• もっと見る

NPO法人らぽーる*発達障害・不登校の子どもと家族の居場所作り*

NPO法人らぽーるは広島県の呉市を中心に発達凸凹(障害)児・者や学校に行きにくい子不登校の子ども、若年ひきこもりの子どもや保護者の居場所作りを行っている団体です。 

居場所は安心できてホットひといき出来る場となるように、ストレス発散や情報交換のできる茶話会を開催したり、発達障害のことをDVDで学習、コミュニケーショントレーニングなどを行っています。 

このブログでは、お知らせや日々の活動の報告を行っていきます。 
是非チェック!! ご覧になってくださいね!!  


最新記事
月別アーカイブ
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
検索
検索語句
【活動報告】発達障害第6回ペアレントトレーニング開催しましたR5.12. 1 [2023年12月11日(Mon)]
こんにちはNPO法人らぽーるの長尾です。

他団体さんから依頼を受けて開催している「ペアレントトレーニング」第6回を開催しました。
こちらの団体さんは、ASDやADHDのお子さんを育てておられる保護者さん達のグループです。

今回が6回目のペアトレですが、こちらは応用コースになり、その前に基礎コースを行っています。
10回以上をかけて、積み重ねておられる保護者さん達の学ぶ姿に頭が下がります。
長い間参加下さり、ありがとうございました。

今回は一区切りということで、終了証をお渡しさせて頂きました。 
DSC_0150.jpg


今回は、前回の宿題の発表とこれまでの振り返りをさせていただきました。
毎回毎回、真摯に宿題に向きあっておられて、頭が下がる思いです。
宿題をやってみての様子をお聞きできること、毎回私も楽しみにしています。 


参加してくださった方のご感想です。
・子ども達との言い争いや、怒る事が少なくなった。争いを回避することが出来るようになったかなと思う。
・息子がお手伝いや、よい行いをしたときに、見逃さず褒めたいと思います。 

・娘と良い関係が築けていると思います。
・最近なんでもかんでも、「危ない」と声掛けすることが習慣化していた。「危ない」では伝わりにくいので、もっと細かく声掛けをする必要があるかなと感じた。 そして声のトーンも大事!どなるような声掛けはNG。

・子どもの宿題に「まあ、いっか」と思えるようになった。
・「今できなくても、子どもの成長とともにできるようになるかもしれない」ということにはっとした。 
・面倒だから「やってあげる」「放っておく」ではなく、意識的にできるようになれたらいいと思う。 

・子どもに怒っている自分に気づくのが早くなった。「あっいけない」と。
・起こっている自分が、相手にどう映るのかを意識することができると、「怒らないように」と心で思え、怒りを鎮めるようになった。
・今日はこれまで学んできたことを振り返り、まとめて教えて頂いたので、「ポイント」が良く分かりました。ポイントをおさえ、100%を求めず、小さな成功を大切にしたいと思いました。成功した時に褒めると、子どもはとても嬉しそうにしているのは、とても癒されます。成功体験を与える工夫、頑張ります。
・一緒に学ぶ仲間がいると、いろんな意見や支店を聴くことができたので、ひとりで悩まずいれました。先生のアドバイスのお蔭でイライラは軽減されています。子どもや家族を思いやり楽しく過ごしたいです。


ご感想ありがとうございました。

大切な時間を取って学んでくださっている姿は、とても素敵で♪ 
その刺激を受けて、私ももっとお伝えできることを増やさなければ!と励みになっています。

いつも参加して下さって、ありがとうございます♪ 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント