CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索
検索語句
【通信2014.7月ひきこもり】聞風坊さんのエッセー始まります [2020年02月24日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
当法人は会報「らぽーる通信」を年4回発行しておりますが、その中ででとても好評な記事であるエッセーを毎週月曜日に転載させていただきます。 

その記事を書かれているのは元引きこもっておられた方で現在は支援者の立場でおられる聞風坊さんです。
調べてみたら、約6年近くも掲載していただいているんですね・・・6年近くとは私もビックリしています。 長年書いて下さりありがとうございます。
この掲載が、多くの方に読んでいただき、困っている方の役立てて頂ければと思っています。


みなさんこんにちは。聞風坊(もんぷうぼう)です。

十五年ほど前にひきこもった経験を糧に、現在は当事者目線のひきこもりサポートを宮崎でやっています。

さて、その中でいつも心がけているのは、心の中の「親」を育てることです。
人は誰しも、自分に厳しかったり優しかったりしますが、そんなまるで親のような心の働きを「親」と呼んでいます。

実は、私たちこもる人は、この心の中の「親」がとっても厳しいのです。

例えば、私がやる気を起こしてなにかやろうとすると「そんなことよりもっと他のことをしなさい」とか「またそんなつまらんこと考えて」のように「親」は批難します。

それに耐えてなにかやったとしたら、今度は「そんなのやったうちに入らない」とか「まだまだできてないなぁ」というように批判します。

このことは、客観的にみて成功していたとしても変わりません。

私の「親」は、私に対してそういう声かけしかしないのです。
自分にとても厳しい。
だから私たちは、やる前に足踏みしてしまったり、やった後も達成感を得られないのです。

さらにこの厳しい声は、やっている最中も聞こえてきます。
弱音を吐くな。
もっと完璧に。
もっと頑張って。
もっと期待にこたえて。
もっと急いでホラ! こんな風に。

私たちは、やる前からダメという声を聞き、やってる最中は叱咤の声にせき立てられ、そうしてなんとかやりとげたあとには、やっぱりこんなんじゃダメだという否定的な評価の声を聞き続けるのです。
そんな風にしてずっと過ごしてきたので、私たちは生きることをとてもしんどく感じています。

そこで、この厳しくダメ出しばかりの「親」を、もっと自分を励まし、支え、そして守る「親」に育て直すのです。
例えば、
なにかやろうとすることは素晴らし! やっていいよ!
がんばった、がんばった! よくやった!
ちょっとぐらいミスしたってイイさ。文句言うヤツがいたら、鼻息で吹き飛ばしちゃえ!
こんな風にです。

この「親」を育てることは一人でもできます。
くわえて家族の人からのリアルな声かけがあればなおさら効果的です。
家族の皆さんには、どうぞ優しいけど力強い声かけをして頂ければと思います。

できないところに注目するのではなく、できたことやったことに注目してみてください。
そのためにはまず、ご自身に向けて優しく力強い言葉かけができるようになることがとっても大切です。
まずはご自分にこの一言を。「OKだよ」
winter_toumin_man.png

聞風坊主著
こもった体験と自助グループ体験を赤裸々につづった
『こもって、よし! ひきこもる僕、自立する私』(鉱脈社 2005)、

ひきこもる時間の中で自分の心の中の親を育てるセルフワークハンドブック
『「親」を育てる「ひきこもり」』(私家版 2009)

ブログ:http://monpubowblog.miyachan.cc/ 
【活動報告】学校に行きづらいお子さんを育てている保護者さんの茶話会R2.2.20 [2020年02月21日(Fri)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

さて、昨日2月20日(木)くれYWCAの中にある当法人の事務所にて学校に行きづらいお子さんを育てている保護者さんの茶話会を行いました。

毎回少人数で開催しています。
今回初めて参加して下さった方から半年、そして1年位学校に行きづらい状態のお子さんを持つ保護者の方が集まってくださいました。

話題は、お子さんのことから、ご家族のこと、学校の先生のこと、お友達のことまで。

誰ひとりと同じ子どもはいません。
同じように保護者の方も同じです。
ひとりひとり環境も違う。 


だけども

親が子供を思う気持ちは皆同じ! 

子供の幸せを願って、らぽーるの茶話会に参加して下さっています。

不安な気持ちを沢山吐き出していただき
あんなこと こんなことを いっぱい出してもらって

少し元気を取り戻していただけたかな? 

