CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
【活動報告】H31.1.17小栗正幸先生講演会のようす [2019年01月31日(Thu)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人、学校に行きづらい子ども、そして保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる長尾です。

昨年7月の豪雨災害後すぐにも関わらず強行決行致しました、小栗正幸先生の講演会。
道路が寸断されているにもかかわらず、遠くは九州や関東からの参加もいただきましたが、そのような困難な状態であっても参加して下さった皆様が作り出した講演会の雰囲気はとても素晴らしいものでした。

もちろん小栗先生の講演内容がとても素晴らしいからです。

その小栗先生が再度呉にお越しくださり朝・昼と長時間にわたり講演をしてくださいました。

dadd4c86-s.jpg

多くの場合、小栗先生の講演会は100人以上の大人数の講演会がほとんどですが、今回らぽーるでは「特別講演会」と名付けまして、小栗先生を少人数(25名)で独占!させて頂き、とっても中身の濃い講演会となりました。 
小栗先生ありがとうございました!

参加者の多くは、保護者の方です。 
保護者の方ばかりだと、学校の先生や医療関係者、福祉関係者など支援者の方が混じる講演会とは違った雰囲気となります。

同じ立場の保護者さん達が集まることで、その場の空気は一変します。 
そこに小栗先生のお話は、心に染み入るように入っていきました。

小栗先生のお話は一般的なデーターではなく、先生自身が実践されたことに基づいた「具体的な方法」「具体的な行動」を教えてくださることが、保護者にはとっても有難い!のではないでしょうか? 

家に戻って、試せる! 
知識&行動で変化が起こる! 

それもらぽーるが講演会を開催する時に講師の先生を選ぶ際に大切にしていることです。


状況を変化させようと思ったら
行動できるような具体的な知識(方法)が必要です。

データーはどこまでいってもデーターでしかなく。
保護者さん達に役立つかと言ったら・・・・・???だと思っているからです。

2b6793e5-s.jpg

色々な表面化している、お子さん達の状態について、基本となる大切なことを教えて頂きました。 

・勝ち負け課題  
・他者との関りについて  などなど・・・


090e1257-s.jpg

基本的なことは、シンプルなことなんだなぁ〜と個人的にそう感じました。

そこの課題が、乗り越えられているかどうか?で、そこから枝葉が広がって色々な問題に発展していくのだと改めて学ばせて頂くことができました。(詳細は参加された方とのみ共有させて頂きたいと思います)

74f75aa6-s.jpg

午前中はしっかり基本と言いますか、乗り越えたい課題について。

午後からは、参加者(保護者)グループになって、それぞれが気になっていることを話しをしながら、いくつかに先生に聞いてみたいことを絞り、それについて先生からアドバイス助言を頂きました。

ccd40578-s.jpg


※個人情報につき、文字内容は解らないように加工しています。

様々な気になる事(課題問題)について出てきましたが、基本は沢山あるわけではなく、乗り越えられていない課題が原因で起こっていたり、どのように子どもを導いたら良いのか?と言う方法が解らないために気になっている現状が起こっていたり、それらは決して保護者だけで頑張ることではなく、子ども達の周りにいるサポーター(いつも接する人達)が子ども達のことを理解し、そして関わって行く。その関り方がずれていることから起こっていることもあるのではないかと感じました。

発達障害のある子ども達は環境にとても左右されます。
環境とは、社会であったり、学校などの組織であったり、先生、兄弟、友達であったり、もちろんその中には家庭も含まれます。 

もっとゆとりある環境(人)が作られていたら、子ども達も伸び伸び自分らしくいられるのではいかと個人的には思いました。

わたしがわたしでいられるように・・・・ 


参加して下さった皆様のご感想は次回に続きます。 
【活動報告】ファンタジーマネジメントから学ぶ会1/19 [2019年01月24日(Thu)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人、学校に行きづらい子ども、そして保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるの長尾です。

さて、順序が逆になりますが、平成31年1月19日開催のファンタジーマネジメントから学ぶ会のご報告をさせて頂きますね! 

