CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
【活動報告】夏休み子ども活動を開催しました! その3 [2021年09月04日(Sat)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です.

8月21日に開催した子ども活動のご報告の続きです。

出来上がりはこんな感じです。 
DSC_4121.JPG

まず講師の先生から作り方を教えて頂きました。
会場にいる方には、撮影許可を得ています。 
高校生さんはみなさん顔出しOKです。

DSC_4105.JPG

昨日はお子さんのご感想を掲載させていただきました。
本日は保護者さんのご感想を掲載させていただきますね。

・子どもが楽しそうに集中していたので、やさしく接してくれる高校生さんがいてくれたからだと思います。

・これまでパン作りをしたことがなく、不安でしたが、先生の説明とプリントを頂いて、とてもよくわかりましたし、娘は高校生のお姉さんと一緒にできたことがとてもうれしそうでした。日常の中で、大人との関わりはあっても高校生の方と関われることは少ないので、自分の高校進学へ向けてもとてもいい経験が出来てよかったです。ありがとうございました。

・あまり知らない人と話をすることが苦手な娘ですが、ボランティアのお姉さんと楽しく話をしている姿にほほえましくみえました。また娘の方からお姉さんに「将来の夢は?」ときいていたことにびっくりしました。 

・子どもがどんな様子で他の人とかかわるか知る機会が出来よかったです。ボランティアさんのサポートは心強かったです。 

・高校生と話をする事なんてないので、すごく楽しくできました。みなさんすごく上手にてきぱきできててびっくりです。

まとめて作っているときの画像を下に掲載しておきます。

DSC_4107.JPG

修正済 DSC_4112.jpg

修正済み DSC_4111.jpg

明日は高校生ボランティアさんのご感想を掲載させていただきますので、よろしければそちらもご確認くださいね。

【活動報告】夏休み子ども活動を開催しました! その2 [2021年09月04日(Sat)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です.

昨日に続き8月21日に開催しました、子ども活動のご報告をさせて頂きます。
パン.jpg

グループにはお子さんと保護者さん、そして高校生ボランティアさん1〜2人。
コロナ禍につき、部屋中に広がって活動をします。

DSC_4099.JPG

まず初めに今日のスケジュールを伝えます。
凸凹のある子どもさん達は、見通しがあると安心できますね。 
もう少し大きく書けばよかったです。後ろからは見えません・・・

DSC_4089.JPG

グループのなかで自己紹介をしてはじめました。 
DSC_4102.JPG

それでは、画像は途中ですが、今回はお子さんの感想を下に掲載しますね。
すぐに言葉にすること、書くことが得意ではないお子さんもいますが、しっかりと書いてくれました。 

Q、パンを作った感想を教えてください。 

・チョコを切るとき、つまみぐいをした。
・楽しかった。 
・こねるときに手がべとべとにひっついて大変だったけど楽しかったです。
・とても楽しくて、教えてくれたお姉さんもとてもわかりやすく楽しかったです。家でもつくってみたいと思いました。 みじかかったけどとても楽しかったです。 


楽しい時間をありがとうございました。 
コロナが終わったら、また一緒にクッキングをしましょう!! 

明日は保護者さんのご感想を掲載させていただきます。
【活動報告】夏休み子ども活動を開催しました! その1  [2021年09月04日(Sat)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です.

8月22日土曜日、【夏休み子ども活動】を行いました、その報告を数回に分けてさせて頂きたいと思います。

さて、この子ども活動は毎年恒例となっておりますが、昨年度はコロナ禍ということで渋々開催を見送っております。そのようなこともあり「今年こそは!!」と力を入れて今春より計画をしておりました。

しかし開催日が近づくにつれ、コロナ感染者は増えていき、トドメのように豪雨が続いている。  
天気予報とコロナ感染者数のチェックとにらめっこしながら、前日まで開催できるのだろうか?と見通しのつかない中で右往左往していました。

最終的には、
感染予防を最大限に行い開催をする!! 
そう決めて開催しました。

まず初めに無事に何事もなく終わったこと、それはひとえに参加してくださった皆様のおかげだと感謝しております。 
ご協力、ありがとうございました。 

ほっと一息!何事もなく良かった!よかった!! 

DSC_4092.JPG
このように、部屋入口で高校生ボランティアさんに検温をしていただきました。 
消毒液も準備万端です。 
勿論マスク着用をお願いしています。 

また、始まる前には高校生ボランティアさんと今日の打ち合わせをさせて頂きました。
打ち合わせ.jpg

最近の高校生さんは将来就きたい職業があって、それを意識されて参加される方も多数いらっしゃいます。  
「学校の先生」や「福祉関係の仕事」に就きたい。発達に凸凹のある子どもや不登校の子どもさんと関わることを望まれてNPO法人らぽーるのボランティアに参加してくださるようです。  

今後、「高校生の頃にらぽーるの子ども活動に参加しました!」とおっしゃってくださる支援者さんにお会いできるのかと思うと、今から楽しみです! 

出来上がったものです♪ 
DSC_4127.JPG

今回参加している子どもたちは、発達障害(凸凹)のある子ども達や学校に行きづらい子ども達、そしてその兄弟姉妹。 

毎回そうですが、〇〇ちゃんにはこんな特徴があります、◇くんはこんなタイプです。とお伝えすることはありません。発達に凸凹があるとか、学校に行けていない子とか、まったく伝えていません。

それは、先入観を持って接していただきたくないためです。
らぽーるでは、参加されたすべての方がその場を楽しく過ごす経験を提供したいと思い、子ども活動を企画・開催しています。

楽しい感情は伝染します! 
楽しい経験を沢山積み重ねることは、今が幸せなことはもちろんのこと、将来への幸せにつながります。
そして今コロナ禍、多くの方がストレスを知らず知らずのうちにためています。 

高校生の皆さんには、子どもたちが楽しくなるために、是非ご自身も楽しんで下さいね!とお伝えしました。  

会場の空間が楽しいがいっぱいになるように!! 

果たしてどうなったでしょうか?    
それにつきましては、参加してくださった皆さんのご感想を読んでみてくださいね。 

※頂いたご感想は分けて掲載させていただきますね。
| 次へ