また来月 お話をしに来てくださいね!! 

頂いた感想は以下の通りです。
※毎回時間をオーバーして話をするので、アンケートをじっくり書いていただく時間がとれませんでした。ごめんなさい。

・今回は子どもの年齢が近く、話に共感することが多く楽しく話ができてよかったです。

・今回も色々と話が聞けました、私も子どもを認めて受けとめて見守っていこうと思いました。

・不登校といっても人それぞれ理由が違ってひきこもってたりなので、うちの子だけじゃないなぁと参考になりました。ひとりで悩むよりスッキリした気がします。

アンケートに書いて下さり、ありがとうございました。

お部屋の画像です 

DSC_1477.JPG

小さな円卓を囲んでの茶話会。
来月もお茶をご用意してお待ちしております。

令和2年3月12日 木曜日 13時から
Posted by 長尾 at 12:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
【活動報告】DVD学習会「発達の気になる子どものビジョントレーニング」R2.2.14 [2020年02月16日(Sun)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるの長尾です。

2月14日、呉市役所1階にあるくれ協働センター会議室にてDVD学習会を行いました。 

今回は、「発達の気になる子どものビジョントレーニング」 
〜読み書き・運動をが好きになる!見る力を伸ばすトレーニング〜 

講師は、視機能トレーニングセンターJpyVision 代表であり、米国、オプトメトリストである、北出勝也先生です。
DVDR2.2.14 (1).JPG
長年ビジョントレーニングについて伝えられておられる、日本におけるビジョントレーニングの第一人者ともいえる先生だと個人的には思っています。 

内容は 
1−眼の機能と基礎
2−眼球運動と視空間認知のトレーニング
3ーボディイメージのトレーニングと支援事例 

初めはDVD2枚見る2時間の予定でしたが、急きょ参加者のご希望により、3本セットのすべて視聴学習しました。 

終了時間は13時をこえてしまいました。
遠く福山からお越し下さった方、児童ディサービスの先生など、お忙しいなか長時間参加して下さった皆様ありがとうございました。 

【編集済】DVD R2.2.14 (2).jpg

頂いたご感想は以下の通りです(掲載許可のあるもののみ) 

・それぞれにやり方などの説明・動画があって分かりやすかったです。また難しい場合や少しハードルを上げてする場合などのやり方も話をされており、職場で活かしやすいです。

・とても分かりやすかったです。ありがとうございました。

・とても勉強になりました。眼の問題でボールが取れない子の気持ちがわかり、とても勉強になりました。周りが問題を理解する事、困っていた事、頑張っていることを認めること、子どもは先生に理解してもらえると思うだけで気持ちが楽にという事が学べました。 
DVDを見てトレーニング後の眼球の動きに効果があることが実感でき感動しました。知らないで子どもと関わったら申し訳ないと言う気持ちになりました。次回もできるだけ出席したいです、ありがとうございました。

・丁寧でゆっくりの解説でとてもわかりやすかったです。講演会など遠くであったりで参加しずらいこともありDVDで同様の内容を聞く事ができ、ありがたかったです。

・実例があり、とても分かりやすかったです。
 
【編集済】DVD R2,2,14 (3).jpg

今回の学習に用いたDVDはジャパンライム様のDVDです。
NPO法人らぽーるで購入させて頂き、法人内での使用許可を頂いたうえで使用させて頂いております。ありがとうございます。 


また今後も発達障害について様々な視点から学習をしていきたいと思っております。

内容をもっと多くの方(支援者さんや保護者さん)に知って頂けると、しんどい思いをしている子供たちも楽になれるのに・・・まだまだらぽーるの力が足りないのですね・・・。これからも継続して宣伝していきたいと思っていますので皆さま応援よろしくお願いいたします。 

Posted by 長尾 at 08:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
【お知らせ】学校に行きづらいお子さんを育てている保護者さんの茶話会R2.3.12 [2020年02月15日(Sat)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。

2月も中盤となりました。
今年のバレンタインはいかがでしたか?
昔は私も息子たちから無言の催促をされたものですが・・・・社会人となったら、そんな余裕も無いように見えます。 頑張れ!!社会人。 


さて、2月と3月の、学校に行きづらいお子さん、行けていないお子さんをお持ちの保護者の方の茶話会の日程をお知らせいたしますね。

わざわざお休みを取って参加して下さる方もいらっしゃって、主催しているものとしては誠にありがたいです! 

