CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
【活動報告】夏休み子ども活動を開催しました! その4 [2021年09月05日(Sun)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です.

8月21日開催されました、子ども活動のご報告が続きます。
その時の様子、子どもの感想、保護者さんのご感想は既にこちらのブログで掲載しておりますので、少し前に戻ってご確認を頂ければと思います。

本日は高校生ボランティアさんが参加されてのご感想を中止に掲載させていただきますね。

DSC_4115.JPG 

大切な時間を使って参加して下さり、ありがとうございました。
この日の経験が、これからのキャリア人生に少しでも活かして頂けると幸いです。 

修正済 DSC_0398.jpg

沢山ご感想を書いてくださいました。
すべて掲載させていただきます。

・日頃からきょうだいと関わっているおかげで、始めから気軽な感じで話かけることができた。
・でこぼこ児や不登校児ということで、少し身構えるところも来る前はあったが、特に変わった感じはなく、自分の中で何かかってにかべを作っているのだなあと思った、そのかべを今日こわせてよかった。
・料理が苦手なのだけど、簡単につくることができてよかった。 いちいちレシピを確認するのが少しめんどうだと思ったので、前の黒板に大きくレシピを書いておくのもよいと思う。
・初めての場にいくのにドキドキするタイプなのだけど、場の空気があたたかく、自分でもすんなり入ることができた。とてもいい団体だなぁと思った。

・子どもと関わる機会がなくてやる前に不安だったけど、たのしくパンを作ることができて本当によかったです。
・わかりやすく教えることが難しかったです。今回体験したことを将来に生かしていきたいです。

・初めてのボランティアで接し方をどのようにしたらよいか不安でしたが、作業を通じてコミュニケーションを取ることができ、楽しいと感じました。
・全てを手伝うのではなく、難しい事を手伝うことで、楽しそうにしていたのでこれが大切だと分かりました。

・予想外の行動をしたりするけど一緒に楽しむことができました。
DSC_0395.JPG
・自分より歳下の子どもとコミュニケーションを取って、自分とは違った視点で会話をしてくれてとても楽しかった。また保護者の方からも話を聴いて、とても勉強になった。
・私は小児リハに関わる理学療法士を目指しているので、今日の体験を大学入試・大学生活・そして理学療法士になってからも生かしていきたい。

・とても楽しかったです。
・Iくんに物事をお願いする時「これを、水で洗ってね」などくわしく言うとすぐに動いてくれたので、その言い方が正解なのかなと思いました。
・アンケートを書く時「今日はどうだった?楽しかった?」と聞くと分からないと言われたけど「チョコを切った時楽しかった!」と聞くと「つまみぐいをしたのがたのしかった」と言ってくれました。

・子どもさんとコミュニケーションをとりながらのパンづくり、とても楽しかったです。
・子供さんの様子をみながら、何をやりたいのかなど考えながら作らせてもらいました。
・私自身の目標として「楽しかった!」言ってもらえるように、がんばりました。
今日の経験を通して、子供とかかわることはやはりとても楽しいなと思いました。コロナ禍のなか開催して頂き、ありがとうございました。 

修正済 DSC_0402.jpg

素敵なお兄さん、お姉さんと一緒に活動できたこと
楽しい経験を忘れずにいてくれたら嬉しいな。 

お忙しいなか、ご参加くださった皆様ありがとうございました。
こころより感謝申し上げます。
| 次へ