※小栗正幸先生(ファンタジーマネジメントのご著書)講演会については後日ご報告をさせて頂きます。

af3aa325-s.jpg

今回も画像を取り忘れてしまいましたので(;^_^A  
その時の様子を簡単にお話させて頂きます。

この学ぶ会はらぽーるの理事でもある竹岡訓子先生が講師をしてくださっています。
詳しくは↓ ご覧になってくださいね♪

b0dcf2aa-s.jpg

今回は4回目、今までの復習を行いました。

【肯定的フィードバック】
ネガティブな言葉を発言する子(人)に対して、様々な肯定的な言葉(方法)を使う会話をしていく練習を行いました。

一般的に人は、人から傾聴されたり、共感されることにより自分を振り返り、癒されて元気になったり、勇気が出たり、今までのことを改めたりするものなのですが、
発達に凸凹のある子ども達は、傾聴や共感がなかなか受け入れることができないことがあります。
(メタ認知の不調やゆとりがないために起こるのですが) 

傾聴共感されることで、怒りを向けてきたり、ああそうなんだ…とかけられた言葉に落ち込んだり。
良かれと思った指示やアドバイスは意図せぬ受け取り方をされて、予期せぬ方向に進むことさえあります。

そこで、この肯定的フィードバックが生きてくるのですが・・・

詳しくは話しをすると長くなりますので、実際に学ぶ会に参加されて体験されてみてくださいね!
体験に勝るものはありません! 

最後に今回参加された方のご感想をアップしておきます(掲載許可ありのみ)

・自分に自信がない方に接する機会があり、どんな言い方をすると伝わるのか、分かってもらえるかと思う場面で使ってみたいと思います。

・出来ていない方に、少し出来ている場面がたまたまあったので「よく出来ているね、○○さん凄いね:と伝えると「そうよ。それくらい出来るんよ:とそれからできる場面が増えてきています。しんどい話を聞き続けるとお互いに気持ちが沈むので的外しで長引かないようにしていきます。 

・生活の場面で日常的に利用するためにも繰り返し繰り返し学んでいきたいと思います。 

・一度肯定してからの対話を試してみたいと思います。

・わたしをもって思うのは自閉的傾向が強い人は疑り深く、はぐらかすなと思ってしまいます。自閉的傾向の強い方への対応を望みます。ADHDの成人以降(もう老人です)の対応。

・「知っていると思うけど」と前置きして「〜と思う」と続けるとちょっと本人はわかったような顔をします。

・自分の考え方が大事だとよくわかった。

・自閉症に対してや二次障害がある人についての対応を知りたい。

・「私は昔から嫌われている。どうせもうすぐいなくなる」と言う人への対応。今まではスルーするしかなかったが何か言葉を返せるかも?  

・隣の人のひとりごとに、まともな反論をせず、たまに外そうと考えるようになった。

以上、皆さまありがとうございます。

スキル(方法)ももちろん大切ですが、その人と関わり方や思い、自分自身のあり方なども大切なのではないかと思っています。
いつも穏やかに落ち着いていることで、ならったことが活かせるかな・・・と、できることから始めてみましょう♪ 

次回の学習会のお知らせ
平成31年2月9日(土)10時〜12時

会場 くれ生涯学習センター (呉つばき会館) 

参加費 会員2000円 非会員3000円  

事前にお申込みにご協力お願いします。
申込先・問合せ先 
NPO法人らぽーる 長尾 090-8608-0502 

メールする npo.rapport@gmail.com  
もしくは、らぽーるHPの参加申込みフォームより 
QRコード使えます。 

0549f424.jpg

お名前と連絡先お電話番号記載お願いします。
【活動報告】不登校の部「DVD学習会・不登校対応」 [2019年01月23日(Wed)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人、学校に行きづらい子ども、そして保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるです。

