CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
【通信2016.7月ひきこもり】あなた、子どもさんからどうされたいの? [2020年04月20日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

月曜日になりました!新しい1週間の始まりです。
今週も元ひきこもり当事者で現在は支援者となって活動をされている聞風坊さんのエッセーを掲載させて頂きます。

皆さん、こんにちは。九州南国宮崎の地で当事者意識を忘れない心理相談職をやっている聞風坊(もんぷうぼう)です。

今回は、親の方と話をしてるとしばしば質問したくなるフレーズ。
ズバリ「あなた、子どもさんからどうされたいの?」についてです。

親の皆さんは、たとえるなら東に有名な先生の講演会があれば電車に飛び乗り、西に当事者の話が聞けると知れば車を飛ばし、南に良い病院があるとなったらすぐに電話予約し、北で親が変われば子が変わると教われば説教せずにニコニコ笑顔で接しと、子どものために24時間ガンバっておられます。

でもそれなのに、「うちの子は、学校に行かない! 部屋にこもっている!」ので、とっても不満がたまっているのですね。

さて、上記の質問がしたくなるのは、この切なる親の願いに思いを寄せたときなんです。

「子どもから、どうされたいの?」その答えは「私のガンバリを認めてほしい」かもしれません。

そしてそれは「私のガンバリを分かってくれているんだろうかあの子は?」という疑心と不安も含んでいるかもしれませんね。

しかーし、ご懸念無用! 私が出会った当事者本人たちは、誰一人とて親のガンバリを認めていない人はいません。むしろ、そのガンバリに応えられず、ガンバレナイ自分を情けなく思っている人が大勢です。

私たちは親も子もガンバリ屋なんです。
子どもは、親のガンバってる姿を幼い頃からよく知ってます。

だからお父さん、お母さん! 自分のガンバリを分かってもらおうと必死にならなくても大丈夫。どーんと構えていて下さいね。
子どもは分かってますよ。

hikikomori_toukoukyohi.png

なかなか評判の聞風坊のブログhttp://monpubowblog.miyachan.cc/ 

著作:『こもって、よし!』、『「親」を育てる「ひきこもり」』&『関わることを考えよう〜ボクたちはこうしてほしいんだ。』購入ご希望の方はどうぞご連絡を。
| 次へ