1-3不登校HP画像.jpg

前回のチラシと日程だけ変えたもので……代わり映えしなくてごめんなさい。

1月 30 日 (木) 13 時〜 15 時

2月 20 日 (木 )13 時〜 15 時

3月 12 日 (木 )13 時〜 15 時

会場はらぽーるの事務所です。

参加費 500円 (飲み物付き)

同じように困っているママや先輩ママとほっとひと息、お茶を飲みながら、お話してみませんか?
これで大丈夫なんだ!と思えたり、よいヒントが見つかるかもしれませんよ!

会場でお待ちしています。 

申込は画像の下にあるQRコードをお使いください。
らぽーるのホームページにある参加申込みページにリンクします。

それでは、会場でお待ちしております! 。 

Posted by 長尾 at 20:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
【活動報告】発達障害のお子さん(中高生以上)を育てている保護者さんの茶話会R2.2.8 [2020年02月12日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。

昨日は、イオンさんの「幸せの黄色いキャンペーン」の日でしたね。 
わたしも以前は別の団体さんのボックスに入れておりましたが、らぽーるのボックスを設置していただいた後は、流石に別の団体さんに入れることはなく・・・今日もレシートをらぽーるの箱に入れてきました! 

さて、先週土曜日の朝「ファンタジーマネジメントから学ぶ会」を終わった後、午後からは中高校生以上の発達障害のお子さん(シニアと名付ける)を育てている保護者の方の茶話会を開催いたしました。

学ぶ会が長引くと休憩時間が短くなり、お昼を食べる事も出来ず引き続き参加された方にはご迷惑をおかけしました。(私も準備のため食事抜きです)

先日のブログにも書かせて頂きましたが、学ぶ会がしばらくお休みとなりますので、今後はせわしい感じでシニアの会を開くことも無いかと思います。 
今回は、ご協力をありがとうございました。

2シニア.jpg

今回はテーマもありましたので、いつもの無制限におしゃべりをするタイプの茶話会ではなく、ワークショップ形式の内容にさせて頂きました。

参加者も9名でしたので、いつものタイプの茶話会だと収拾がつかなかった可能性もありますけども・・・ どちらにせよ、じっくりテーマを決めてお話していただくためにもワークショップ形式にさせて頂き良かったと思っています。


今回のテーマは「じりつ」について

多くの方が興味のある「じりつ」ですが・・・結構曖昧な言葉です。
この曖昧さを交流のなかで、もう少し具体的にしていただきました。

【編集済】R2.2.8発達障害シニア3.jpg

掲載許可のある参加者さんのご感想は以下の通りです。

・久しぶりに参加させて頂きました。グループワークは自立・自律について他の方の考えをお聞きできて参考になりました。自立のために支援できることについて考えました。「親が先回りして、進路を決めすぎないことが大切だ」というお話身につまさせる思いがしました、また参加させてください。

・色々な意見が聞けてよかった。ワークはたいぎいが終わってみると楽しかった。 

・私にとって子どものじりつは最重要課題ではありますが、ぼんやりとしたものでした。今回のワークに参加して改めて以前より自立とは何か明確になったと感じました。 

・いろいろな心配があるのだと思いました。できることをやれば良いのだと改めて思いました。できることをやるように進めたい。 

・「自立」と「自律」について話し合うことで言語化し、また、それを具体的に引き出したことで視覚化したので、とても分かりやすかったです。親としてできることも考えられたので良かったです。他の方の話も聞けて良かったです。

・他の人の話を聞いて、1つでもきることに気づけました。やっぱり困るのはお金のことなので、少しずつクリアになるように情報を集めたい。 

・じりつについて改めて考え、やはりお金の問題は大きいと思います。焦らずルールを決めて地道にあきらめずに頑張っていきます。 

・子どもが成人、専門学校、中学生といろいろな方とお話が出来て良かったです。テーマに沿ってというより雑談・体験談が聞けてよかった。


今後も頂いたご意見等を参考にテーマを更に具体的に絞って開催したいと思っています。
ご参加ありがとうございました。 
Posted by 長尾 at 09:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
【ご報告】呉市役所チラシラック  [2020年02月10日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。

先週になりますが、らぽーるが主に活動している呉市の市役所1階にある、チラシラックに3月20日の冠地情氏の講演会チラシを設置してくださいました。

ありがとうございます! 