1月10日くれ協働センター会議室にて、学校に行きづらい子どもや学校をお休みしている子どもの保護者の方と一緒にDVD学習会を行いました。

鑑賞したのは、講演「不登校対応について」のDVD
子どもが学校に行けなくなった時、子ども自身はどのような状態なのか?そしてどのように対応をしたらよいのか? 学校の先生の対応、保護者の状態などなどについて解りやすく説明されている内容でした。 

DVDの提供元(販売元)の団体さんから、講師のお名前や講演会の演題などは出さないようにと言われておりますので、参加された方にはお伝えさせて頂いていますが、全国的に名の知れた、先生たちが相談されに行くような実績のある先生です。

 750178e4-s.jpg

先生のお名前を出せば、もっと参加される方も多いのでしょうが、そこはNPO法人らぽーるのことを信じてくださった方だけの特権と言いますか、実際に参加する行動を起こされた方のみが得られる知識情報です。

先生の講演会は朝昼5〜6時間の講演会につき、今回は前半のみの2時間を鑑賞しました。後半の2時間は今回参加された方のみを対象にして2月に開催いたします。  

下に参加された方の感想を掲載させて頂きますので、どれくらい内容が素晴らしかったのかをご想像ください。

・振り返りながら聞いていました。M先生が子ども目線の話をされたいたのが、すごく実感と言うかよかったです。 登校刺激に前向きになってきました。 学校の先生と連携を取りながら進んでいこうと思います。

・たくさん納得のいく内容でした。周りの理解があることで、親も子も気持ちが楽になる、前向きに現状を受け入れることが出来ると思いました。実際の不登校への対応は繊細で今季のいる事ではある中と感じました。今は大変と感じますが、成長の期間と思って過ごしていきたいです。

・不登校について捉え方が間違っていたことがわかりました。自分たちの捉え方を少しずつ変えていけたらと思います。この時期が必要だと思っても、ついつい怠ってしまう自分もいます。「不安」であることをあらためて知り、勉強になりました。  

ご感想、ありがとうございました。

実際に体験してみないとこれだけは解らない。 
さらに不登校を体験したとしても、それぞれのご家庭で状況は違ったり、子どもの状況も違う、学校担任の先生も違う、そして保護者さんもお子さんも気持ちも同じではありません。

お子さんの気持ち、そして自分の気持ちを大切にして。 
今できることを探しながら、焦らず、くさらず、子どもの成長や可能性を信じて頂きたいなぁ‥と思っています。 

みーーんな、焦ったり、不安になったり、イライラしたり・・・・
子どものことを思えば思うほど、そうなるのも当たり前なんだよね。

ネガティブ感情が溜まったら、是非らぽーるに吐き出しに来てくださいね! 
色んなお茶を用意してお待ちしています。

d08bfc48-s.jpg

※らぽーるのホームページには、今後の活動のお知らせ、NPO法人の詳細などが掲載されています。
 
らぽーるホームページはこちらをクリック

次回の活動は
平成31年2月21日(木)13時〜15時

茶話会 テーマ「うちの子だけ?○○なのは? よそのご家庭ではどうしているんだろう?」
 
会場 くれ協働センター 会議室(呉市役所1階) 

参加費 500円  

事前にお申込みにご協力お願いします。
申込先・問合せ先 
NPO法人らぽーる 長尾 090-8608-0502 

メールする npo.rapport@gmail.com  
もしくは、らぽーるHPの参加申込みフォームより 
QRコード使えます。 

0549f424.jpg

お名前と連絡先のお電話番号記載お願いします。

【活動報告】子ども活動・らぽーるグッズを作りました! [2019年01月09日(Wed)]
こんにちは、広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人、学校に行きづらい子ども、そして保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーるです。  

年明け早々ではありますが、1月5日(土)「ひろしまNPOサポート倶楽部」の助成事業の【子ども活動・グッズ企画販売】のらぽーるグッズを作成を行いました。

昨年末にはパソコンの先生から、グッズに使う図案をワードで教えて頂きました。

1.jpg

その時の様子 ↑

今回は本格的に商品を作成致しました。

2.jpg

前回は、難しいと思われたのか?参加あれたお子さんは年齢も高めでしたが、今回は幼稚園児さんから中学生さんまでの6名とご家族の方、そしてボランティアさんが参加してくださいました。

なかでも子供たちのお気に入りは缶バッチを作る機械!
興味津々で眺めてみたり、
実際に作って楽しんでみたり

3.jpg

職人さんみたいですね!

