CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
新型コロナ流行でのお家の過ごし方 [2020年05月21日(Thu)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

広島県では緊急事態宣言が解除されたものの、まだまだコロナウイルス感染予防に気が抜けない日々が続いています。

手洗いうがい、3密を避ける・・・必要以外に外出しないなど
みなさんは、新しい生活様式に少しずつ慣れていらっしゃるでしょうか? 

発達に凸凹のある人(子ども)は変化に対応することが苦手な人が多いことはご存じかと思いますが、それを周りの人に理解されず苦労されている保護者さんも多いかと思います。

気持ちをコントロールすることが得意ではないタイプの人も多いですし、今の生活で起こる様々な感情を整理したり対応したり・・・さらには気づくことも難しいかもしれません。


今回は、国立特別支援教育総合研究所さんのメールマガジンで紹介されていたサイトをシェアさせて頂きます。
お知り合いなどにも見て頂くことで(無理強いは禁物)、しんどさの理解を深めてもらえるきっかけとなるかもしれません。

【信州大学教育学部】
新型コロナ流行でのおうちの過ごし方
-知的障害と自閉症のあるお子さんのいるご家庭へ‐

https://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/education/news/news/post-30.php 
(信州大学教育学部さんのホームページにリンクします)


残念なことですが、暫くの間このような状態が続くかと思います。

まずは自分から!!
皆さま一人一人が心穏やかに過ごせるコツを見つけられて生活されてくださいね。

見えないストレス [2020年05月04日(Mon)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

5月ゴールデンウイーク真っ最中!
本来ならば、お出かけやイベントなど楽しい1週間になるはずなのだけども・・・今年は少し違います。 

ステイホーム 
お家で過ごしましょう。 


それはそれでわかっているのです。
だけど
一日中,子供と過ごしていたら・・・・ 
やっぱり疲れます。

それでなくても配慮が必要な子ども達は手がかかります。
気を使います。


だから疲れるのは、
当たり前のことなのです。 


だから
どうして私はちゃんとできないのだろう・・・・
とか
至らない母・・・・なんて
決して思わないでください。 


完璧な母親なんて、
おそらく、どこにもいません。 

頑張っている自分を
褒めてあげましょう!! 


もし、必要以上にイライラしたり
いつもと違う自分
怒りっぽくなった時には 

きっと疲れているのです。

コロナウイルスストレス 
見えないストレスが疲れさせているのです。

心に余裕がない状態
疲れているから、
いつもと違う自分になるのかもしれません。


そんな時には、少しお休みしましょう。
ぐうたら、しましょう。
のんびり、してみましょう。 

気分転換できるものを見つけましょう。 

一人になる時間を作りましょう。

自分を大切にしましょう。 


あなたは、世界で1人
かけがえのないお母さんなのですから。 
子どものこころサポート動画のご紹介 [2020年04月29日(Wed)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

今日は4月29日、本来なら呉市では「くれみなと祭り」が開催されています。
他市でも同じようにイベント開催されていたのでしょうが、現在日本各地でコロナウイルス感染予防のためにイベントは自粛されています。

感染拡大のために国民が力を合わせて頑張っていますが、多くの方が「がまん」や「不便」そして「しんどい」思いをされているのではないでしょうか。そして、子どもさんも同じように、いつもと違う環境のなか過ごしています。 

今日は[災害支援プロジェクトチーム]こども向け動画版「子どものこころのサポート動画」をご紹介させて頂きます。参考になれば幸いです。  


こども向け動画版「子どものこころのサポート動画」
新型コロナウイルス感染症の拡大で、子どもたちや大人を取り巻く環境が変化しています。そんなとき、どうすればよいのか?子どものこころをサポートするときのポイントを3回にわけて動画で紹介します。(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンさんの動画HPより抜粋)


第1回「子どもの一般的な反応・行動」


第2回「見るポイント、聴くポイント」


第3回「周りの大人へもサポートを」





日本赤十字社さんのユーチューブ「ウイルスの次にやってくるもの」 [2020年04月26日(Sun)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

今日は日本赤十字社さんの動画「ウイルスの次にやってくるもの」をご紹介シェアさせて頂きます。

動画はこちらから⇊ 
https://www.youtube.com/watch?v=rbNuikVDrN4&feature=youtu.be

※以下はユーチューブに書かれていた言葉を転載させて頂いています。

人から人へと広まっていく、もしかしたら、ウイルスよりも恐ろしいものとは?そして、わたしたちができることとは?

新型コロナウイルス感染症から、体だけではなく、心を守り、社会を守るための、心構えを伝える絵本アニメーションです。

監修:日本赤十字社災害医療統括監 丸山嘉一、諏訪赤十字病院 臨床心理課長 森光玲雄


一人一人が思いやりを持った生活を送りたいものですね。
コロナウイルスが一日も早く終息することを願っています。
コロナウイルス感染予防 [2020年04月25日(Sat)]
こんにちは。広島県呉市を中心に、発達しょうがいのある子どもや大人の当事者、保護者、そして不登校、学校に行きづらいこどもの保護者の居場所作りを行っているNPO法人らぽーる代表の長尾です。

現在日本だけではなく世界中を困惑させているコロナウイルスですが、大切なことはコロナウイルスについて知ること、そして適切な対応方法を知ることが重要ではないかと思います。

発達に凸凹のある子供たちに説明するために、わかりやすいものは無いかと探しておりましたら、お知り合いから適切なサイトを教えて頂きましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。

常々、発達凸凹の子ども達にとって良いものは、全ての子ども達にも良い! 

ユニバーサルデザイン!! 

だれにも解りやすい!!
是非多くの子ども達に見て頂きたいと思います。  

テレビやネットでもコマーシャルを流されているのでご存じかと思いますが、発達に凸凹のある子ども、大人をサポートする企業リタリコさんのサイトになります。 

[LITALICO発達ナビ]お子さま向け こころとからだを守るケアブック
〜新がたコロナウイルス版〜


参考:[日本児童青年精神科・診療所連絡協議会]新型コロナウイルスに対する学校でのメンタルヘルス支援パッケージ

⇊クリックしていただくと、ブックページにリンクします。

https://h-navi-biz.jp/wp-content/uploads/2020/03/%E3%81%8A%E5%AD%90%E3%81%95%E3%81%BE%E5%90%91%E3%81%91%E3%83%BC%E5%BF%83%E3%81%A8%E8%BA%AB%E4%BD%93%E3%82%92%E5%AE%88%E3%82%8B%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%80%90%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E7%89%88%EF%BC%88covid-19%EF%BC%89%E3%80%91-1.pdf


※リタリコさん解りやすいページを作って下さり、ありがとうございます。