多くの方の目に触れて、必要としている方の耳に届きますように・・・・・

市役所チラシ.jpg


まだまだ参加者募集中です。
お知り合い等にお知らせいただけると幸いです。

最終 チラシ .jpg
Posted by 長尾 at 20:00 | この記事のURL | コメント(0)
いつもありがとうございます!イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンR2.2.10 [2020年02月10日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。

皆さまは既にご存じかと思いますが、イオンさんでは毎月11日を「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」を行われています。
ビッグ焼山店.jpg
イオンさんが地元のボランティア団体さんを応援(社会貢献)をされるために行っているキャンペーンなのですが、NPO法人らぽーるも少し前から応援をして頂いています。

私が説明するよりも解りやすいと思いますので、内容をイオンさんのHPより少しコピペさせて頂きまますね。 

毎月11日の「イオン・デー」に、実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、お客さまがレジ精算時に受け取った黄色いレシートを地域のボランティア団体名が書かれた店内備え付けのBOXに投函していただくことで、レシート合計の1%分の品物をイオンが各団体に寄贈する取り組みです。

イオンさんのこの取り組みは既に20年近く継続されておられます。
2018年には、26044団体さんに対して支援をされておられます。

20年近く続けられておられること、素晴らしいです!! 

最近は企業がNPO法人などに助成金を出すことが増えておりますが、なかなかハードルも高く、書類作成も難しく、支援を受けることは容易ではありません。

イオンさんは書類の提出はありますが、難しい書類でもなく、活動を認めて頂ければキャンペーンに参加できるという、小さな団体さんには本当に有難い支援だと思います。

これからも、らぽーるのような小さな団体さんを応援し続けてくださることを切に祈ります。
らぽーるの事務所に一番近い店舗さんは、焼山にあるビック焼山店さんになります、お近くにお住まいの方は、11日にはらぽーるのBOXにレシートを入れてくださいね! 

ご協力を宜しくお願いいたします。

イオンさんありがとうございます!! 
イオンさんの該当ホームページです。 

 https://www.aeon.info/sustainability/social/yellow/




Posted by 長尾 at 08:00 | この記事のURL | コメント(0)
【活動報告】ファンタジーマネジメントから学ぶ会R2.2.8 [2020年02月09日(Sun)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。

このファンタジーマネジメントから学ぶ会は、小栗正幸先生のご著書「ファンタジーマネジメント」を学ぶ会として、らぽーるのなかで開催しています。
neowing_neobk-1846843.jpg

講師は当法人理事でもある、竹岡訓子先生です。
竹岡先生のプロフィールはこちらでご確認くださいね。
竹岡先生プロフィール.png

毎回竹岡先生が事例などを通して、私たちに解りやすく丁寧に教えてくださいます。
基本的なことは同じなのですが、何度も何度も聞く事で、知識としてではなく腑に落ちて身になる感じでしょうか。
竹岡先生.jpg
最後に参加して下さった方のご感想・もっと知りたかったこと、以前との違いなどを書いて頂いています。(許可を頂いているもののみ掲載)

・毎回ですが肯定的な言葉や的外しの言葉を意識して使うようになりたいと思います。竹岡先生のお母さんの4つの言葉、私も自然に使えるようになりたいと思います。ありがとうございました。

・主人に対して、「何しとるん?」ではなく「どうしたいん?」と聞いてみたいと思います。
竹岡先生ありがとうございます。ご無理なさらずによい日よりでありますように。

・的外し、肯定的な言葉、を大切にしながら活動していきたいと思います。 小栗先生の話を焦点化して具体例を挙げてくださり、自分の実践を振り返るチャンスとなりました。

・本を読んでいただけではわからなかったことが、わかってよかった。道徳的感覚、損得感覚のこと、対応のやり方など、いろいろなケースが知りたい。

・肯定感を高める→意識をしているが、最後は憤ってします→自分が答えを出していた。
最後の言葉→未来へのアプローチを大切にしていきたい。方向性を見出す。 
肯定的な言葉を大切にしていった。しかし、むずかしい→ただの傾聴だったのかと思いました。