4.jpg

細かい作業も集中して! 
缶バッチに安全ピンを付ける作業

5.jpg

ボールペン、シャープペンシル、ものさし、缶バッチが沢山できました! 

6.jpg

7.jpg

子ども達は活動時間中も楽しんでくれていたようですが、更に自分が作ったものを持って帰れることが嬉しいようで、主催した側も良かったと安心しました。  
参加された方のご感想を下にご紹介させて頂きます。

・普段、家では出来ないグッズ作りが出来て楽しかったです。
今回のイベントでパソコンに興味を持ったみたいでよかったです、ありがとうございました。

・楽しくできました。物を作り,持って帰れて子どもも満足そうでした。

・缶バッチを楽しそうにやっていてよかったです。作っていたものを持って帰れるのも嬉しいようです。

・ボールペンや缶バッチを作れてとても楽しかったです。

・素晴らしい出来に感動しました。

・走りまわって喜んでよかったです、のびのび参加できました。

8.jpg

次回は夏休みに企画したいと思っています。

リクエストがあったら教えてくださいね!
クッキングは要望がありました。


※らぽーるのグッズを企画して作成し、販売する。これらを10月までに終了することで助成していただいておりましたが、今年7月には豪雨災害が起こり、活動についても内容を変更し開催にこぎつけた次第です。 

またグッズ販売については、くれ福祉まつりを検討しておりましたが、今年の福祉まつりは災害により中止となり、この販売については来年度に再度検討することにしております。

ご協力を頂きました皆さま、スタッフの皆様には、この場をお借りしてお礼申し上げます。
【活動報告】子ども活動・パソコン講座を開催しました! [2019年01月07日(Mon)]
こんにちはNPO法人らぽーるの長尾です。

NPO法人らぽーるでは、年に何度か発達凸凹がある子ども達や学校にいきにくい子ども達を対象に「こども活動」を行っています。

昨年度は「ひろしまNPOサポート倶楽部」の助成金を頂き、らぽーるのグッズ作りを企画から作成し販売するというプロジェクトを企画しておりました。

6月に顔合わせの「たこ焼パーティ」を開催し(様子はブログにアップしています)、続いて夏休みにその続きを開催することにし計画をして順調に進んでおりましたが、突然7月に豪雨災害が起こり、借りていた会場がボランティアセンターとなり、また交通機関も使えない状態で、残念ながらこのプロジェクトを開催することができなくなりました。

また、10月にグッズの販売を予定しておりました「くれ福祉まつり」も中止となり、全体的にスケジュールと内容の変更を余儀なくされることに。

本年度に再度行うことも検討しておりましたが、既に他の計画も入っており、当初予定していた内容をシンプルにして冬休みに開催することにいたしました。 

残念ながら年末年始は、どこのご家庭もお忙しいようで参加者が少なくなりましたが、無事開催することができましたので、その様子をご紹介させて頂きます。 

12月26日には、らぽーる君グッズを作成するために、必要なパソコンを学ぶため「パソコン講座」を行いました。

ab1ba37c.jpg

家に帰っても作って楽しめるようにと、ワードで作成していきました。

@ワードを起動し、画面にテキストボックスを出します、
Aテキストボックスの大きさをグッズに必要な数値に変更し、

BNPO法人らぽーるのキャラクター「らぽーる君」の画像を取り込みます。

背景の色を変えたり、文字を入力してワードは終わりです。

b729bc10-s.jpg

文字にすると簡単な作業ですが、初めてワードを使う子どもたちにとってはひとつひとつが大変な作業です。

背景の色を色々試しながら、自分の好きな色にあわせてみたり、
親子で試行錯誤しながら作品を仕上げていきます。

8595be44-s.jpg

12bb088e-s.jpg

ワードで作成した作品です! 

