CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
検索
検索語句
【活動報告】発達障害・不登校 小栗正幸先生交流相談会(5)R1.12.22 [2020年01月04日(Sat)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

昨年末より続いております、12月22日開催の小栗正幸先生講演会のご報告も今日で最後となります。

今日は午後から行いました、交流相談会についてです。

申込時点では16名のお申し込みを頂いておりましたが、午前中の先生のお話を聞かれて10名の方が急きょ参加して下さいました。 
この様なことを見ても、小栗先生のお話がとても素晴らしかったという証明になるかもしれません。 
大切な時間を使って参加して下さった皆様ありがとうございました。

編集済 相談交流会1 .jpg
私が講演会のみではなく、このような交流相談会を開催するには意味があります。
せっかくらぽーるに小栗先生がお越しくださったのだから、「先生のお話をもっと聞きたい!!」 と言う個人的な思いもありますが。

何よりも自分とは違う人の話、思いや状況を聞くことで、新しい気づきや思い気持ちが出ること、それがとても大切だと思っているからです。

一人で悩み考えてしまうと、どうしても視野が狭くなってしまいがちです。そのようななか他の方の新しい意見等を聞く事で、少しでも視野や考え方を広く持っていただけると信じているからです。

実際私自身もそうなのですが、できるなら交流(グループ)の中に入りたかった位です。
残念! 


先日も書きましたが、今までは保護者さんの参加が多く、交流も保護者さんで‥と言うのが多かったのですが、今回は保護者さん以外にも学校の先生方や療育の先生など・・・色んな立場で子どもと関わっている方が多かったので、いつもとは違った意見や気持ち思いと触れることが出来たと思います。 

私は進行役をさせて頂いたのですが、ほんと交流したかった。

グループ内から出た、今気になっていること、小栗先生にお聞きしたいことを先生にお答えしていただきました。 
編集済 相談交流会 小栗先生   質問を消したもの.jpg

ご質問部分は個人情報につき解らないように編集しています。 

頂いたご感想を以下に掲載させて頂きます(掲載不可のものを除く) 

・講演会に出席して良かったです。強い決心ができました。ありがとうございました。

・小栗先生のお話は何度聞いても、おもしろおかしくお話をして下さるので、ずっとお話を集中して聞く事もできます。それぞれの問題も私たちが大袈裟に捉えてばかりいて大きな問題ではないと先生に言われると少し気持ちが楽になれる感じもしますね。

・いくら時間があっても、足りないくらいのお話でした。

・交流相談会では色々な立場の方の意見が聞けて良かったです。また後半は具体的に話を聞かせてもらって学びになりました。意識して関わっていきたいと思いました、ありがとうございました。

・今日はありがとうございました。「親子支援は別々に…課題が違う」とても合点がいきました。ご本人家族との関係性について「あなたはスゴイ!」と言う関係をめざします。

・学校関係者がもっとこの会に参加できたら、保護者の方とももっとつながることができると思います。

・小栗先生のいろいろな話を聞けて楽しかったです。今大きな問題はない(私が煮詰まっていない)のですが、改めて1人で抱え込まず、誰かに話したりつながったりが大切なんだなぁと思いました。

・豊富な知識・経験に基づいたと思われる明快な解説。いろんな方がいろんな苦しみをかかえている。◎社会構造の問題。学校や読み書きが苦手な中学生が進める高校でない進路。今日の先生の話がホウセンカの種のように広がって着地し芽が

・小栗先生の話を聞いて教育活動への生き苦しさを少し楽にすることができました。また、多くの人の話を聞く事が出来色々な立場での意見や考えを聞く事ができた。

・先生の個人的な体験などをお聞きでき、面白かったです。発達障害についてのお話をもっと聞きたかったです。

・一人や同じ組織の中で抱えていたことを専門的な考えや意見などを頂くことで自分自身もすごく楽になりました。また子どもに対してどのような支援をしていくのかという方向性が見えてきた気がしました。ありがとうございました。

・いろんなことに柔軟にとり組んでいこうと思います。

・広範囲なお話が聞けたうえに、アドバイスを頂き、心が安心しました。有難う御座いました。
ゆるみました。

・相談員をしています。今相談に来て下さっている人のことがよく分らんなーと思っているのですが。ジャニーズが好きと聞いたので明日はジャニーズをかじってみようと思ました。

・もっと早くん対処方法を知っていればと思います。でもあきらめずに少しずつ進めればと考えています。

・今日はありがとうございました。発達障害のことについて、具体的に話が聞く事ができてよかったです。明日からの仕事にいかしていきたいです。

・グループに分かれて話ができたし、いろいろな話が聞けて楽しかったです。ありがとうございました。

朝昼に渡った講演会・交流相談会、長い時間参加して下さいましてありがとうございました。
とてもお疲れのなか、アンケートにご感想を頂いたみなさま、心より感謝申し上げます。

参加してくださった皆様のおかげで、NPO法人らぽーるの活動も成り立っています。
今後もらぽーるの活動にご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

凸凹のある子供たちが可能性を開き、一生に渡って幸せに過ごせますように♪
Posted by 長尾 at 20:00 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