・先生の幼少期の体験談が興味深かったです。
何かのトラブルがあった時、親はしかったり、こうするべきなど指導しがちだけど、子どもに「質問」することで本人に気がつかせることができるのだと思いました。 
高3で不登校になった息子、ほぼベットの上での生活でしたが、通信制高校へ転校(週1通学)→専門学校への進学(週5通学)ができるようになりました。
親子で対話ができるようになったことが大きいと思います。少なくとも親の精神的な支えになりました。ありがとうございました。

・的外し。肯定的なことばかけ、快の感情を引き出すことば、態度を発する。 
メタ認知の弱い子で事件を起こす子、引きこもりになる子の違いはどこか。
体力か性格が外向的・内向的なのか。同等の対応で良いのか。
少しは自分の言動が良くなったのかな。と思います。
【編集済】R2.2.8 学ぶ会1 .jpg

ご参加頂きました皆さまありがとうございます。
少しの間この学ぶ会はお休みとなります。
また再開しましたら、らぽーるのホームページ等でご連絡をさせて頂きますので、是非その際にはご参加ください。

Posted by 長尾 at 12:03 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
【活動報告】学校に行きづらいお子さんを育てている保護者さんの茶話会R1.1.30 [2020年02月07日(Fri)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。

先週木曜日1月30日に開催しました不登校の部の活動報告をさせて頂きます。

この日は体調を崩されている方もいらして、少人数の集まりとなりました。
初めて参加された方ばかりで、これまでの様子、学校に行きづらくなった時の様子などのお話を聞かせて頂きました。


誰がいつ学校に行けなくなるか。
本当に解らない時代になったなぁ‥と思います。

このような表現をするのは、少し変かもしれませんが・・・・
たまたま 学校に行けなくなった。

この、たまたま、と言う言葉がピッタリくるような気が個人的にはします。

複数の原因があっての不登校
その中の一つが違っていたら 
不登校にはなっていないかもしれません。

学校に行けている、行けていないに限らず
子供たちの毎日が楽しい日になればいいなあ。
保護者さん達の不安が少しでも減ればよいなあ・・・と思い
らぽーるの活動を続けています。

お話をすることで、ちょっとだけ元気になって頂けたのではないでしょうか?
a0001_014331.jpg

参加して下さった方のご感想です。

・初めて参加させてもらいました。
沢山お話をさせてもらってスッキリしました。
またお話に参加させて頂きたいと思います。

・いろいろお話を聞けてよかった。


2月は20日開催の予定です。
3月までは今までの茶話会を続けますが、4月から少し内容を変えてみたいと思っています。

ではまたお会いしましょう。

Posted by 長尾 at 09:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
【お知らせ】茶話会「発達障害を語ろう」R2.3.7 [2020年02月02日(Sun)]
こんにちは。
広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらい子ども、保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。


当法人では土日には多くの方が参加できるような講演会や大人の発達障害当事者会などの活動を行っておりますが、保護者さん向けの茶話会は主に平日開催しております。
最近はお仕事をされているお母さん達も多く、お仕事をお休みして参加して下さる方もいらっしゃるのですが、なかなかお仕事をお休みできない働くママさんも多いため、今回は土曜日に誰でも参加できる茶話会を行うことにしてみました。 

0001.jpg
発達障害を全く知らない初心者から、ベテランさんまで、当事者さん、支援者さん、ご家族など、誰でも参加できる茶話会です。

らぽーるの活動についてもご意見をお聞かせいただけると嬉しいです!! 

ぞれぞれが今気になることをお話をしてみませんか?

令和2年3月7日(土)12時30分〜14時30分 

くれ協働センター会議室(呉市役所1階)
有料になりますが駐車場もございます。

3月20日に当法人主催の冠地情さんの講演会もございます。
冠地さんへの質問なども聞かせてくださいね。 

※午前中はDVD学習会「発達障害のある人の社会参加と就労」を開催しています。
引き続きご参加される方は参加費無料です。(お昼ごはんもお部屋で食べて頂けます)

3月は『大人になるために必要なこと』をテーマにしています。 
就労だったり、ライフスキルだったり、色々考えておくことがありますよね。 

ご興味のある方は是非朝からいらしてくださいね!

お申し込みはらぽーるのホームページやこくちーずサイト、フェイスブックなどからお願いいたします。 

Posted by 長尾 at 09:00 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