こちらを切り取り、ボールペンやシャープペンシルに仕込みます。

出来上がった作品はこちら

ff13d899-s.jpg

とってもかわいい作品ができましたね!!

今回作ってもらった作品はプレゼントさせて頂きました。
家に帰って、別の作品を作ってもらい中を入れ替えることもできます。

ボールペンの原稿の次に、ものさしの原稿も作りました。

そして1月5日は、出来上がっている画像を使って、販売するグッズを沢山作りました。
缶バッチ★ボールペン★シャープペンシル★ものさし★ 

72bfee47-s.jpg


子ども達は放課後児童ディサービスが出来て、そちらで活動することは増えました。
グループでの活動も対人関係などのソーシャルスキルを身に付けるために大切なことだと思います。

それとは別に大切なことの一つに、
親子で一緒に楽しむこと!
こちらはなかなか放課後児童ディサービスではできない経験です。
もちろん家では時間や心の余裕もなくて難しいことだと思います。

親子で一緒に楽しい経験にするためには
親子で楽しく♪コミュニケーションを取らなければ経験できません。
更に作品は作り上げることで楽しさが増していきます。

その作品を観るたびに 使うたびに
「これお母さんと一緒に作った! 楽しかった!」と思い出すことができます。

楽しい経験のシンボルとして作品が残ります。

さらに、
親子で一緒に頑張る経験! 
頑張った成果として作品が出来た経験! 

たった1度の経験、されど1度の経験
その積み重ねが、親子の愛着を作り、更に人との関係性も作り、社会性を作る。さらに将来自分が親になったときの親子関係にまで影響を及ぼす。 

小さな積み重ねで心は育っていく

最後に参加者から頂いた感想を掲載させて頂きます。
(保護者さんお子さん順不同・掲載許可あるもののみ)

・今日はみんなで絵をはりつけたり、好きな色をぬったりして私の好きなシャーペンが作れました。すごい嬉しいです。また参加したいです。

・ワードを子どもが学べるというのが良かったです。

・ボールペンの構造がおもしろいなと思いました。あとこのボールペンに入れる画像は色々なものが使えるなと思いました。

・グッズ作製の勉強になりました。

・以前あ子どもに挑戦させてみたかったパソコンを体験出来て良かったです! 子どもの柔軟な発想にも驚き良い体験が親子で出来ました。ありがとうございました。

・いつもは使わないワードを使って楽しかったです。

参加してくださって、ありがとうございました!
新年のご挨拶 [2019年01月01日(Tue)]
新年明けましておめでとうございます。
本年も引き続きよろしくお願いいたします。

1ef7d644-s.jpg 

NPO法人らぽーる、今年度はイノシシ年にあやかり、猪突猛進!!
更に【発達障害への理解を進めていくため】講演会や講演会を収録したDVD学習会を増やしていきたいと思っています。 

理解あっての支援  

本をはじめとする情報は大切です。

そして、
更にその方の「今」を大切にすること。

本や情報に振り回わされず、 
ベストな支援ができるようになりたいものですね。

らぽーるは、今、そして未来の当事者(大人・子ども達)や関係者の幸せのために!! 
本当に必要なことを伝え続けていきたいと思っています。

ホームページやフェイスブックページ、ブログなどで活動の様子は発信してまいりますので、よろしくお願いいたします。

add5ad3a-s.jpg

話は少しずれますが、最近呉市内のあちこちにイノシシさんが出没するようになりました。
実は私も数年前、自宅の近くの道路を横切るイノシシを見かけました。

車にぶつかり、「ドーーーン♪」と言う大きな音を立てて、そのまま逃走していきました。

結構イノシシって大きいのですね。Σ(・ω・ノ)ノ!
車はきっと凹んでいただろうなぁ・・・・ 


暗い夜道はイノシシ注意!!  
こんな看板が街のあちこちに貼られるようになるかもしれません。