師は、長年発達障害のある方の就労支援をされており、日本で就労支援と言えばこの方!と言われる位有名な、梅永雄二先生です。
2.3.7DVD学習会1.jpg
DVDを3枚、朝10時からお昼を挟んで2時半位までの長時間、講演会の3本立てを見たような感じです。
長時間ご参加頂きましてありがとうございました。 

内容は、@発達障害の特質について 
A就労とライフスキル
B当事者の声 

支援は一人一人オリジナルと言われますが、それでも持ち合わせた特質に共通点はあります。まずそれらを学び、それを理解したうえでの就労とライフスキルについて内容を学ぶことで、なぜそれらが必要なのかとても理解できました。
最後に4名の当事者の方が仕事で苦労や工夫されていること、得意を使って仕事をされていることについてお聞きしました。  
【編集済】2.3.7DVD学習会2.jpg

ご参加いただいた皆様のご感想を以下に書かせて頂きます。

・発達障害に関わる方、当事者の方などの視点からの話を知ることができて参考になりました。

・新型コロナの中、席をはずして下さったり、配慮して下さったり、最後にいろいろおはなしをしてくださりありがとうございました。勉強になりました。お母さん業にはげみたい(?違うかも)です。 

・発達障害についての説明もとても分かりやすかったです。
また当事者の声を聞いてとても参考になりました。
4月から息子が高になるので、これからのことを話合いながら本人の気持ちを尊重し親としてサポートして行けたらと思います。
とても勉強になりました。ありがとうございました。

・今月参加でき本当によかったです。
DVDの内容がとてもわかり易く多くの事が学べて感謝です。梅永先生のお話また聴きたいです。


呉以外の東広島や広島から参加して下さった方もいらっしゃいました。
大切な時間を使ってのご参加、
ありがとうございました。

Posted by 長尾 at 08:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
【通信2015.1月号ひきこもり】嫌だ!を受け止めてもらえると嬉しいんです [2020年03月09日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。

「嫌だ!を受け止めてもらえると嬉しいんです」 聞風坊

こんにちは。九州宮崎の地から、ひきこもる当事者として正直な思いを発信している聞風坊(もんぷうぼう)です。
今回は、家族の人が一番難しさを感じているコミュニケーションについてお話しします。

私がよく耳にする家族の方の不満は「何か言うとすぐプイッとなる」「ちょっと言っただけですぐ去って行く」「戸をバタン! と閉めて部屋に閉じこもる」というもの。

そうでしょうそうでしょう。
家族との会話にうんざりすると私もそうしてました。
そうすれば、会話が止むからです。

さんざん言葉で頼んでも止まないから、自分から口を閉ざす、立ち去る、バタンと閉じるのです。そういう理由があります。

では、相手がこんな態度を取ったとき、私たちはどういうコミュニケーションができるでしょう? 
オーソドックスな方法は、相手の気持ちを汲んでそれを言葉にして返すこと。
「この話嫌なんだね。じゃこれ以上は話さないね」
「ゴメンゴメン、ちょっと言いすぎたね。嫌な話は終わりにするよ」

人は、自分の気持ちを分かってもらえるとなんだか嬉しくなるものです。
たとえそれがプイッとなったり、その場を去りたいほど、またはバタンとドアを激しく閉めたいほどに嫌な気持ちであったとしても「自分は今嫌な気持ちなんだ!」ということを相手が分かってくれたら、なんとなく心がホッとします。

自分の気持ちを分かってくれる人。そんな人に私たちは信頼を寄せます。

hikikomori_toukoukyohi.png
聞風坊主著
こもった体験と自助グループ体験を赤裸々につづった
『こもって、よし! ひきこもる僕、自立する私』(鉱脈社 2005)、

ひきこもる時間の中で自分の心の中の親を育てるセルフワークハンドブック
『「親」を育てる「ひきこもり」』(私家版 2009)

ブログ:http://monpubowblog.miyachan.cc/ 
【緊急連絡】茶話会中止のお知らせ [2020年03月08日(Sun)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

今日は残念なお知らせです。

コロナウイルス感染拡大の予防に伴い、当法人の活動についても中止せざる負えない状態となりました。

活動中止は以下の3つになります。

●3月12日(木)
学校に行きづらいお子さんを育てている保護者さんの茶話会

●3月13日(金)
発達障がいのお子さんを育てている保護者さんの茶話会 

●3月29日(日)
大人の発達障がい当事者さんの茶話会


4月以降の活動は改めてご紹介をさせて頂きます。
今後の状況に合わせて開催中止の決定を行います。尚中止の場合はいち早くホームページやブログなどでご紹介させて頂きますので、必ずチェックをして頂きご参加お願いいたします。

穏やかに過ごせる日が一日も早く訪れますように・・・・

Posted by 長尾 at 14:27 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
【活動報告】大人の発達障害当事者茶話会R2.2.23 [2020年03月04日(Wed)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるスタッフ
大人の発達障害当事者の会担当の、宮本です。  

NPO法人らぽーるでは、子どもだけではなく、
大人の発達障害当事者会を毎月開催しています。

先日2月23日に開催した、当事者会の報告を致します。 

今回も新しい方が参加して下さったので、まず新しい方から気になる事をお伺いし、それぞれが自身の思いを話す形で進行しました。

参加して下さった皆様のご感想は以下の通りです(掲載許可頂いています)。

・認知療法に関するアドバイスが聞けたのが良かった。

・人数が7名と少なく、静かだったのが良かったです。

・男性の方が来ていたので、うちの息子のことなどの参考になりました。
どんなことに困っているかを聞けて、どのように今、やっているのかも聞けて良かったです。

・今日、思ったより人数が多くてビックリしたのと、思ったりより話せるか不安かなと思った。自分と他人の境界線の引き方の難しさ。自分は自分、相手は相手。
仕事の話になると、やはり前のことを思い出してしまった。自分だけでなく、聞きにくい人もいるのだと思った。

 
ご参加頂いた方、ありがとうございました。

大人の当事者会は月一回、日曜日の午後開催です。
場所は、JR新広駅そばの広市民センター4階の協働センターで、
公共交通の便も良く、駐車場もあります。

次回は3月29日(日)13:30〜16:30での開催予定です。

最初はちょっと勇気が必要かもしれませんが、多くの方と
楽しいひと時を共有できたらと思います。
Posted by 宮本 at 12:28 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